マルコヴィッチの穴の作品情報・感想・評価・動画配信

マルコヴィッチの穴1999年製作の映画)

Being John Malkovich

上映日:2000年09月23日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「マルコヴィッチの穴」に投稿された感想・評価

ます

ますの感想・評価

3.4
人間の持つ欲望って本当に限度がないよね。
エゴの塊を見せつけられ、かなり哲学的な作品だった。
流石は奇才スパイクジョーンズ、イカれててツッコみたくなるんだけど一言じゃ言い表せない様々な要素を上手く落とし込んでて面白かった。

おもしろかった!発想がすご。
考えつかないよォ...
穴の設定も物語の進み方も予想できなかった!
やっぱ予想できない映画おもしろ!!!!!!
1999年に創られたと思えないほど、新しい感覚の映画だった。考えた人、未来から来てるのでは?

ええ!やっぱロティ、キャメロンディアスだったんや!似てる〜けど違うかぁってなってたや。

びっくりして、笑えて、怯えて、ちょっと引く、って感じでした。
ぷらこ

ぷらこの感想・評価

4.0
なんだこれ。すっっごい面白かった。なんだこれは!?頭おかしいのか!?
どうしたらこんな展開思いつくんだろう。物凄い話だったな。人間関係と恋愛感情のベクトルが複雑すぎた(理解はしやすいけど)。そしてそれを可能にするマルコヴィッチさんの演技力よ。チンパンくんも名演技だったな。メインポスターの意味を理解した時には悲鳴あげたよね。
冒頭の人形劇から完全に引っ張られ没入できたし、劇伴も全編通してすごくナチュラルにマッチしていてよかった。人形ってあんな精巧に操れるもんなんですか?ほんとだったらすごいよね。エンドロール見てても操演みたいなのちょっとわからなかった、見逃したかも。そしてあのダンスをマルコヴィッチさんが再現するのいいよね😂そもそも本人役で出演ってのがまたいい😂
エンディング主題歌ビョークだった!ウィノナ・ライダーちゃんどこにいたのぉ……?
9

9の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ある者は延命の為に穴を使い、ある者は性欲の為に穴を使い、ある者は愛の為に穴を使う。。地に足着いたSF大好き!
nuq

nuqの感想・評価

4.5
こんなに有名で、パッケージやポスターも何度も目にしたことがあるのにこの間初めて観た おもしろすぎるだろ
ジョン・マルコヴィッチが1番の被害者映画。出てくる人間みんなクソ!
昔ワイが勤めていた会社には中2階が存在しました。構造は言葉で説明できないので省略します。この映画の7½階とは違います。天井が低かったりはしません。7階の天井高も低いのか凄く気になりました。

村上春樹的な穴の話です。穴を進んだ先が異空間とかではないのでちょっと違います。村上春樹よりはお下品な感じです。そうでもないかな。

ジョン・マルコヴィッチというのが絶妙な気がします。これが「トム・クルーズの穴」だったら、かなり印象が違っただろうと思います。おそらく行動ももっと派手だったりしそうだし。

序盤で名前当てをやってるジョン・キューザックに殺意を覚えました。

このレビューはネタバレを含みます

珍しく邦題の方がしっくりくる🤔会社の中で見つけた扉。中に入るとずるずる暗い穴に引きずられ、気づくとジョン・マルコヴィッチの頭の中だった…。というヘンテコストーリー。

↑もめちゃめちゃ変だけど、その穴🕳がある会社も変。7と1/2階て!!エレベーターぼっこぼこ💡

マキシンがめちゃめちゃ魔性…💦恐い…😰

マルコヴィッチだらけのレストラン、カオスすぎて気持ち悪いけど面白かった🤣セリフも😁

チンパンジー、めっちゃいい子。

このレビューはネタバレを含みます

男の性だ。なんてエゴイスティックで、サディスティックで、マゾスティックなんだろうか。それも主人公のグレイクはマッチョとはほど遠い人形師なのに。いや、だからこそ余計に有害な男性性が炙り出されている。なによりもその人形師になりたいという思いは、そのまま人をコントロールしたいという性に直結しているし、相手にされないと執拗に追いかける悲哀もまさに支配欲故…有害な男性性を考える上では最上のテキストかもしれない…
>|

あなたにおすすめの記事