XYZマーダーズの作品情報・感想・評価

「XYZマーダーズ」に投稿された感想・評価

HDリマスター、読売テレビ版日本語吹替。


タイトルや盤のジャケットからしてホラーなのかと思いきや、なんてことはない。
ただのクソダサコメディー。(先ずは褒め言葉として…)
大量殺人鬼として今まさにこの瞬間にも電気椅子の刑にかけられようとしてるビック。
無実を訴えるためにそれまでの経緯を述べながら回想シーンがスタート。
……いや遅い遅い、裁判で述べえよ。

80年代の勢い満載のまさにドタバタ感が現代にはない…ハイテンションの。。
正直なところ、“ここが凄い!素晴らしい!傑作の極み!”
みたいな部分はないのでめっちゃ期待するだけ損。

監督サム・ライミ。
脚本にはコーエンブラザーズ。
80年代カルト映画チーム。
…といえば「死霊のはらわた」。
…といえば、ブルース・キャンベル も出演。

ブルース・キャンベルのキャラの濃さは「死霊のはらわた」よりも本作ぐらいの出方がちょうどいい。

原題は“Crime Wave”。
犯罪の急増…
邦題の「XYZマーダーズ」とは?

どうやらXYZという名のラムベースのカクテルがあるらしく、アルファベットの最後の三文字であることから、これ以上のものは無い。究極の意味であるとかなんとか。
“究極の犯罪、究極の殺人鬼”

とにかく、劇中登場する主人公ビックたちを襲う殺人鬼コンビをこれ以上はない殺人鬼という意匠をこめてお送りしたかった配給会社の思惑とは、裏腹に本編のバカバカしさに拍車をかけた邦題になっていることは間違いない。

クライマックス…と言えるのか、他の作品ではクライマックスと言えるであろうシーンはハラハラドキドキより、それまでに劇中で培われたアホなピタゴラスイッチのような、バカバカしい展開の頂点なので、ある意味クライマックスのシーンのカーチェイスシーンは、撮影技法に対しての“なるほど”と失笑のせめぎ合い。
観るものに謎の緊張感を与える。

ただ、これはサムライミの技術、持ってる能力による賜物であると確信し、覚悟して観るとそれなり以上に十分に楽しめる。

「XYZマーダーズ」本編86分。
「スパイダーマン3」本編139分。
俺にとってこの2つにそんなに差はなかったりする。
"マジでこれ発見した時は手足が震えましたし、震えすぎてその振動で筋肉痛になりました。" by見つけた時の私

一笑いは頂けましたかね?
とゆうことで、兼ねてより鑑賞したかったサムライミ監督幻の初期作を発見したため、ムキムキウォッチン!

今まさに死刑が執行されようとしている男から語られる嘘みたいなほんとの話。
共同経営者を殺すために雇われた殺し屋が雇い主すら殺してしまったことで芋づる式に関係ない人が死んでいき、主人公が知らず知らずのうちに巻き込まれるお話す。

ほっんとどーしようもないバカ映画でしたご馳走様です。
サムライミとコーエン兄弟の共作で送る珠玉の馬鹿騒ぎ。完全にスラップスティックコメディですのでご安心を。
初っ端から今まで見た事のないスピードで急ぐシスターたち、出方のムカつくブルースキャンベル、最高にだせぇ音楽、そしてサムライミの十八番、ダンス。
ダンスの時のムカつく顔マジで一生腹抱えた笑笑
マジでこの映画のパッケージを見てこの映画に求めるもの全てが詰まっていました。
あーサムライミって健やかに狂ってるなあ🤣

そして何より殺し屋の二人のキャラが最高にキマってる。
ずっと笑ってる巨漢とずっとヘリウムみたいな声してるネズミ男。
どれだけ関係ない奴殺してもこいつらずっとヘラヘラしてて、だせぇ音楽で誤魔化してなければ普通に怖かったと思う。
でもやっぱ映画が映画なので、ひたすらにこいつらも笑える。
全然死なねぇ依頼者の奥さんとの追いかけっこなんか一生やられても笑える自信ある
奥さんの非効率的なドアの閉め方すらツボ🤣🤣

そして謎に力入った後半のアクション。
無駄に本当にやってそうでハラハラするし、なんでこんな映画にお金かけるのぉ?

最高に非現実なライティングも最高で、トムジェリを大人の実写化したかのような無茶苦茶な映画でした。
サムライミ、あんたほんと巨匠だよ。
一生バカやっててください🤣🤣🤣
ネクロ

ネクロの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

女たらしが階段で潰されたり、ギャグ調というかミュージカルっぽい作品でした。
頭のネジが1、2本抜けてる強烈な登場人物達によるブラックコメディー映画


サム・ライミ監督作品で主人公の恋敵役で『死霊のはらわた』のブルース・キャンベルも登場

ライトの演出が『ディック・トレイシー』並にカラフル❗
この80年代にしかない雰囲気が大好きww

特典映像にはTV放送版が収録されていて、レトロな画質・雰囲気のまま楽しめます
この仕様は他の作品にも欲しい!w
チェケ

チェケの感想・評価

3.5
殺し屋コンビのキャラクターは秀逸だし、中島らもがエッセイでほめていたダンス大会のギャグなど面白い部分もいろいろとあるが、全体的には低調だった。
記録

タイトル見て、絶対観たことなるな〜と思ったら、「クリープショウ」と同時上映だったのね。今、サムライミだったと認識。。。
taaaaaaa

taaaaaaaの感想・評価

3.4
Blu-rayを入手したので視聴。
サムライミ×コーエン兄弟。ホラーマニアックス内の一作だったのでもう少しホラー要素あるのかと思ったけどブラックコメディ全振りでした。
記録。
主役を食う名コンビ。

サム・ライミが『死霊のはらわた』の次に撮ったアクション・コメディ。コーエン兄弟との共同脚本。

ちなみに最近のタイムラインで皆さん鑑賞されてるのをよく見かける『ザ・ハント』にも出演してるリード・バーニーが主演ですよ。

冒頭で今まさに電気椅子による死刑に処されようとしている主人公ビック。無実だと叫ぶ彼の回想は波乱に満ちたものだった。

いやこれギャグの応酬が半端じゃない。笑えるかというとそうでもない気がするけど圧が物凄い。

キャラが濃すぎる二人組の殺し屋に牽引されるクドイ程のドタバタコメディが大半を占めるものの、終盤の展開は同時期のアクション映画と比べても見劣りしない盛り上がりを見せる。

本作でぶちかましたコメディ成分がライミの自作『死霊のはらわたII』にも継承されてるような気がするので、彼のフィルモグラフィ上重要な作品なのかもしれない。
方眼

方眼の感想・評価

4.1
1985年”Crimewave”。コーエン兄弟+ライミ。ホラー+漫画。ネズミの乗った妙な車、落ちる植木鉢、ドアを壊して追っかけてくる怪人。おかしなシーンは強烈なイメージを持っている。昔の映画をよく観ている。
全員イカれてて最高!笑
80'sのショボいCGと粗い映像が最高!
昔のワーナーアニメの実写版て感じですね!

車のタバコのくだりは映画史に残る名シーンですね!
>|

あなたにおすすめの記事