スモーキン・エース/暗殺者がいっぱいの作品情報・感想・評価

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい2007年製作の映画)

SMOKIN' ACES

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.3

「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」に投稿された感想・評価

やの

やのの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

クリパの存在感が凄すぎる。
空をバックにこちらをのぞき込むようにしてるシーンの空とダーウィンの瞳が嘘みたいに青くてシーンに美しい。
mayuchi

mayuchiの感想・評価

3.8
【2018年17作目】

ラスベガスのマフィアが殺し屋に、100万ドルで暗殺を依頼したという情報を入手したFBI。
そのターゲットは人気マジシャン。
100万ドルを目当てに、様々な暗殺者がホテルに集結する。
FBIは暗殺を阻止できるのか・・・。

豪華キャストのオンパレード!
ライアン・レイノルズ、アンディ・ガルシア、ベン・アフレック、レイ・リオッタ、ピーター・バーグ、クリス・パイン、ジョエル・エドガートン、アリシア・キーズ等々。

本作は、他の作品なら有名俳優でなくてもOKな役も、本作は惜しみなく有名俳優を起用してます。
それでなくとも登場人物が多いのに、有名俳優が演じているので変に誰もがキーパーソンに見えてしまい、軽く混乱させられます。

「あの人が演じているから、きっと何かある」と思ってしまうのは、映画ファンあるあるのような(笑)
全く映画ファンでない人が観たら、そう難解ではない作品でも、映画ファンは変にキャストを知っているので逆に引っ掛かるんでしょうね(^▽^;)
ニュートラルな視点で観るのも大切かもしれませんね!

この様に本作はキャストにある意味「騙され」穿った見方をしてしまったので、イマイチよく分からなかった所もあるのですが、なかなか面白かったです。

個性的な登場人物が多く、クライマックスのホテルでの銃撃戦は見応え抜群!
別のホテルからのスナイパー目線が加わる事で引きの映像もあり、別フロアそれぞれの銃撃戦もあり、なかなか凝った見せ方をしています。
個人的にかなり好みの銃撃戦でした( •̀ᴗ•́ )b

最初はコメディタッチな感じも見られ、このテイストで行くのかと思っていたが、ラストにかけどんどんシリアスになっていく。
エンディングも凄く私好みでしたね。

で・・・ここまで初見の様な口ぶりでしたが、本作は前に観ていました(^▽^;)
観ていないと思ったのに、観ていた。
これも映画あるあるですよね〜(笑)
たぶん私、最低2回は観ているはず(><)
ガンアクションが大好きなので、この手のは気を付けないと、記憶にないだけで観ているのが多いのです。

でもまぁ映画ってのは、観る時で印象や感じ方が変わりますから、同じ作品を何度も観るのも良いものです!
何度観ても駄作ってのもありますが( ´ノω`)ヒソヒソ

人物の掘り下げ方が少し弱いけど、わりと楽しめる作品だと思います。
MarkもClipも少ないですけど、私はオススメします(^-^)/

ライアン・レイノルズが凄くカッコイイんだから!
Yuk1

Yuk1の感想・評価

3.0
Yeah, God damm. Crazy motherfuckers up there.
(ああ、ちくしょう。イカれた奴らがきやがった。)

-Darwin Tremor
simon

simonの感想・評価

2.5
吹き替え
前半は暗殺合戦の楽しい映画かと思ったけど中盤以降くっそつまんないエモーショナルな音楽と展開
つか

つかの感想・評価

3.1
キャラの魅力は相当あったけど、もう少しずつ活躍を見たかった。見終わった後の印象が薄かった。
振り切ってストーリー性無くしても面白そう。
れ

れの感想・評価

3.0
普通。
設定良さげなのにキャラ多すぎてよくわからなくなる。
アホなので最後もんんー?てなった。
銃撃戦は好き。
「ロックストック系」ー登場人物が多く序盤ややこしい。けっこう面白かった。
あ

あの感想・評価

3.3
変態いかれたクリス・パイン◎
いかれたタラジ・P・ヘンソン○
ラストのライアン・レイノルズ◎


本当に副題通りだった。

多すぎな上に更に個性も強くて、お腹いっぱい。
エレベーターでの打ち合いシーンも多すぎ△
レイノルズ、アフレック、ガルシア、エドガートン、パイン、リオッタ。しまいにはアリシア・キーズって、どんだけ豪華なメンツっ!今までどこに隠れてたのって感じです。
「暗殺者がいっぱい」っていう副題はどうなの?って思いましたが、曲者だらけ多種多様の暗殺者が1人の命を巡ってドンパチ×2。
あの人が意外と早く死んだり、ラストちょっとした意外な事実アリでなかなか楽しめました。
やばー!
これやばー!!

オールスター感謝祭?
豪華海鮮丼特盛?
ビュッフェ食べ放題2時間制?
あ!大乱闘スマッシュブラザーズか!?

どんだけ豪華なキャスティングなんすかー!?
てんこ盛りにも程がある!!胸焼けして吐きそう…。

●デップー、ライアン・レイノルズ
●貫禄出ました、アンディ・ガルシア
●今やバットマン、ベン・アフレック
●今回はイカレ役、クリス・パイン
●髪型くそダサおバカ役、ジョエル・エドガートン
●お久し振りです、ジェレミー・ピヴェン
●よく拝見してます、レイ・リオッタ
●この人もよく見る、コモン
●まさかの歌姫、アリシア・キーズ

ラスベガスのマフィア首領スパラッザが、ファミリーの後ろ盾を利用して凶悪犯罪に手を染めた人気マジシャン、イズラエルに100万ドルで暗殺を命じたという情報をFBIが入手。100万ドルを目当てに各地から暗殺者達が集まり、やがてFBI、マフィア、暗殺者達の武力闘争が勃発する。

ーー 暗殺者がいっぱい ーー

おっぱいがいっぱいとか、太陽がいっぱいみたいに言うな!

登場人物が多過ぎてこんなん覚えられませんよー。
暗殺者達もクセが強めのグループが複数で、ホテルの最上階(ペントハウス)に全員集合してドンパチしまくる!

あ、これは祭りだ。頭空っぽでヒアウィーゴー!と楽しんでたのに、ラストでどんでん返しという名の濃いめのデザートが用意されててなにこれ面白い!!

終始誰の目線で観ればいいんだか…とっ散らかり過ぎの印象は否めず、最後の最後で「あ、ライアン・レイノルズ主演?」と気付く始末。

でも個人的には好きな部類。

これだけしっちゃかめっちゃかで皆ほぼ死んでるのに、続編もあるなんてどうやって繋げるんだろう。興味津々。
>|