ネバダ・スミスの作品情報・感想・評価

「ネバダ・スミス」に投稿された感想・評価

『ゲッタウエイ』(1972)のレビューでも触れましたがマックイーンには追ったり追われたりする役の作品がとても多い。
本作は一作の中でその両方をやってのけています。

インディアンと白人のハーフという設定の青年ネバダ・スミス(スティーブ・マックイーン)。
彼は三人組の男に両親を殺され復讐の旅に出て男達を追跡します。
一方で道中刑務所に入れられて脱獄し追われる身にもなります。

追ったり追われたりする際に仲間と組んでとかチームのリーダーとしてとかではなく本作のように一人でやるという方がマックイーンらしくて好きですね。
スティーヴ・マックイーン主演の復讐もの西部劇。なぜマックイーンがアメリカ先住民とのハーフ役を演じていたのか?復讐もの?と不思議に思いながら鑑賞するも『大いなる野望』という西部劇に出てきたキャラクターのスピンオフだそうで。そんな背景があるなんて今まで知らなかった。
そういう訳でTVの洋画劇場で見て以来の鑑賞。復讐譚として3人の悪人と対峙していくがシナリオが一本ラインなので昔話を見させられているかの様な展開。昔は皆こんな感じだったんだろうけどね。
それはそれなのだが、マックイーンは毎度の事ながら格好良い。所作や身のこなしが軽い。もう見事だったね。
そして本作の魅力的な所は二人も名バイプレイヤーが主演している事。前半の主人公マックス・サンドを助け銃術を教える商人を演じるブライアン・キース。顔が野球のホームベースの様に五角形で体つきもゴツいが表情がなんともインテリ感があるね。
一方で後半、マックスの復讐怯える最後の悪人フィッチを演じるカール・マルデン。独特な鼻で一度見ると忘れられない。ネバダ・スミスと称して仲間に入りフィッチとの探り合いの場面は緊張感あったね。そして早く復讐を遂げろと悪態をつきながら痛みにもん絶する演技は本作の名場面だ。
手放しで褒められる作品ではないが場面場面で面白い箇所がある不思議な作品だ。
kuronori

kuronoriの感想・評価

3.0
「大いなる野望」でアラン・ラッドが演じた、主人公の教育係の西部男ネバダ・スミスの人気が出たので、その若かりし頃のエピソードを描いたスピンオフ映画として作られた西部劇です。
現代劇からのスピンオフ西部劇って珍しい…、というか私は他に例を知りません。
この後、どうなったのか知りたい方は「大いなる野望」をご覧下さいw。
親の仇、三人の悪を追いかけて…西部劇をまとめて観てみると復讐譚が本当に多いのですね。
たぼ

たぼの感想・評価

5.0
久々の再視聴。
マックイーンは良いですね、本当。

“怒りと憎しみの果てにあるのは何か”

人間における感情の哲学も含め、マックイーン自身の生い立ちも重なり本作の主人公ネバダ・スミスをより一層、重みのあるものにしている。

意外と観られてる人数が少ないのに驚きである。
このレビューを見られた方々、これを機に如何でしょうか。
雰囲気だけで見ると古典的な西部劇ですが、素晴らしい名作です。
のん

のんの感想・評価

3.8

3人の男たちに両親を惨殺された少年(先住民のハーフ)が、復讐の旅に出た先々で、西部の流れ物として成長する話。

馬とライフルと数ドルはすぐに奪われ、荒野をさまよってたところを鉄砲鍛冶に助けられる。そして彼に銃の手解きを受け、旅の再開。読み書きを覚えたのもムショに入ったのも女を連れ出したのも全て復讐を果たすため…という、なかなかタフなストーリーだけど後味が良いのはマックイーンが演じてこそかしら。


30代のマックイーンが10代の少年を演じてる序盤は、ちょっとジェームズ・スチュワートっぽかった(私見)のが、次第にリチャード・ウィドマークが混ざってくる感じが興味深い(私見)。

本編とは関係ないけど、マックイーンの食べ方はいつ見ても綺麗。上品というのじゃなくてもぐもぐ頬張って食べてても綺麗。そういえばキスも綺麗だよなぁ。なんだろ。口?w
ネバダ・・・核実験場
昔、何かの本で読みました
過去の西部劇スターたち・・・ガンでこの世を去った人がなんと多いことよ、みたいな
そういえば、スティーブ・マックィーンもそうでしたっけ
ジョン・ウェイン然り、ゲイリー・クーパー然り、ジョン・フォード監督また然り
hepcat

hepcatの感想・評価

-
マックイーンが死ぬほどかっこいい
まさに彼こそ漢の中の漢だと思う

音楽も素晴らしくて風景も素敵だった。
003

003の感想・評価

3.5
人の捜し方も知らない、読み書きもできない、銃の腕前もそこそこだったマックスが復讐したい一心で成長していく姿を見守るマックス成長記だった。獄中の親殺しを自らの手で殺したいがために罪を犯してそこへ行く程の行動力というか強い復讐心に恐怖すら覚える。あと、「マックス」の呼び掛けに全く動じないマックスにめちゃくちゃ感心した。ドキドキしてこっちが反応してしまいそうなぐらい。
結論として、やっぱりマックイーンはかっこいい。
光幸

光幸の感想・評価

3.6
時代が違うからしかたないけどマックイーンにはもっと西部劇に出てほしかった。
>|