サム・ペキンパー 情熱と美学の作品情報・感想・評価・動画配信

「サム・ペキンパー 情熱と美学」に投稿された感想・評価

haizi

haiziの感想・評価

3.0
「けったいな変わり者」
「才気に溢れた変人」

映画に対する情熱は誰よりも熱い、かなりぶっとんだ映画監督のドキュメンタリー。

“血まみれサム”と恐れられ、“バイオレンスのピカソ”と称賛された鬼才。という作品紹介のフレーズが興味深くて観てみたのですが、私にはちょっと早かったかも。。。

この監督の事をあまり知らなくて、、、観たことあるのは『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』だけで、それもボブ・ディラン目的で観たので、本作をみて“あ~『ビリー・ザ・キッド』の監督さんね!”と知った始末。

この監督が好きな方には見ごたえのある作品なんだろうな。
不勉強な私にも、この監督のどうしようもない変態っぷりと、映画に対する情熱はすごく伝わってきた。

偏屈でアル中で、私生活はどうしようもないもらはらおやじだけど、それ以上に魅力や才能のある人だったんだろうなぁ。。。。
ジョン・ウー監督の「心の師」サム・ペキンパーがどういう人だったかを掘り下げたドキュメンタリー映画。自分より強そうな俳優には頭が上がらず弱いスタッフにはキツく当たり、演出で実弾を使うわプライベートで銃をぶっ放すわ、ヤク中でアル中という私生活ではダメダメ人間。この時代の監督ってスタンリー・キューブリックもそうだけど、映画は凄いが人格は最低って人が多いように思える。

ペキンパー映画の常連がインタビューに答えていてその中の1人 L.Q.ジョーンズの部屋には『少年と犬』のポスターが貼ってあった。原作がネビュラ賞も受賞してるのでいつか見なければと思ってたこの映画、マッドマックス2の元ネタと言われてるカルト作品でジョーンズさんが監督してたのか。


ペキンパー作品は一通り見てるから『ワイルドバンチ』や『わらの犬』とかの裏話が聞けて面白かった。血みどろ描写はアーネスト・ボーグナインのアドバイスだったんだ。彼の西部劇では女子供が殺されて残酷ではないかと非難される事もあったが、ペキンパーの一族は西部開拓者で本当の西部を知っているが故にリアルに描いていて、それまでの西部劇はヌルいので俺が本当の西部を描いてやるぜってことでしょうね。
私の米海兵隊のイメージは沖縄米軍とアダム・ドライバーが多くを語りたくなさそうなところだったんですけどそこにサム・ペキンパーが挫折したところという情報が加わりました。米軍の中でも陸海空から隔離されてるヤバさすげえ伝わってきます
masa

masaの感想・評価

3.4
サム・ペキンパーのドキュメンタリー
かつての仕事仲間のインタビューを中心に生涯を追う
好き勝手にやるがゆえに不遇にもなるが傑作を生みだすことができる
Yonda

Yondaの感想・評価

3.0
サム・ペキンパーは大好きな監督なんだけど、かなり変人のイメージだった。このドキュメンタリーを観て、想像以上だったのは意外だったけど笑。酒とドラッグで寂しい晩年を過ごしたのは勿体ないし、得たものより失ったものの方が大きいと言う言葉は巨匠の人生としては、あまりに寂しい。でもワイルド・バンチ以下数々の名作を生み出したのは紛れもない事実。ボー・ホプキンスやアリ・マッグローの姿が観られたのは嬉しかったし、マックイーンの肉声インタビューが聞けるのも貴重だった。
mie

mieの感想・評価

3.5
サム・ペキンパーファンには嬉しい内容。
だが、2時間は長いかも。90分くらいがいいかな。
アル中は大変だ。
Aix

Aixの感想・評価

3.3
ワイルドバンチ、わらの犬、戦争のはらわたなどで知られるバイオレンスの巨匠、サムペキンパーに焦点を当てたドキュメンタリー。

元々サムペキンパーがぶっ飛んでるというのは知っていましたが、想像以上にイカれてることが今作を見て分かりました。特に投げナイフのエピソードは、まさにわらの犬を彷彿とさせて興味深かったです。体は華奢だったけど、目が据わっていたし、何かあったら躊躇無く人を殺しそうなオーラが漂っている人でしたね。

特別好きでもない監督のドキュメンタリーを2時間見るのは少ししんどかったです。せめて1時間半にして欲しかったかな。
監督に思い入れが有るか無いか、これから作品を観たいか観ないかによって印象が変わるかな。ペキンパーの魅力はわかるけど魅力あるドキュメンタリーかと問われれば私にはあんまり。
Kir

Kirの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

サムペキンパー監督のドキュメンタリ🐍

個人的にはワイルドバンチ→わらの犬→ゲッタウェイの流れが好き。

バイオレンスが目を引くけど、実は繊細な映像と展開なのは、監督ならではの仕事だと思う。

もっと監督の会話シーンが見たかった。周りの話はどうでも良かったかな。

妥協しない監督の仕事ぶりがなんとなく解るような映画です。

好きに演りゃいいさ🦎
somebody

somebodyの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・ミソジニー
・ホモソ
・トキシック マスキュリニティ

終いにゃダスティンホフマンときた。
でも戦争のはらわたは見たいんだあ。

でもやっぱ50代には見えへん晩年には心が痛むな、多少。

映画としてはBGMが繰り返しだし雰囲気にあってない。
>|