スモーキン・エース/暗殺者がいっぱいの作品情報・感想・評価

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい2007年製作の映画)

SMOKIN' ACES

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.3

「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.3
凄く面白いわけではなく。かといってつまらないわけでは無い。暗殺者は 当然いっぱい。他の係りの人もいっぱい。2人組、3人組もいっぱい。コイツ、誰?もいっぱい。ツッコミどころもいっぱい笑。人の話をちゃんと理解して行動しないと 何の罪ないホテルが崩壊する。
MaruFuku

MaruFukuの感想・評価

4.7
こういうのって好き嫌い出るんですかね。
僕は大好物でした。あまり期待せずに観てたんですが…
殺し合いとかの描写が苦手だとイマイチかもしれません。

レイ・リオッタとライアン・レイノルズのFBI捜査官役は二人とも好演。特に後者のキレはラストまで最高。上司のアンディ・ガルシアも存在感あるしハマる。
殺し屋たちもいきなりベン・アフレックがチョイ役!( ゚д゚)ていう驚きから始まって、トレモア・ブラザーズのイカレ具合も、アリシア・キーズとタラジ・ヘンソンの女性二人組もクールで多弁なキャラ立ちがすごい。大口径ライフルが火を噴いてからのテンポアップはテンション煽られます。
狙われるジェレミー・ピヴェン、コモンもハッキリした演技で、キャストはどこ切り取っても文句がつけられない。

真剣だけど振り切るところは振り切って(あのベスト・キッドな少年最高w)、登場人物が多いので混乱しかねないけどストーリーは終わってみればけっこうシンプル、オチも驚きがあって◎

コモンとアリシア・キーズが俳優デビューだったらしいw
jun

junの感想・評価

3.0
また邦題のサブタイトルのダサい作品に出会ってしまった。

キャストが豪華なだけに期待値が上がるのだが…
及第点かな。

上手くまとめ切れてないから
上手く役者を生かしきれてない。

ただその豪華な俳優陣になんとか支えられてる感じ。

そこそこには楽しめる作品ではある。
ライアンレイノルズは
普遍を帯びた役も異常な役も
器用に演じるなぁ。
BOOK・OFFで安かったシリーズ♪

豪華キャストによるバイオレンス・アクションでした~
が、豪華過ぎてとっ散らかって疲れるw

メインキャラクタがあちこちでドタバタするので、終始落ち着かないし。。。

あ、今作がアリシア・キーズとコモンの俳優デビュー作らしいですよ☆


ストーリィは…

マフィアと繋がりのある売れっ子マジシャン、イズラエル。
彼を捕らえれば100万ドルだ!

そんな訳でプロの殺し屋がベガスに集う。
FBIも出動し、血と銃弾が飛び交う大騒ぎとなり…



デップーことライアン・レイノルズ
まだ細いレイ・リオッタ
遊ばれるケツ・アゴレック
眼鏡が素敵なアンディ・ガルシア
いつも不穏なジョエル・エドガートン
全然気付かなかったクリス・パイン

等々…

豪華だわぁ~(*´∀`)

あちこちで銃撃戦だし、血糊も上質、気持ちが良い!
女殺し屋の使う50口径スナイパーライフルとか、超格好良かった♪
やっぱライフルが好きである( ´∀`)

しかし、意外にシリアスだった。
キャラクタ1人1人の描き方が中途半端なので、これならアクション・コメディにしてしまえば良かったのに!
特典のメイキングも凄く楽しそうだったし、これはやはりコメディで行って欲しかった♪

NG集やアナザー・エンディングもある初回版(?)を購入していた模様w
監督が、強いサイモン・ペッグみたいで好きになりました♪

全体的にわちゃわちゃしてますが、銃撃戦シーンは見事!
クリス・パインに気付けたら凄いと思います(笑)
あ、でも美しい瞳で分かるかな~
キョン

キョンの感想・評価

2.5
なんか役者が凄いだけで退屈な映画だったなー。なんか色々な映画を混ぜてグチャグチャにして整えなかった感じ。
犬

犬の感想・評価

3.7
整形

ラスベガスを舞台に、大物マフィアに100万ドルの賞金を懸けられたマジシャンの男を巡って、7人の殺し屋やFBIが壮絶な争いを繰り広げる

豪華キャストを迎えて放つ、ハイテンション&スタイリッシュなバイオレンスアクション

それぞれがそれぞれに奴を追う
そして、彼らが微妙に絡み利用しあう

なかなか好きなやつでした

終盤に知る驚きの真実
ただ、ラストはまあまあかな

ストーリー展開に見入っちゃいました
細かいことは気にしない

ホテルやあちこちでドンパチ
アクション良かった

ペントハウスは地獄絵図

登場人物が多い
暗殺者と言っても色んな種類の悪者がいる

俳優陣が豪華
誰が死ぬかも見どころ

アリシア・キーズが良かった
あとタラジ・P・ヘンソン
あの頭じゃ警備員なれないだろ笑
Masa

Masaの感想・評価

3.3
【Netflix original】
原題: Smokin' Aces
直訳: かっけー、一流の殺し屋たち

突っ込みどころ満載だけど、まぁまぁ好きだった。
名優が変な使われ方している映画。笑
クリス・パインがぶっ飛んでたり。
ベン・アフレックが顔で遊ばれたり。
ジョエル・エドガートンがなんか変なキャラだったり。
てかジェイソン・ベイトマンの役なんだったの笑
ライアン・レイノルズはいたって真面目な役と演技。

狙われる役のジェレミー・ピヴェン。
知らない方だったけど、いい顔してた。

このレビューはネタバレを含みます


暗殺者のキャラが立ちまくっていて楽しいので、それぞれのアクションシーンがもっと見たかった。ストーリー終盤のシリアスサスペンス路線はなんか違う気がする。スパラッザが死んだはずのヘラー捜査官というのは中盤でなんとなくわかるが、イズラエルと親子というのは伏線がなかったので後付け感が残念。ライアンレイノルズの最後の行動も腑に落ちない。
豪華なメンバーだがパッとしない作品だった。
群像劇というよりは、中身がなくて見栄えするシーンを集めた作品になっている。そこが残念。

タランティーノ作品みたいにスタイリッシュな感じにしたかったのかな〜とは思う。
やりたいことは伝わってくるが、ごちゃっとしすぎていて残念。

全体的に中途半端。

ベンアフレックの使い方は面白い。現代戦にマッドマックス??を持ち込んだのは笑えた
ten47

ten47の感想・評価

3.4
一流俳優勢揃いで終盤のカオスなシーンは良いけど、ストーリーもオチもイマイチ…笑
>|