昭和おんな博徒の作品情報・感想・評価

「昭和おんな博徒」に投稿された感想・評価

遠藤太津朗の柔和な演技は必見ですよ。わりとヤクザ映画では重石になるような役柄が多い印象なので、幅の広さを感じましたね。
uuu

uuuの感想・評価

3.0
たしか面白かったんだけど、緋牡丹博徒と比べるとどうしても霞む。
江波杏子は藤純子の代役などではない、しっかりしたキャラクターを作っていることだけは擁護したい。
そんなに面白い映画でもないのだけれど。
【追悼・松方弘樹】
江波杏子の東映作品、監督が加藤泰とあって濃すぎる任侠の世界が広がっているが、松方弘樹にぃの格好良さで全てが持って行かれている感が否めない。江波杏子は藤純子にはなれないのです……。
冒頭から劇伴無しで強力な構図がガコンガコンと繋がっていく加藤泰モンタージュが炸裂
大胆な時間経過も『遊侠一匹』を思い出させ、1972年の東映にしてはコテコテ過ぎる仁侠映画だが、加藤泰はいつまでも加藤泰だった


普通ならこういうプログラムピクチャーは
「90分サイコー!」
となるところだけど、これに関してはあと20分(つまり『飛車角と吉良常』ぐらい)尺が欲しい感じがした

松方に乗っていた情念が天地茂に乗りかわってからの発散パートがあっけなく感じてしまったのだ

しかしやっぱり加藤泰は濃口で濃密で面白え
籠

籠の感想・評価

3.8
加藤泰特集23本目

初めてかと思ったら5年ぶりの鑑賞
土砂降り 汗 列車 奥行きのある殺陣等で東映最後を締めるが心は人生劇場にあったのかもしれない。70年代らしく血しぶきも派手になってきているがやはり所謂殺陣には興味がないようだ。音楽無しで始まるのは新鮮だった。