ドーン・オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価

「ドーン・オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

久々に観たくなって鑑賞(4回目くらい)
やっぱり、誰が何と言おうと史上最高のゾンビ映画ですわ。
そして、映画としても完璧!無駄なシーンが1カットもなく無駄なキャラが1人もいない。
グロもホラーも人間ドラマも全てあるけど、どれも押し付けがましくなく、クドくない。
ユーモアもある(アンディーの有名人ゲームのくだりが最高)
あとCJが最高

ゾンビが走ったっていいじゃない。
死んでいる人がこんなに頑張ってるんだから、生きている僕らも頑張らなければと思いません?
『ゾンビ映画の教科書のような王道激速ゾンビパニックホラー🧟‍♂️🧟‍♀️』

パニックホラー感をがんばってはいる普通のゾンビ映画🧟‍♂️🧟‍♀️

ちらほら現れる噛みつかれた跡のある患者→暴徒化する人々→気づいた頃には瞬く間に世紀末→なんやかんや籠城はやっぱりショッピングモール→いろんなタイプの性格の生存者達(クズだったり、噛まれたの黙ってたり、SEXしたり)→脱出して別の安全そうな場所まで行きたくなる

1978年の元祖ゾンビ映画『ゾンビ』のリメイクなだけあって超王道なストーリー

うん可もなく不可もなくです👌
コレは文句無しでしょう。小さい頃から何回も観てるね。 大人になった今、鑑賞したけどやっぱり面白い!
ゾンビ映画といったらコレを思い浮かべる人も多いのでは? ゲームや映画のゾンビ文化に影響を与えた作品です。

地上波だと、最後のシーンがうやむやに終わってしまった記憶があったけどDVDではしっかり描かれていて良かった😆
ショッピングモールに向かった人達のお話です。ゾンビ映画です(^-^)

走るゾンビ映画の双璧といえば『28日後』と本作だと思います。

死体が走ることについては、死後なのに生前よりも運動神経良くなるなんてオカシイという意見も多々ありますが個人的には走る死体公認派です。そもそも死体が動くこと自体が常識ではない現象なので体内に残されたエネルギー(アミノ酸とか云々な物質)のことを考えるのはお門違いですし、死体が動くのであるならば『死んでるから 元々心臓動いてない=疲れない 』な解釈で、走るゾンビに行着くのもアリかと思います。

いつでも全力疾走できるゾンビは見ていて絶望感しか感じられませんでした。
運動性能的には 少し前のブラピが出ていたゾンビ映画の方が上なハズなのに、本作の方が圧倒的にヤバく感じるのは それだけ本作が良作ホラーだったのだと思います。

(ブラピが出演していたゾンビワールドなら半日は生き残る自信ありますが、本作はショッピングモールに辿り着かない限り 10分でクタバル自信あります!)

『28日後』や この映画のオリジナルとなった元祖『ドーン・オブ・ザ・デッド』も 本作に負けないぐらい面白い作品でした。

ゾンビ出現率★5
ゾンビの速さ★4
見易さ★3
いやぁゾンビですねぇ!
ザゾンビ映画って感じ!

なんたってゾンビの赤ちゃんが生まれてくるってんだからそれはもーとんでもないパニックですよ!
最も好きなゾンビ映画!
あのロメロのゾンビのリメイクに挑戦し、見事に成功!
これだけで凄い事です。

走るゾンビの走りなんじゃないですかね。
オリジナルを踏襲しつつ、近代的でちゃんと怖い。

怖いだけでなく、ホームセンターでののびのび暮らし、屋上越しの交流、装甲車の作成&突撃と、ロマンに溢れているのも素晴らしい。

ついでに、主題歌が私の大好きなディスターブド。
完璧かよ!
Rikuto

Rikutoの感想・評価

3.3
2018年81本目

ゾンビ、グロ、、エロ。ゾンビ映画の王道。ゾンビ映画の入門編ですねこれは。
CotoCo

CotoCoの感想・評価

3.5
走るゾンビを最初に見た映画かな。走るって怖い!
あと、旦那やられたら私は逃げる気なくすなぁと思ってみてた。
逃げ込むならショッピングモールだよね。やっぱり。
星

星の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

やばいよ!めっちゃ怖かったよ!
特にメニュー画面や、オープニングとエンドロールに入るカットインの目が@@
最初の方は古典的な演出の恐怖心煽りからの大きな音で、わかってるのに心臓がばくばくした。
暗闇でのイヤホンはやめればよかったです。
フランク、アンディ、マイケルの死に方は痛ましかった。希望が目の前にあるのに。

それにしてもゾンビ三原則の掟破り、走るゾンビはめっちゃこわい。アナの夫が車追ってくる時のあのスピード!アスリートか。他の人間見つけて方向変えた時は笑ったけど。

中盤あたりからはゾンビにも慣れてきて、恐怖というよりはスリルでした。手に汗握る感じ。いかに逃げ切るのか!


アナは最初に逃げる時は人間だろうと見捨てたくせに、途中からいいひとぶってるのが気になった。マイケルとの恋愛も含めて。切り替え早すぎないかな?

先頭に立って戦ってた人ほどやられていくのは仕方ないにしても胸が痛む。

笑いあり、涙ありで面白かったけど、映像が怖すぎる。しばらくホラーは観たくない><

そして、フランクの最後の言葉はよかった。胸が熱くなった。うちのおじいちゃんに似てるし。
「最期の時まで 人生は 愛おしい」
そう言える人生をすごしたいなあ。

3 4 5 4 4
感想川柳「自分には これがゾンビの 基準です」


レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)


アメリカのワシントン州エベレット。看護婦のアナは仕事を終えて帰った翌朝、人間たちが凶暴化し、機敏な動きで次々と人間を襲う光景を目にする。パニックに陥った彼女は、夢中で自動車に乗り込み、町を離れようとするが……というお話。

ゾンビ映画の中で一番良くできてると思った作品です。(。-∀-)自分のゾンビ作品の基準はこれです。

内容、アクション、設定の全てがバランスよくて怖すぎず、気持ち悪すぎない作品になっていると思います。( ´∀`)

ただ今までのゾンビと違って全力疾走してくるのでスピード感がありますし、怖さは三割増かもしれません(。-∀-)たぶん初めてゾンビを走らせた作品じゃないかな?

ゾンビ映画は生きてる者同士の人間関係が見所だと思っていて、そこの部分もなかなか良いです。( ̄ー ̄)

この作品後のゾンビ映画にはやたら「オブ・ザ・デッド」が付くようになりましたね。(・ε・` )
>|