いのちの食べかた(2005年製作の映画)

Unser täglich Brot/Our Daily Bread

製作国:
  • オーストリア
  • ドイツ
  • / 上映時間:92分
    監督
    ニコラウス・ゲイハルター

    「いのちの食べかた」に投稿された感想・レビュー

    エシニキ
    エシニキの感想・レビュー
    6時間
    3.7
    みるべき〜〜みるべき映画〜〜
    音もセリフもなんもなくて、演出もなんもないのにカメラがそれを捉えているという事実が妙にくっきりと浮かんでおり独特。演出ゼロなのになんだかキューブリック感。興味深い、みれてよかったな〜〜ってな映像がおおい。みるべき〜〜
    fumiso
    fumisoの感想・レビュー
    10時間
    3.8
    映像がもつインパクトは言葉での説明より強大。
    KazunariIto
    KazunariItoの感想・レビュー
    3日
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    穀物より生き物が知りたい。
    人が生きていくための矛盾
    かわいそうな姿もあるけど、海外版だからなのか、それともこれが安価な理由なのか。
    日本ver.も期待。
    偏食栄養失調
    偏食栄養失調の感想・レビュー
    4日
    4.0
    たちの悪いジョークかと思うほど、効率化された生産現場。
    満員電車で一生を過ごすなんて気が狂いそう。狂う間もなく、鶏も豚も牛も魚もお肉にされちゃいますが…
    毎日の食事がこうやって支えられているのかと思うと、平飼いオーガニック信者を笑えないな。
    こんな大量生産大量消費、いつまでも続けられるわけないのでもっと長い目で見た効率化を進めてほしいね。
    Asai
    Asaiの感想・レビュー
    2017/04/15
    4.0
    ただただ圧倒されながら食について考えさせられる作品
    nakahira
    nakahiraの感想・レビュー
    2017/04/13
    3.4
    お腹いっぱいの時になんの気なしに鑑賞

    牛豚鳥の屠殺シーン、その後のオートメーションっぷり、プランテーションのエグい広さに、この世は何十年も前からディストピアやったのねぇ…、とねぇ…感が味わえました。
    大好きなのは塩のシーンと、農夫のあんちゃんがただのパンにタバスコびちゃびちゃかけて食べるシーン
    レオパルド
    レオパルドの感想・レビュー
    2017/04/07
    4.0
    私のレビューでは伝えきれないほどのメッセージがこめられた音声なしのドキュメンタリー映画。

    日常的に行われる「食べる」という行為がどんな過程を経て自分のもとに来ているのかをありのまま示した作品。

    育て、加工して、食べる
    このサイクルが延々と続くだけですが、凄く生々しくて知りませんでした。。ではすまされない人として知るべきことが詰まっています。

    中でも、牛の人工繁殖や野菜の為に土地を枯らすなど人間の勝手で今の繁栄が成り立っているということを見せつけられます。

    肉がスーパーに当たり前に並ぶ過程にはこんな真実があるんだと、一人でも多くの人が知れば暴食、廃棄などあってはならないと自覚する人が増える、そんな願いこめてオススメしたい。

    肉類の加工が物凄く生々しいので苦手な人は覚悟しておくこと。

    「いのち」を食べさせてもらえる平和にありがとう。
    Jaja0424
    Jaja0424の感想・レビュー
    2017/04/04
    3.3
    淡々と。
    鳥や豚をああやってさばいてくれる人がいるから毎日ごはんが食べれているのだと再認識した。感謝。
    miyako
    miyakoの感想・レビュー
    2017/03/30
    4.5
    ナレーションもなく、鑑賞者それぞれに問いをゆだねています。能動的に思考することができれば充実した時間を過ごせます。絵も美しいです。
    >|