ヒトラーに屈しなかった国王の作品情報・感想・評価・動画配信

「ヒトラーに屈しなかった国王」に投稿された感想・評価

yuichi

yuichiの感想・評価

5.0
経験のない身としては
両国の思惑に触れられてまた考えさせられる作品だった。

国王って大変なんだなと…
小依

小依の感想・評価

3.0
今のノルウェー国王のおじいちゃんの話。
心優しい子煩悩なおじいちゃんには見えたけど頼もしい王には見えなかった。
邦題が悪かったね。
映画として面白いか、ではなく1940年4月ノルウェーで何が起こっていたのかを学ぶ作品。
恥ずかしながら知らないことだらけで、ウィキ先生に質問しながらの鑑賞となりました。
①ノルウェーがずっと独立国家だったわけではなく、デンマークやスウェーデンに支配され続け、1905年に独立し主権国家となったこと。その際に立憲君主制を選択しデンマーク王家よりカール王子のちのホーコン7世を国王として迎えたこと。(その系譜は現在もノルウェー王家として存在)
②ナチスドイツは1940年首都オスロにも侵攻し、王家と当時の内閣は地方都市へと避難。
その間に親ナチ政権が樹立し、国王はこの政権を認めずナチスドイツとの交渉が決裂。以後、ノルウェー新政権は数ヶ月のうちにナチスドイツに降伏。王家は王妃(🇬🇧ジョージ7世の姉妹)の実家であるイギリスに亡命。ロンドンから反ナチ運動を支援、鼓舞し1945年ナチスドイツが連合国に降伏しノルウェーが国家主権を回復した後に再度国民からの支持により帰国したこと。
③このときの皇太子オラフはなんとオリンピック金メダリスト。その息子のハーラル5世は母方のスウェーデン亡命ののちアメリカに亡命。ホワイトハウスに居候していた時期もあったようだ。

と、まあ世界史の授業で語られていてもちっとも頭に入らなかったことが、映画なら入ってきちゃうのよね。
閑話休題

作中演出もモリモリ入ってるんだろうけど、ホーコン7世は常に息子の問に答える。
立憲君主制である以上、国王が国家の方針を決めてはならない、それは国王の意思であって国民の総意ではないからだ。それは民主主義ではない。と、息子を諭す。
そんなホーコン7世が一度だけ国王として政治に介入したのはナチスとの交渉を決裂させたこと。開戦すれば多くの国民が命を落とすこととなるが、傀儡政権を受け入れればせっかく独立で手に入れた国家主権を再びうしなうこととなる。この重い選択で悩む数日間を描いた作品。
立憲君主制とは、民主主義とは、主権国家とはが、わかりやすく描かれている。

現国王ハーラル5世が王妃をノルウェー初の民間女性を王室に迎える際に、できるだけ穏便に国民の理解を得るために参考にしたのが、現上皇后美智子様のお輿入れだったそうだ。余談。
もっと余談。現王室の王女の一人が霊媒師と結婚したんだってね。
154-17
ちゃんと最後に脚色たっぷりって断っててくれてよかったわ。💯


屈しなかった結果がもっと描かれてるかと思ったけど、過程ばっかりでびっくり。エンディングの情報量の多さよ😂
機微がわからんと理解に難い…
映画としては結局なんなのよおって感じ🤔


中立国侵攻ってそれだけであかんけども。しかもそれを先に英国がやってたと。事後的にヒトラーはやばいヤツってわかったから英雄扱いされてるんだけど、もしそうでなかったら為政者とっては煙たいヤツでしかなかったろうね…国王も息子ちゃんも……

軍部と外交官の意見の相違がこんなにもあるのかというのは新鮮だった…

兵士たちのかわいい人間的な面も見えてたのが良きだがそれをドイツ兵に対してもやってほしいというか。。。。
Natsuha

Natsuhaの感想・評価

3.4
ノルウェーがデンマークより分離独立して、デンマークから国王を迎えた1905年以降、デンマーク国王はあくまで内政に干渉しない「象徴」としての立ち位置を貫いていた
が、ナチスによる突然の侵略を受け、ナチスに降伏するか否かを迫られる3日間を描いている
「ヒトラーに屈しなかった」という強硬な姿勢というより、軍事力も乏しく、軍備も甘々且つクーデターにより首相の権限も無くなっている怒涛の内政の中、
国王はヒトラーとの交渉に応じない「決断を絞り出した」
といった感じ
戦闘能力が極端に低いノルウェーとドイツ兵の戦闘シーンは胸が痛く、、

