緋牡丹博徒 お竜参上の作品情報・感想・評価・動画配信

『緋牡丹博徒 お竜参上』に投稿された感想・評価

驚異的な長回し。画面の奥と手前を跨ぐことで会話の中心人物が入れ替わり立ち代わる。早撮りとは到底思えぬ密度の人物配置と動線設計。パチッパチッと音が聞こえてきそうなほど全ショット常にキマっている。有名な…

>>続きを読む

誠実すぎる文太さん、めちゃくちゃかっこいい
加藤泰監督はローアングルが有名やけど、この人長回しの人でもあるやな。
今回はこの長回しがめちゃくちゃ良かった。
フィックスの長回しであんだけおもろく見せら…

>>続きを読む
加藤泰感と言えば屋内の急な階段。
それ以外は普遍的な任侠物に感じた。なかなか虐げられ感は良いのだが少し殴り込みに消化不良感。
安部徹はやはり悪役にしてはスマートすぎる。
シリーズ5作目にして屈指の陰惨さ。なまじ人情噺の侠客シリーズである分、悲劇的なエピソードへの絶望感が半端ない。名和宏と安部徹のド外道っぷりがまぁ凄い。
nofm

nofmの感想・評価

3.8
みかんがやたら記憶に残ってる(その後観た『仁義の墓場』でもみかんが使われていたような…記憶違いかしら)。
ok

okの感想・評価

3.6

シリーズ通してスターを多数出すために、見せ場と重みのある役を必要以上に作っているので脚本が散漫になっている

演出は随所にひらめきがあるが今作の若山富三郎の出し方はふざけすぎていてリアリティを損ねて…

>>続きを読む
♪娘~盛りを~渡世に~か~け~て~♪

主題歌も歌ってます。

⭕カッコいい‼️最高

凛とした美貌と所作に痺れます♥️

シリーズ中最高作品との評価に納得です。
nakada

nakadaの感想・評価

3.8

4.5が微妙だったので6。最後の凌雲閣の決戦シーンが白眉。今までなかった戦闘中に血が流れ血飛沫がとぶ演出。アクションも菅原文太の噛みつくような飛びかかり方が良い。もう無い凌雲閣の中へ入れるのもオトク…

>>続きを読む

正直、このシリーズの一作目はそんなにでもなかったけど、加藤泰監督作ということで鑑賞。
カメラ割りがこの監督独特で観てて気持ちいい。
お話しはいわゆる任侠もの、といった感じ。

シリーズ六作目というこ…

>>続きを読む
bluetokyo

bluetokyoの感想・評価

3.1

ついに緋牡丹お竜の存在感はゼロになってしまった。ただ、作品的には面白く、とくに、最後の殴り込みではないが、決闘シーンは、任侠映画の中でも、五本の指に入るぐらいの迫力あるシーンとなっている。
例によっ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事