007/ドクター・ノオの作品情報・感想・評価・動画配信

007/ドクター・ノオ1962年製作の映画)

DR. NO

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.3

「007/ドクター・ノオ」に投稿された感想・評価

dpunch

dpunchの感想・評価

3.5
栄えある007シリーズ第一弾!
遂に長い旅路のスタートを切ってしまいました!

どうやら小説ではこの「ドクター・ノオ」は1作目ではないみたいなので、本作のセリフの中でも前作があったかの様な言い回しがちょっとだけありましたが、何よりショーン・コネリー版ボンドがガッチリイケ渋なダンディボンドでカッコいいですね!

冒頭突然始まる殺人事件から物語に惹き込まれ、お話しの中ではありますが「スペクター」が出てきたりして結構古い作品なのに見応えアリです。


カーチェイスでのショーン・コネリーのアップのとこだけがいかにもな合成な感じがちょっと残念ではありますが、それはそれで時代を感じられるそんな一品でした。
2020/04/18

大人気007シリーズ第1作。ショーンコネリー演じる英国情報部員ジェームズ・ボンドが、世界制覇を企む悪の秘密組織に立ち向かうスパイアクション!

アメリカが打ち上げた実験ミサイルが、何者かによって電波妨害により墜落する事件が発生。CIAはイギリスの対外情報部MI6と協力し、事件捜査に乗り出す。しかし、ジャマイカで捜査にあたっていたエージェントが行方不明となり、これを受けMI6の部長Mは殺しのライセンスを持つコードネーム「007」ことジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)をキングストンに派遣する。現地に到着したボンドは、度重なる攻撃を受けつつも助手らに助けられ捜査を開始、行方不明となったエージェントが、警戒厳重で上陸できないクラブ・キー島を調べていたことを突き止める。この島のオーナーは謎の中国人ドクター・ノオ。調査のため、竜が出るという噂に地元の漁師たちが怯え、そして上陸した者は誰も帰ってこないと言われる島への上陸を敢行するボンドたち。しかし、海岸で貝殻を拾いに来たという若いアメリカ女性ハニーと出会い、一緒にいるところを敵の偵察隊に見つかってしまう。


杖をって歩く3人の男。


英国人クラブ会員専用

連れ去った。

そんな格好であたしをデートに誘ってくれたことある?どうせあたしは問題外よね。

とんでもない。うっかり政府の所有物に手を出したら出したりしたら、軍法会議にかけられる。ちゅ

その一言で騙されちゃうんだから、女って浅はかね。


君は一体いつ寝るんだね?
寝ません、勤務中は。

ポンコツベレッタ。

10年使った。百発百中。
前回、弾が出なかった。

00ってのは殺される番号じゃなくて殺しの番号だぞ?

ワルサーを使わせる。
ワルサーPPK←

ベレッタを、持っていこうとする。

ワルサーの箱を置いていく。

ユニバーサル貿易のジェームズ・ボンド。
お相手は迎えは送ってないのに、来てた。

なのに、乗ってく。

一服吸わしてくれって言って、たばこをとりだし...

青酸カリ煙草。

髪の毛をクローゼットに貼り付けた。

クォレルのところへ。
裏で話すって一緒に行くが、ナイフで脅してくる。
からの、

フェリックス・レイター。
協力者だった。

デント教授のところへ。
何か隠してて、ボンドにはテキトーに答える。

テーブルには毒グモ。
それを使えって。

部屋に帰ると、髪の毛を確認。
無くなってた。
机の上のお酒も疑い、引き出しから出したのを飲む。

夜。
目を覚ますと、クモが這ってきていた。
枕に映った瞬間にスリッパで叩く。
音楽とリンクしてた。笑

そっちからいいですか?

秘書に声をかける。

島を案内してくれないかな?

こういう時、レディーの心得としてなんて言えばいいのかしら。

もちろん、YES!

それじゃ、はしたないわ。

じゃあ、15:00にホテルへいいね?

ヘボ学者か嘘つきか。

迎えに来てくれないかしら?

車を走らせていると、追いかけてくる車が。
工事してて、止まりきれず、崖の下へ真っ逆さま。

地獄へ逆落としだな。

キスして、タオルの匂いを嗅ぐ。
エロいな。

スリルに生きてる女は目が輝いてるね。

どういう意味?

濡れ髪は風邪の元、ご用心ご用心。

いやん。セクシー。

タクシーを呼ぶ。

警察からのお迎えだよ。よろしくね。
あ、そうそう、マニキュアが剥がれないように、ご用心。

唾を吐かれる、ジェームズ・ボンド。

部屋へ戻り、セッティング。
椅子に座って待つ。

1人でトランプしてたんか。

サイレンサーってすごい!

カニガシマはピクニックランドだぞ?骨休みできる。
女がいないからか?
そう、女は嫌いだ。

歌で起きた。
美女が貝拾い。

その美女はハニー・ライダー。

貝殻はマイアミで50ドル。

そこへ警備艇が。
撃つだけ撃って、〝またくるぞ!〟

竜の話。

隠れ家もある。すごいな。

忍者がやる、筒で息するアレ!

ノウは敵。
お父さんは殺された。

大家さんに家賃はいらないって言われたけど、毎晩部屋に来て...毒グモで殺した。

からの、竜がきたぞ!

ディーゼルエンジンで動く竜なんて、子ども騙しもいいとこだ。

部屋に通された。

何かご注文がございましたら、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ。

ロンドン行きの切符はある?

