007/リビング・デイライツの作品情報・感想・評価・動画配信

「007/リビング・デイライツ」に投稿された感想・評価

今回の007は内容も良かった!久しぶりに!!急に方向転換しすぎ?笑

ティモシー・ダルトンのボンドがめっちゃいい。思ってたより、、すごい好きかもしれん。とにかくクールで落ち着いてて、影のある感じがカッコよくて堪らん。

カーラ役の女優さんもすごく綺麗。おっちょこちょいのレベルが違かったけど。

シンプルに次も期待できます💪
ティモシー・ダルトンさん1作目。
あれ、こんなに面白かったっけ?😲

何となく硬派でエンタメ性に欠けるイメージがあったんだけど、全然そんなことない。

基本の007フォーマットは踏襲してて、
ボンドカーはフル装備だし、
ガジェット効果的だしQは元気だし、
マネーペニー美人だし(バリーマニロウ笑)、
雪山チェイスはあるし(ソリが‥)、
世界各地🇬🇮🇨🇿🇲🇦🇦🇫を巡ってるし。

加えて、
若返ったぶんアクションはキレッキレ
いかにもスパイ映画なストーリー
全編に押し出されるダルトンさんの顔の圧

いやほんとに、
こんなに面白かったっけ?🤣



▽おまけ(長いです)
重要な脇キャラ、ソ連のゴーゴル将軍退場。
『私を愛したスパイ』でKGBスパイのアマソワ少佐の上司として登場以来、ソ連の穏健派重鎮として毎回存在感を示してくれました。
まさにデタントなキャラ。

今作で「プーシキン将軍はゴーゴル将軍の後任で、ゴーゴルは外務省に異動した」と説明があったので、ああゴーゴルさん退場したんだなあと思ってたら、なんと1シーンだけ登場してくれました。挨拶かな。
なくに

なくにの感想・評価

3.3
雪山出てくると007感が強く感じる。
チェロケースでスキーするシーンは良かった。
ティモシーのボンドはギラギラさと爽やかさの塩梅が丁度いいわね。
あとボンドガールがシリーズの中でもかなりの美人だと思った。オーケストラのシーン多めで好き。
007シリーズ15作目。Helloティモシー・ダルトン。マニーペニーも遂に交代...若くて色っぽい美人へ。チェロ奏者の美女とアフガニスタンへ。少し真面目な路線に戻った感じ
記録

ティモシー・ダルトン初作品。
ムーアボンドと違い、とてもシリアスな
展開。ボンドがとてもおしゃれで
しっかりとアクションもある。
シリーズの中でかなり好きな作品かも。

カーラ役のマリアム・ダボが
めっちゃ綺麗。

新しいマネーペニー若いなぁ。
前回ほどふざけたアクションシーンはなくて、コメディ要素が減ったけど、内容は面白かった。マジであんな色んな女を抱けるボンドが羨ましい。
先にティモシーダルトンの2作目を観たせいか彼の演じるボンドはあまり好みではなかったが、今作はなかなかの良作。少し長すぎて眠たくなる部分もあるが、アクションも構成もしっかりしていて、女性想いのボンドの性格がちゃんと描かれている。
「君の演奏を聴き逃すと思うかい?」
1人の女性しか愛さなかった点も魅力的
mihokideux

mihokideuxの感想・評価

4.0
「次はバイオリンにしろ」で笑った笑
ティモシーダルトンの顔が好きすぎる。
巷では時代が早すぎたシリアスボンドです。

確かに1作目から観ていると、急な方向転換の割にはインパクトは少ないかもしれません。

でもちゃんとアクションもパワーアップしてるんですけどね。
それほどロジャームーアの存在が大きすぎたのでしょう。
2020/9/22
BS-TBS
監督 ジョン・グレン
日本語吹替え版
>|