いのちの食べかたの作品情報・感想・評価・動画配信

「いのちの食べかた」に投稿された感想・評価

換気

換気の感想・評価

-
べルトコンベアで運ばれ、投げられたり落とされたりするヒヨコ。

メス牛が装置で固定されていてその後ろでオス牛が強制的に発情させられてメス牛に乗ろうとしたタイミングで精子は横にいる人間が機械で吸い取る。

むごいと思った。
動物に感情があるとしたらどんな気持ちなんやろ。
感情がなければ人間が恣意的に殺生してもいいのかというとそういう問題でもないけど。

感覚を麻痺させてなければ食肉は食べれない世の中。
職が分業化され、それをいいことにどうやって食肉が加工されているかわからなくても何も考えずに肉を食べれて、
同じ食べるにしても無関心で食べるのが一番たちが悪い。せめて知ることから。。自戒の念も込めて。
過去鑑賞記録

食肉加工の従業員さん方のことを、ただただ尊敬します。人生の大部分と言えるお仕事を、人間の最大の汚れ仕事をして下さることに頭が上がりません。
精肉工程がここまでシステマイズされてるとはビックリ
牛乳と卵と野菜だけで生きていきたいけどな〜俺もな〜
元気なときに見ないと、考え込んでしまうようなグロテクスな映像が続きました。
ただ、脚色もなく事実を淡々と説明していて、とても好感を持てました。好きなドキュメンタリーの形式です。
ナオト

ナオトの感想・評価

4.1
演出があるフィクションを見る体力が無かったのでたまにはドキュメンタリー。
音楽もナレーションも映画的なクローズアップなどもいっさいなく、淡々と普段食べている農産物や畜産物の生産過程を流し続ける。

普段食べているものを当たり前だと思わずに、食べ物の前にあった命を考えることができる好きな映画。
コンパニオンバードを飼ってる人間としては、個人的にヒヨコやニワトリのシーンが堪えるのだけど、日常のように鶏を食べている自分は偽善だな、と思った。
素直に思えるのも、押しつけるメッセージが映画側にないからで、感想を見た人がそれぞれ抱えることができるのが良い。
この映画を観た後でも、相変わらず普通に肉を食べている自分が恐ろしかった。
花椒

花椒の感想・評価

3.5
個人的には4.0、オススメ度なら3.0でこのスコア。

淡々と農産物、畜産物の生産工程や集荷行程を流し続ける
ズームアップやSE入れて演出、みたいな映画的、あるいは報道的とも言える演出は皆無。

興味ない人からすればすぐに見るの止めると思う

チャプターに説明はあるのだが、映像の中に解説や説明もなく、映像のアップもないから知識のない人は何の農産物のどんな作業かわからないかもしれない

一番心打たれたのは牛や豚が流れ作業で殺され、瞬く間に「生き物」から「食品」に変わる工程。

牛は目の前に直前に殺され、吊るし上げられた牛を見て明らかに震え怯えている。そんな光景に出くわしながらも淡々と牛にとどめを刺す作業員。

いちいち反応してたら仕事にならないだろうし。

この光景見てああ人間はなんて残酷で冷徹なんだと感ずる人もいれば、こうした作業員のお陰で自分は直接動物を殺さずに食肉にありつけてありがたい、と感想は割れるだろうし、必ずしも感想は一つだとは限らないかと思いました。

想田和弘の観察映画がすきな人は好みかもしれない
iR

iRの感想・評価

3.5
ナレーションもセリフもBGMすらなく、淡々と作業を見ていくだけの映画。しかし約1時間30分飽きずに見ていられる。
生き物をいただいていることは理解していても、ここまで具体的には知らない世界。
2021_138
tkhs

tkhsの感想・評価

3.8
ドキュメンタリー映画はあまり見ないのですが、何のきっかけで知ったのかタイトルに惹かれてみた作品。

ストーリーは特に無く、淡々と生き物が食べ物に変わる過程を描いている。そう言った意味でいうとストーリーが無い訳ではないか...

映像自体もなかなか見ることのできない、食べ物の生産過程が見れるので、勉強にもなると同時に命の尊さと残酷さを感じる。

残酷と表現するのは正直迷ったが、この映画を見ると「いのちをいただく」という意味がぼんやりとしていた理解から、確信に変わる。

だって普通に考えて、もし牛や豚が人間と共通言語を話せたらと思うと目眩がしてくるし、その時私は変わらずに牛や豚をのいのちをいただくことはできるのか...?と思ってしまう。

いのちを食べて生きること、生かされていることの意味を考えさせられる作品です。
おこめ

おこめの感想・評価

3.8
2021年 43作目

無機質で異様な空間だった
命を尊重するとか頂くとかってなんだろうな
>|