マルコヴィッチの穴の作品情報・感想・評価・動画配信

マルコヴィッチの穴1999年製作の映画)

Being John Malkovich

上映日:2000年09月23日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「マルコヴィッチの穴」に投稿された感想・評価

madokaaa

madokaaaの感想・評価

3.6
誰でも15分間だけジョン・マルコヴィッチの頭の中に入れちゃう摩訶不思議な穴。

発想がキテレツすぎて、そもそも解釈のしようがある作品なのか、はなからそんなものは存在しないのか、その辺もよくわからない作品です。

ジョン・キューザック演じるクレイグが働く会社は、なんだかとても奇妙。
7と1/2階にあって、エレベーターを急停止させて棒でこじあけないと入れなくって、天井が異常に低いため、みんな屈んで歩いている。

なんでオフィスにマルコビッチの頭の中に続くドアが存在するのか?なんでマルコヴィッチの頭の中に入れるのは15分間だけなのか?そもそもなぜマルコヴィッチなのか?とにかく疑問しか湧いてきませんが、そんなものに対しての解答はございません。

何かしらの皮肉めいたメッセージや哲学的な要素を根底に探したくなる作品ではあるのですが、単純に監督の思いつきを膨らませて映画化しただけのような気もするし…意味不明なストーリーに違いはないけど、この奇妙な設定とシュールな世界観がクセになっちゃう不思議な作品。
混乱に酔うための素敵な入れ子の檻。カウフマン印の悪夢的ローファンタジーSFは、理想的な生活がいかに男性中心に組み立てられているか・本質的には女家庭も楽園たりうることを示すエンディングとbjorkの声で心地良い昼下がりの微睡へ昇華される。読めない映画を作るよね、楽しめる。
面白い映画でした。久しぶりにストーリーが作り込まれている映画を観た気がしました。
エンドロールでキャメロンディアスだったのか!と気付く衝撃。
オレ様

オレ様の感想・評価

5.0
めっちゃおもしろい
設定だけで押してくのかなーと思ったらどんどん展開していってすごい
ほんとにちゃんと面白いから見てほしい
エンドロールのビョークもめっちゃいいし〜
豚カツ

豚カツの感想・評価

3.5
不思議な映画。
いい意味でどんな生活してたらこんなアイデア思いつくんですか、 
tamashii

tamashiiの感想・評価

4.2
レンタル視聴。シュールとかブラックユーモア的な感じで、大笑いするタイプの映画ではない。というかけっこうSFだし、ジェンダー問題も割と入ってて社会派。
zaki

zakiの感想・評価

3.9
客もメニューもマルコヴィッチ笑った
このクレイジーな設定思い付いたの凄いなーと思う笑
B

Bの感想・評価

3.7
途中のあるシーンはおもしろ不気味。
キャメロンディアスもいい。
マルコヴィッチ!マルコヴィッチ!
よ

よの感想・評価

3.6
「自分が出過ぎている」系のチャーリー・カウフマンの脚本はむしろ興味深いと思っている。映画としては『アダプテーション』の方がだいぶ面白かった。魅力を消しているキャメロン・ディアスがすごい。
yuichi

yuichiの感想・評価

5.0
おちゃらけコメディ全開かと思ったら
シリアスな場面もあったり
無限の可能性が人の潜在意識には
あるんだなって感心してしまった!

よくこんな話を思いついて具現化したな
恐るべし才能…!
>|