007/ダイ・アナザー・デイの作品情報・感想・評価

「007/ダイ・アナザー・デイ」に投稿された感想・評価

babylon

babylonの感想・評価

3.0
今回の敵は北朝鮮だが、戦いの舞台のメインがアジアの外なのが良かった。
なち

なちの感想・評価

3.2
ダニエル・クレイグ以外のボンドを始めてみたけど、あんまり‥?
時々シュールな笑いが入ってくるのが新鮮。笑
残念ながら何故かハラハラ感が全くないが、アクションシーンはまぁまぁ面白い。

オープニングで、ボンドが商人に扮して敵地に乗り込むのだが、顔の照会でスパイとバレるシーン。少しは変装しろよって思うのだが、007シリーズでボンドが変装しないのはルールなんだろうか。

あと、よく14ヶ月も殺さずに食事を与えて拘束してたなとか、さっさと殺せばいいのに銃や刀を突きつけてしばらく会話するのはなぜなんだとか(007はこのパターンが非常に多い)、そういう細かい事を考えず、単純にアクションを楽しめば良いのかもしれない。
「007」シリーズ22作品一挙放送

(2010年3月・4月 WOWOW)
tonnt

tonntの感想・評価

3.0
ピアーズ007は全作品すき。

ロジャームーアよりおふざけが過ぎてなくショーンコネリーよりちょっと色男感出過ぎ…
ハルベリー有名なりたてくらいの時期?
ストーリーとんでた。
いきなり14ヵ月も監禁されるボンド。斬新!
ピアース・ブロスナンのボンドでは一番規模がデカくて面白い
初めて007を見た。やはりスパイ映画に小道具は欠かせませんね。楽しませてくれました。
ピアーズ·ブロスナン···紳士です。でも夜食はセックス、朝食は殺しって😌

このレビューはネタバレを含みます

歌はかっこいい
若干スローにみせる同じ演出5回くらいやってるストーリーもチャージマン研なみのめちゃくちゃ設定
終わり方も弱すぎ
ブロスナンもハルベリーもかわいそう
ピアースのボンドの中ではWorld is not enoughとおんなじくらいアクションシーンも見どころあって、アストンのヴァンキッシュでの氷上カーチェイスも唯一のボンドのロングヘアーも見れて、時代背景をしっかり捉えてるストーリーも見応えあって面白かった(笑)
今作がピアース・ブロスナン主演の最期の作品になりますが、マニーペニーやQも最後になるのが残念ですね
ダニエル・クレイグに主役が変わってからはマニーペニーが、登場する事が無いですからね

この作品は2000年以降の作品の為かボンドカーが急激にハイテクになってるのに驚きです。ミサイルやマシンガンは今までも付いていましたが、カモフラージュはビックリですね

今回は最後の巻き込まれる部分も含めて映像に力を入れたのかなぁと思いもしましたが、電気が流れるシーンは残念な感じですね

ただ、個人的にはピアース・ブロスナンの007が1番好きですね。下ネタを言う007にはちょっとイメージが合わなかったけどね

2019年1月9日 26作目
スターチャンネル 字幕 録画
>|