ジェイコブス・ラダーの作品情報・感想・評価

「ジェイコブス・ラダー」に投稿された感想・評価

Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

4.0
悲哀に溢れた男の孤独が全体として描かれているため、ホラー的な怖さはあまりない。が、たまに出るクリーチャーがよく見えないのが怖く、不気味。こちら側の心の揺さぶり方がうまい監督だなと。
ガチの「お前はもう死んでいる」は笑った。ベトナム戦争の黒い部分も絡みつつ、色んな形の恐怖を感じさせてくれる作品。
時系列、場面、夢、現実バラバラなごちゃごちゃなのに何故か見易い不思議。
90年代の映画はくせになるなぁ。
彼女が今風の美女で可愛かった!
腕のいい整体師の話し。
ではない。
TSUTAYAでホラーのところにあったがホラー要素は少なめ。
途中まではすごく良かった...
小さい頃のカルキンはやっぱりかわいい。
Marina

Marinaの感想・評価

3.7
この映画の主題を伝えようとした時に、こう撮ろうって思いつくところがド変態
オススメされて観たがかなり好みの映画。
最後の最後までドキドキしながら観れた。

最近の映画にはない、独特の雰囲気と想像をさせる話のつくりがとてもよい。

ホラーでもありサスペンスでもある。
この年代の映画をもっと見ようと思った。
TRASH

TRASHの感想・評価

3.3
■DVDに吹き替えが2種類収録されていたので山寺宏一Ver.で鑑賞。

>人気ゲーム【サイレントヒル】製作時、世界観構築に影響を与えた元ネタの1つらしい。

ん~、なるほど。なるほど~、ん~、、確かにサイレントヒルの元ネタっぽい、。期待値が上がっていたせいか思ったほど楽しめなかった。

サイレントヒルは他にも【キンダガートン・コップ】の背景を参考にしているらしいので機会があれば観たいE.
Peter

Peterの感想・評価

3.5
いやこれは面白い!2ちゃんねるで「ただ梯子に登るだけの映画」ってあったから、観る前はどうしようかなって思ったけど笑。カメラの構図とか、BGMとか、美術面とか、ホラー映画の教科書になるべき上手さ。サイレントヒルに影響与えたって言うけど、これは確かに手本にしたくなるよね。伝えるべきテーマもちゃんとあって、展開が読めないという点で、他の凡百のホラー映画と一線を画す名作。
HK

HKの感想・評価

3.5
「ナインハーフ」「フラッシュダンス」などのエイドリアン・ライン監督による、死の恐怖を描いたサイコスリラー映画

ベトナム戦争で死亡した一人の兵隊が死ぬまでの夢の世界を描いている。

とても難解な精神世界、そして生死の間の世界観を不気味なクリーチャーを使って見事に描いているように思える。サイレントヒルの世界観のモデルということを聞いてある程度納得できる内容であった。

ホームパーティーにおけるフラッシュを大量に活用するシーンは釘付けになり、ネオンによって目がチカチカしたのが帰って恐怖を煽っているのがとても良かった気がした。

何より、化学兵器の話も、あれが全て夢だとすると本人の中の幻想ってだけで終わるから、本当に狂っていたのは彼だけかもしれない。というか全部夢だから現実問題としては何もないってことか。

でも夢の描き方も物凄い不気味だけど、たまに見る悪夢のような世界観ではあり、それはとても良かったと思う。

どっちが夢か現実か分からないというのは今敏さんの「パーフェクトブルー」とか「パプリカ」とかにも通じるようでもあり、とても良かった。

死ぬまでの人間の生への執着、及び反戦映画も結びつけていて趣の深い映画であった。

ただな~心に残る映画というとちょっと微妙なんだよな~。不気味だけどそれ以外のメッセージまではちょっと読み取れなかったのが残念だったかな~。これも死に対しての意識がまだ低いからなのかもしれない。また何年かしたら見てみたいと思った。
ウメダ

ウメダの感想・評価

4.5
上手く言葉に表せない。というか、表さない方がいいが気がする。
凄く余韻が残る良き作品でした。

ティムロビンス、
良い役者なのは勿論知ってたけど、特に90年代は、ほんと良い味、良い雰囲気出すなあ。
これは反戦映画ではない。それよりも根源的な死を扱った映画である。本当はどうなるのかまだわからない。
>|