歴史の勉強になりました!
lu

luの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

1939年9月1日
ドイツは東方へ生存圏を拡大するために、ヴェルサイユ条約で失ったドイツ領の回復を大義名分とし、ポーランドに砲撃を開始。これが第二次世界大戦の始まり。

1939年9月10日
ドイツ軍はポーランド主力を破り、わずか1ヶ月でポーランド領占領に成功。

1940年4月9日
ドイツ軍が、英仏からの防衛としての介入を理由にノルウェーへ侵攻を開始。

(世界史の窓より抜粋要約)

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

本作は上記の4月9日からの数日間が舞台です。
ノルウェーの国王ホーコン7世は、ドイツから降伏を迫られます。

ヒトラーは国王に直接交渉することをドイツ公使(ブロイアー)に命じ、その密談は執り行われますが、これはホーコン7世にとって信念に反することでした。
ノルウェーは、何よりも国民の声が重視されるべきである民主主義国家です。
そのため彼には、国王が政治に介入してはならないという思いが強くありました。
そして、ドイツからの要求には、クーデターを起こして首相を名乗ったクヴィスリングを認めることが含まれていました。
国王としては、民心を得ていない者を任命することはできません。
しかし、降伏しなければ多くの犠牲が払われることも容易に想像できました。
国王は、兄であるデンマークの国王が降伏したことも耳にし、悩みます。

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

結局、彼はナチスドイツに抵抗することを決めました。ホーコン7世や政府の閣僚はイギリスに亡命することになりますが、国王はレジスタンスを鼓舞するなど、ドイツに抵抗し続け、「ヒトラーに屈しなかった王」として尊敬されているそうです。

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

ちなみに、あるサイトのインタビューで監督が製作のきっかけとして以下の3つを理由に挙げています。
・ドイツのノルウェー侵攻を経験した世代が亡くなる前に、この物語を映画化したかった
・世の中に知られていない物語を語りたかった
・今日、意義あるものをつくりたかった。つまり、国ではなく、自分のことばかり考えている世界のリーダーたちが多いことに対して、自分を犠牲にすることを厭わない国のリーダーを思い出させてくれるような意義あるものを描きたかった。

またインタビューでは、ドイツ人の中には、ブロイアー公使のようなナチスではなかったリーダーがいたことも知ってほしいと述べています。

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

インタビューの回答を読むと、邦題で強調されているような、"ナチドイツへの抵抗"より"国のリーダー像"を主題に置いているような気がします。邦題ではそれは伝わりにくいと思いますが、翻訳者がより"ナチスへの抵抗"に注目したのだと考えると、その時の日本の関心ごとはそっちだったのかなとか勘繰っています。

インタビューを読むまでは、本作は一種のプロパガンダ映画ではないかと疑っていました。(そうかそうではないかはおいといて)
第二次世界大戦後は、ヨーロッパ諸国で戦時中のナチドイツへのレジスタンスが注目されたのかなと思っているからです。(まだ勉強中なので真偽のほどは結論づけられません)
本作もノルウェーのナチスへの抵抗にスポットライトを当てているとも言えます。
ただし、クーデターによって首相となったヴィドクン・クヴィスリングは反ユダヤ主義の親独者であり、彼の政権下でユダヤ人の迫害が支援されました。
監督がドイツ人だけれどもナチではなかったブロイアー公使を描いたように、
おそらくどの国においても、ナチドイツへの抵抗と協力双方の歴史があるのではないかと思います。
これが重要な気がしてます。
屈しなかったというより渋々か

邦題が明らかによくない。ヒトラーに屈しなかったという強い意志よりも
周囲の状況と環境を考慮した結果しぶしぶ抵抗せざるを得なかったという感じであろう。原題通り「王の選択」でよかったのでは。
ノルウェーがスウェーデンから分離独立してデンマークから王の血脈を委譲して成立した新しい国なのだという無駄な知識を得られたことだけが収穫。戦闘シーンは生々しさが伝わってきて迫力あるのだが。
TAKUYAICHI

TAKUYAICHIの感想・評価

4.0
ノルウェー侵攻は、現在のウクライナ侵攻を思い起こさせる。国家を守ること、国民を守ることとはどういうことかを考えさせられる作品だった。
いつき

いつきの感想・評価

3.0
無知な自分が悪いのですが、タイトルから想像したのとちょっと違いました。

ノルウェーの歴史って全然知らなかった。
もう少し勉強します。
期待外れでした。題名から もっと骨太の第二次世界大戦の映画だと 思っていたのに!
1940年なら 世界が戦争色に染まり出した頃でしょう?
なのに 準備せず?国王一家は逃げ回る?
国民を捨てて イギリスに逃げ 帰国して国王?
なんか スッキリしない映画でした。
>|

あなたにおすすめの記事