スモーキン・エース/暗殺者がいっぱいの作品情報・感想・評価

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい2007年製作の映画)

SMOKIN' ACES

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.3

「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」に投稿された感想・評価

だい

だいの感想・評価

3.0
チャーハンの材料でピザ作ろうとしたけど、そりゃまぁピザは作れないよね
しかもそのチャーハンの材料は高級食材
そのまま作ったら美味しくなるのに
なぜピザ作ろうとしたの?という感じの映画

殺し屋の個性が強く、そのままドンパチしたら100%面白くなるのに
謎めいた陰謀があって、しかもその陰謀がメインときたもんだから、せっかくのキャラクターが活かせてない

久々に退屈しながら観た映画だった
邦画版タイトルの蛇足感はさておき、結構激しい銃撃戦と緊張感がよかった。

若かりし頃のクリス・パインやライアン・レイノルズが出てたりで結構キャストは豪華。

ラストがかなりごちゃついてる。
ひよし

ひよしの感想・評価

2.8
ホテルに7人の暗殺者が集まって賞金100万ドルを巡って1人のマジシャンを狙う、という筋を聞いたらこんなの面白くならないほうが嘘だろうと思うがぜんぜん面白くない。
FBI内部の闇を追うみたいなのが主題でそれを見せたいらしく、期待するほど軽快なアクションはなくてすごく湿っぽい話になっている。特にラストシーンはすごく湿っぽい。

暗殺者自体は伝説の傭兵とか顔を変える名人とかネオナチ三兄弟とかレズとノンケ?の女暗殺者コンビとかおもしろいのが揃っているのになんでこうなってしまったんだろう。超耐久力でリロードなしのガバガバな撃ちあいを期待してたけどみんなあっさり死んでいく。その潔さはちょっといいかも。
ホテルの向かい側から対物ライフルを撃ちこんでくるシーンがあったんだけどあまりの虐殺で引いてしまった。空気感が湿っぽいので爽快なシーンにはならないんだよね……

いちおうの注目点としてはアリシアキーズとコモンが出てくる。コモンはけっこう活躍してた。顔がかっこいい。

教訓:「FBIの闇」と「暗殺者軍団」を混ぜるのはやめよう。どちらか片方にして映画を撮ろう。
ザン

ザンの感想・評価

3.4
何か登場人物が多くて見失いがちになったが、色んなやり方の殺し屋が鉢合わせする展開は以前お笑いコントで見たような気がする。

このレビューはネタバレを含みます

終盤の銃撃戦、特にバレットM82の狙撃シーンが格好良すぎる。
個人的にはこのシーンだけの為に見る価値アリ。
izumi

izumiの感想・評価

4.2
グロいし下品だしみんなイカれてるアクション映画

でも有名な俳優が多いためか個人的には好きな映画だな〜

たぶんマッドマックスくらいイカれてる。

本当は観なかったことにして忘れようと思ってたけど無理だったし高評価もつけてしまった...🤷🏻‍♀️
登場人物多いし、内容も複雑だし、他ごとしながら見るには無理だったけど、面白いことだけはなんとなく。
もう一回見ねば
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.3
凄く面白いわけではなく。かといってつまらないわけでは無い。暗殺者は 当然いっぱい。他の係りの人もいっぱい。2人組、3人組もいっぱい。コイツ、誰?もいっぱい。ツッコミどころもいっぱい笑。人の話をちゃんと理解して行動しないと 何の罪ないホテルが崩壊する。
MaruFuku

MaruFukuの感想・評価

4.7
こういうのって好き嫌い出るんですかね。
僕は大好物でした。あまり期待せずに観てたんですが…
殺し合いとかの描写が苦手だとイマイチかもしれません。

レイ・リオッタとライアン・レイノルズのFBI捜査官役は二人とも好演。特に後者のキレはラストまで最高。上司のアンディ・ガルシアも存在感あるしハマる。
殺し屋たちもいきなりベン・アフレックがチョイ役!( ゚д゚)ていう驚きから始まって、トレモア・ブラザーズのイカレ具合も、アリシア・キーズとタラジ・ヘンソンの女性二人組もクールで多弁なキャラ立ちがすごい。大口径ライフルが火を噴いてからのテンポアップはテンション煽られます。
狙われるジェレミー・ピヴェン、コモンもハッキリした演技で、キャストはどこ切り取っても文句がつけられない。

真剣だけど振り切るところは振り切って(あのベスト・キッドな少年最高w)、登場人物が多いので混乱しかねないけどストーリーは終わってみればけっこうシンプル、オチも驚きがあって◎

コモンとアリシア・キーズが俳優デビューだったらしいw
jun

junの感想・評価

3.0
また邦題のサブタイトルのダサい作品に出会ってしまった。

キャストが豪華なだけに期待値が上がるのだが…
及第点かな。

上手くまとめ切れてないから
上手く役者を生かしきれてない。

ただその豪華な俳優陣になんとか支えられてる感じ。

そこそこには楽しめる作品ではある。
ライアンレイノルズは
普遍を帯びた役も異常な役も
器用に演じるなぁ。
>|