英国王のスピーチの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

THE KING'S SPEECH

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

マツ

マツの感想・評価

4.2
不覚にも一回目は寝てしまった笑
元気が出る作品、最後まで見てくださいね。
ライオネル・ローグ役のジェフリー・ラッシュがいい味を出しています。英国王室が舞台なのでお堅いイメージがありましたが、人間味あふれるファニーな作品です。しかしストーリーはしっかりしているので鑑賞後の充実感もバッチリ。好きな作品です。

劇場に観に行く予定で
モタモタしてたらアカデミー賞とってしまい

思ったより混み込みになっちゃったんで・・・DVD鑑賞にした作品。

賞取る前にかなり面白そうと思っていたのですが(^_^*)当時の私には
アカデミー賞取る映画イコール
感覚では自分好みでない事が多かったので…。


よくティム・バートン監督の映画にでてるヘレナさま。
キュートな女優さんで大好きな方なんですが、この役は私のイメージからかけ離れてしまいました。
まあ普通のお芝居なんですけど。


実話からの物語。
実際の王様が吃音で話す事が苦手な事から奇抜な治療を行う言語療法士と共に治療する中でふたりの友情物語。

王様の感じる想いや
苦悩にスポットライトを当てる様な(^_^*)いないよなストーリー。

皆さん優れた役者さんなんで
安心して観ていられる感じですが

私の場合は・・・
期待しすぎてしまいました。

鑑賞当時、
年度末の疲れが祟って一…
という事でセンサー故障かも知れませんが見直しはしてません。

2011.3鑑賞
自分も昔、人前で発表とかする時に吃音のきらいがあったからジョージの苛立ちに共感した。
ファックで切り抜ける映画でした
Minami

Minamiの感想・評価

3.5
男性同士の友情と夫婦の絆が素晴らしい。
成功まで話が長い気もするが、名俳優女優の演技は見てて飽きない
【 頭を空にして 私に向かって言うんだ
私だけに 友人として 】

言葉なき王 ジョージ6世
無資格医 ライオネル
マイクを挟んで向き合う
二人だけのオーケストラ

指揮者は ライオネル
演者は ジョージ
目の前の 友人だけを見る

語尾を上げ 語尾を下げ
ライオネルの
表情による 小沢ばりの指揮

ジョージの 脳裏に
一瞬 よぎったに 違いない
胡散臭いこの男を 詐欺師と罵ったこと
王位にも 平気で口を出してくる
反逆罪だぞ!
それでも 気がつけば
彼の【 治療室 】に居る 自分

二人で踊り 歌い 罵り 飲む
かけがえのない 友人

戴冠式には 家族の席を用意した
二人の友情が ウエストミンスター寺院の
高みを超えた時

ジョージの言葉は
王たる者の 声として この国に 伝わった

【 ウインストン チャーチル
ヒトラーから世界を救った男 】と
セットで観れは より面白いと思う

チャーチルは
言葉を武器に 戦場へ乗り込んだ
ジョージ6世は
言葉を盾に この城(英国)を守った

【 王族の暮らしが嫌だったの
自分の生活が なくなってしまう
でも 思ったの
素敵な吃音 幸せになれそう 】

ハンディがあるからこそ
人の痛みがわかる 強くなれる




コリンファースの演技、、、すごいな

ライオネル役のおじいちゃん、鑑定士と顔のない依頼人のイメージが強すぎて(笑)でもすごかった。
だるま

だるまの感想・評価

3.5
カメラワークとかは普通の映画と変わってるなと思ったが、それがどうしてこういう風に撮ったのかは理解できなかった。
そして沢山の賞を取っているこの映画。
僕には面白さが伝わらなかった。


単純に自身の
観る量の不足といったところか。
Maria

Mariaの感想・評価

3.5
素晴らしい!と思う自分と、
ただのスピーチに対してみんながCongratulations!と拍手するほどのものか?思う自分が半々でいます。

吃音症という、国民を前にして持つべきものではない症状を抱えたジョージ6世、スピーチするのにやっかいな症状をどう治療するのかという物語。

設定は面白いし、専門家に治療を受けているシーンも面白い。

患者とはいえ立場が遥か上の人、殿下に対して物怖じせず言いまくる、そして慣れてきた頃、殿下もFワードを言ったりと…笑
いくら上流階級でもただの人間なんだなぁと思わされた笑

映画の中で気になったのは、やっぱり差別。これはどの出身国に対してもつきまとう事なんだなぁと…。

主演を務めたコリン・ファースさん!さすがの演技ですね。本当上手です。
でもブリティッシュEnglishはやっぱり難しい…

てかよくよく考えたら素晴らしいキャスト陣ですね!
戦争の部分はよく分からないけれど、それを抜きにしたら面白かった!
ピコ

ピコの感想・評価

-
英国歴史政治戦争ものばっか見てるな最近…これも良かった。最後のスピーチはわかっててもグッとくる。ありがとうライオネル。
つい最近見たイミテーションゲームでWWⅡ開戦の国王の放送が流れているのをちょうど聞いたばかりなので、この裏にはこんなことがあったのか…とくるものがあった

ジョージ6世の吃音克服がメインだから、その時代の歴史や世論、イギリスの王室に関してはあっさりめだったけど、とにかく建物とか綺麗すぎるので眼福。ゴチ。
もごる度に見ている側ももどかしくなったし自然と応援してた…てか放送する姿の写真は別撮りというのにジワジワ
ヘレナボナムカーターは独特な雰囲気や代表作ゆえに悪女のイメージが強いけど、普通に良い妻も合っててすごく良かった
>|