007/サンダーボール作戦の作品情報・感想・評価

007/サンダーボール作戦1965年製作の映画)

THUNDERBALL

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.4

「007/サンダーボール作戦」に投稿された感想・評価

塩犬

塩犬の感想・評価

3.6
アクションシーンに進化を感じる。
4作目でアクションシーンに早送りとか撮り方を変えているのか以前よりスピード感と迫力を感じた。水中戦でのスパイアイテムは小型ボンベが1番スタイリッシュで好き。他のスパイ作品でも小型のボンベって出てくるけど、これが初めてかな?今回も次々とQの秘密兵器を壊していくスタンスなボンド。潔さに感嘆(笑)。
頭がきれるようできれない今回の敵はスペクターNo.2。大掛かりな作戦はいいとして、詰めの甘さが目立ってしまう少し残念な敵。ただ、今回は女性の敵も出てきて前作とはまた少し違った印象。女性に優しいボンドもそのしつこさに「君の顔にも慣れてきたよ」とこぼすシーンはボンド的に愛想が尽きたってことかなぁとか思ったり。
今回はMI6が窮地に追いやられて、上層部に少し冷たい扱いを受ける所がなんか最近のスパイ系あるあるな印象。
最後のシーンは先生助けたげてよって強く思いながら見てました。
007第4作目。スペクターに奪われた核爆弾を取り戻すお話。

前作から登場したボンドカーやロケットベルトとかいうリュック状の
ロケットをしょって空飛んだりと秘密兵器が続々登場しますけど
使うのは冒頭だけで残念。
本筋に行くまでが長くちょっと退屈でしたが、最後の水中戦は
いろんな意味ですごかった。海の中で大勢の人が大乱闘してて
さらにはサメまで登場したり、あれどうやって撮ったんでしょうか。

悪者の家のプールにサメを放し飼いにして部下がヘマをしたらその
プールに放り込みエサにされるという漫画やら映画でよく見るシーン
ですが、この映画が元祖なんですね。
オープニングから007らしさ溢れるアクションで幕を開ける4作目。

バハマが舞台なだけに、水中アクションの多いこと多いこと。
本物のサメを使ったシーンもあり、ショーン・コネリーもマジで身の危険を感じた程だったとか。笑
相変わらず王道の娯楽作として十分楽しめる作品です。
50年も前の映画とは思えない、どんどんお金もかけて来てる感満載。ボンドの衣装は、半分位水着かウェットスーツ、こんなにカッコイイ生き物いませんわ♡
007シリーズといえば、サメプールですね。今作ではスペクターのラルゴが自宅にサメプールを持っています。ボンドとサメが一緒に泳ぐシーン(実写)もあります。何気に凄いです。
ガジェットも満載で、『ロケッティア』みたいなジェットパック、防弾用鉄板付きのマフラーから放水する車、ロケットランチャー付きバイクなど盛りだくさん。でも一番活躍するのが超小型酸素ボンベなのはどうなんでしょうか。
『オースティン・パワーズ』のせいで、スペクター関連は全編ギャグにしか見えません。あの映画の罪は重いです。それにしても、ブヴァール大佐はあんなにしっかり女装する必要あったんすかね…?
昔は気づきませんでしたが、下ネタがかなりキツイですね。女性に対して”irrigator”とか、そりゃボンドは女性差別主義者って言われますし、翻訳も出来ないですね。
これだけサメが出るんならもうサメ映画でいいんじゃないでしょうか。
o

oの感想・評価

3.1
シリーズ第4作。

目玉は水中アクション。すげーなーと思うけど、そんなに興奮しない。
映画館で観たら楽しそう。
それにしてもボンドガールは美しいし面白いです。
007今作は水中が舞台。

最初っからガジェットが最高。ボンドカーやら空飛ぶのとかわくわくしてきますよ。

しかしなんといっても見所は水中での戦闘シーン。あそこは斬新。

そしてボンドガールが美しい。
からの最後の救出シーンは最高!
1965年公開の『007』シリーズ第4作目。
ショーン・コネリーがジェームズ・ボンド。

「Turkish bath」と書いてあったから。
英語でもそういう意味があるのかと調べてみたら、

 トルコ風呂(Turkish bath)は、別名ハマム(hamam)と呼び、
 徐々に温度が高くなっていく一連の蒸気室を経てからマッサージに受け、
 最後に冷たいシャワーで締めくくる入浴法

との説明があった。期待してしまったぜ。

「See you later, alligator.」を訳すとしたら、
自分だったら「バイバイキーン」かなあ。

ラルゴが「船に原爆はもう一つあるんだ」と言っていたが、
船は大破したのであの辺りは放射性物質でまみれているのか。
もしそうだとしたら、全然ハッピーエンドじゃなくない?
Kazumaru

Kazumaruの感想・評価

3.3
メインが海で後半のアクションは殆ど潜ってるような感じ
この時代に大規模な水中撮影はすごい!

早送りのアクションとかところどころ笑ってしまうようなところもあるけど、
そこも時代感じられるし良かった
(吹替え)
りと

りとの感想・評価

3.4
ラストの船内戦が明らかに早回しでもはやコメディの域。
ごめんなさい。盛大に笑いました。殴り合いながら、ボンドと敵のラルゴが交互に船の操縦して岩を避けてるし、コンビネーション抜群か!!笑笑
そして、救世主のおじさんを置いていっちゃった!!
おじさん、あの後どうしたのよ!
ひどいよ、ボンド!!
>|