隠しマイクの存在を教える。

まるで監獄ね。
監獄としちゃおそらく世界最高だ。

コーヒー飲んだら、おやすみタイム。

からの、夕食へ。

あんたも手に汗をかいてるじゃない。
俺だって人間さ。大丈夫、美人は守ってみせる。

ドクター・ノオ登場。

クジラを気取るイワシか
カニが島の主人にそっくりだな。

ドライマティーニ。
ウォッカで。

ナイフ

スペクター。
テロ、復讐、スパイ活動、脅迫を専門とするエリート集団。

優れた犯罪者の頭脳こそ偉大。

金網には電流が。ビリビリしちゃうジェームズ・ボンド。
しかも、そんな簡単に壊れるんかい。笑

妨害電波を出す部屋に侵入。

成り代わって、阻止する。

中国人は危ない液体の中へ。

彼女を救い出し、外へ。

大爆発。

ロープで引っ張ってもらってたけど、ロープは手からすり抜けて、2人でイチャイチャ。
かねこ

かねこの感想・評価

3.0
記念すべき007第1作目。
有名作品だからか、58年前の作品なのに画質も超綺麗で、まるで最近作られたような輝き✨

ここでの評価はあんまり良くないらしい。
そりゃあ現代のあの凄いアクション観たら昔のなんてショボく見えるのも分かるけどね、、、アクションはせいぜいカーチェイスと、ラストシーンくらい??身体で動くというよりかは頭を使うボンド。最近のものみたいに電車が突っ込んだりはしない。

ショーンコネリーはマーニー以来。
マーニーを先に観ておいて良かったかもしれない。007を先に観ると多分そのイメージしかなくなる😅
とにかく女性に優しいボンドがカッコ良すぎる〜!!女たらしというほどひどくなかったような。ダニエルクレイグのボンドも好きだけど、ちょっとユーモアさもあるこっちのボンド好き。

スパイ映画なだけあって、常に人を疑いながらハラハラする展開。この人敵なの?味方なの?みたいな。でも、ボンドは全部気付いてて観ていて気持ちいい展開!
罠にかかっても全てを倒すボンド!
最後ボス倒した時はあっさりしすぎてたけどね、、、。あとロケットとの関連がよく分からなかった😅次は2作目を観ます。
KT

KTの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

記念すべき1作目。
アクションにそこまで派手さはないが、手堅いイメージ。
T

Tの感想・評価

-
かっこいい
毒蜘蛛を目の敵にするシーンは必見
劇団ひとりのかっこいい自己紹介のサンプリングネタはボンドだったのかあ
タイトルバックの女体シルエットは、この頃まではまだ服を着ていました。つーか、この1作だけは。

一服盛られてて当然のコーヒーを素直に飲んじまったり(監禁先やで)、必死のパッチでスリッパで毒蜘蛛を叩き潰したり(ゴキブリ退治してるヨメみたい)、およそスパイらしからぬポンコツ描写がご愛嬌。

葦の枝で水遁なんていう仮面の忍者・赤影みたいな術や、中国人の仲居さんが出てくるだけでコント臭が漂うなど、勘違いオリエンタルな要素で画面が一気に安っぽくなるのが哀しい。

悪役は知性のカケラも感じられない日和見なタダのコソ泥だし、そもそも全然強そうじゃないし(義手で空き缶潰してアピールされてもなぁ)。

原作がシリーズだったから何とか2作目に繋がって、そこから傑作が続いたから、原作が切れても長寿シリーズに化けた訳だけど、これ単発だったらこのまま終わっていてもおかしくはないレベル。

まだそれほどキャラも方向性も固まっていなかった時期なんだろうけど、「秘密基地はかくあるべし」というフォーマットだけはしっかり確立された模様。天井高くてダダっ広くて、それっぽい計器が並んでて、没個性なオペレーターがいっぱいいて、水槽があって。そこにサメが泳ぎ始めるのは、まだ先の話。

いずれにせよ、いろんな意味で後世の様々な映画に与えた影響の芽が感じられるので、見ておくだけの価値はあるかも。

あと、クソどーでもいい話だけど、「ドクター、ノー」って、「先生、ダメ、やめて」みたいなエッチなニュアンス?
★★★liked it
『007/ドクター・ノオ』 テレンス・ヤング監督
Dr. No

第1作目
ショーン・コネリー as ジェームズ・ボンド

派手なアクションないけど
ショーン・コネリーめちゃいいな

”ボンド、ジェームス・ボンド”
スパイやったら本名で自己紹介したらあかんやろ

movie clips: http://j.mp/1k6jC3x
今尚続くエンタメ映画の金字塔「007シリーズ」の第1作目です。
冒頭、あの有名なテーマが流れウキウキワクワクするのですが、やはり昔の映画。アクションは退屈だし、そもそも銃の発砲シーンはみんなサイレンサーをつけているので迫力もなしです。
ストーリーもぐちゃぐちゃでボンドは寄り道ばかり。各地で女を抱くだけのイケオジです。大したことしているわけじゃない。
脇役の演技も大根だし。

公開当初は映画誌などからは酷評だったみたいですが、全く同意見ですね。
しかし、ここから伝説は始まったわけですから、評価は3.0にしておきます。期待値こみです。
Satoko

Satokoの感想・評価

2.6
まぁまぁ。あんまりガジェットがない。ところどころミスタービーンにみえた
ショーンコネリーめちゃくちゃかっこいい、防護服着てたときのあたふた感のギャップ
毒蜘蛛戦よりあっさりしていたドラゴン戦とドクターノオ戦
ドクターノオ、カンフー着に鋼鉄の両手はビジュアル良すぎ
>|