シャルロット・フォー・エヴァーの作品情報・感想・評価

シャルロット・フォー・エヴァー1986年製作の映画)

CHARLOTTE FOR EVER

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.1

「シャルロット・フォー・エヴァー」に投稿された感想・評価

タニー

タニーの感想・評価

2.0
他人同士だったら「あ〜、こういう親子愛もあるよね〜」って思いながら観るだけだけど、本当の親子同士だから少し気持ち悪かった。
いくら演技だとはいっても。
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.0
酔いどれ親父が綴った、哲学的文学的散文的な危ない父娘の日常。
若しくは、セルジュ監督による「俺様凄い、娘も凄いだろ」映画(笑)

「眼に入れても痛く無い」とか「猫可愛がり」「溺愛」とか言いますが、まさしくソレを見せつけている作品。

全てのシーンが家の中と言う限られた場所で展開して、ストーリーらしいストーリーや人間関係に対する具体的な説明が殆ど無い。
その為、ソレらを台詞の遣り取りから読み取るしかないので、訳が解らん(笑)

唯一の外のシーンは回想の事故場面。でも、アノ規模の事故では生存者が居ないはずでは?

『小さな泥棒』同様、シャルちゃんの生パイが拝めるのが救いです(笑)
これって児童虐待でしょ。自分の父親にこんな視線で見られてたら心壊すよ。でも父親が変態だから仕方ないよね。。。確かセルジュゲンズブールは自分の子供に対しては教育熱心で厳しかったと記憶している。自分自身が破天荒だと子には厳しくなる典型。
ぶぶこ

ぶぶこの感想・評価

4.5
お父さんであるセルジュが娘シャルロット相手に好き放題やってる映画です(笑)。でも、セルジュの作る主題歌とかがかっこいいんだよなあ。
yum

yumの感想・評価

3.0
内容はちょっとどーなの?って思ったけど、当時はこのフレンチロリータがたまらなく可愛かった。
Machy

Machyの感想・評価

3.0
公開当初はこの親子って何なんだ?&シャルロットが好きになれなかった。大人になってからのシャルロットは好きです。なぜだか、フランスでもそういう人がいるって。
植物

植物の感想・評価

-
妄想を散文的に並べた感。

思春期のシャルロットの醸し出す幼さと大人びてみせる表情の危うさ。この時期だけしか撮れない魅力をフィルムに残したい、とゆーのは理解出来るのだが…性的で暴力もあって だらしなくて。自分の娘にそれやらせるのかよ、と呆れる。

私は入りこめなかったなあ。
のん

のんの感想・評価

2.5
なまいきシャルロットに続いて
昔に鑑賞。

これは実の父親が監督、そして共演。


アル中の父とその娘のシャルロット。
母は父と同乗してた時の交通事故で亡くなるのだけれど、そのことでシャルロットは父への憎しみも持っていたような。
一方父親はシャルロットへの近親相姦的な愛を持っていて……

当時はかなりひいた。
今観たらどうなんだろ。
音楽、脚本、出演、監督セルジュ・ゲンズブール。
出演、実の娘のシャルロット・ゲンズブール、他
オープニングの曲「シャルロットフォーエヴァー」から鳥肌。キモい。
obao

obaoの感想・評価

2.5
on DVD.
必要以上に暗い画面、台詞は下品と卑猥のオンパレード。
そして、15歳の我が娘 シャルロットを裸にするという…セルジュ・ゲンズブールのセンスがよくわからない・・・な。
80年代らしくはあるのだけども。

ナボコフの「ロリータ」をささやきながら絡みつく実の親娘。近親相姦をほのめかすかのように・・・。

しかし、セルジュ・ゲンズブールは自分のことを色男と思っているのだろうな(以前観たドキュメンタリー映画では「自分は醜男」だと言っていたけど…)。

もう、すごく眠たかったです。
>|