ヒトラーに屈しなかった国王の作品情報・感想・評価

ヒトラーに屈しなかった国王2016年製作の映画)

Kongens nei/The King's Choice

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ドイツ公使は再度の降伏要求のため、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けることをつきつける。翌日、…

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ドイツ公使は再度の降伏要求のため、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けることをつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命を左右する究極の選択を迫られるー。

「ヒトラーに屈しなかった国王」に投稿された感想・評価

英語以外の言語感覚が鋭ければ、もっと楽しめたかな。字幕でしか分からないのが悲しい。
さら

さらの感想・評価

-
暇つぶしにちょうどよかった
ロイヤルファミリーのオーラなさすぎ

劇場 No.115

北九州の名画座 昭和館で。
(先週末の豪雨で2号館の客席の2列目程まで水が入ってきたとのこと。
でも何とか復旧していて良かった...)
ちなみに同時上映は「ユダヤ人を救った動物園」でした。

1940年4月、ノルウェーのオスロは、ナチスの侵攻を受けていた。
これに乗じて、親独のクヴィスリング率いる国民連合が新政権を樹立し、ナチスの要求を受け入れるように呼びかけるが、これに真っ向から反対したのが、当時の国王ホーコン7世だった。

物語は、閣僚たちとともにナチス・ドイツの進撃をかわしながらも、「すべては祖国のために」を信条に抗う王の様子をドキュメンタリー・タッチで展開していきます。

今回は本当に勉強になりました。
映画は時に、普段知ることのない他国の歴史についても教えてくれますね。
もっと世界史勉強しとけば良かった...

主人公のホーコン7世は元々はデンマークから招かれた王で、兄はデンマーク王室クリスチャン10世。
そして、兄の方は、ヒトラーの要求を受け入れていたというのも興味深いところでした(後で調べたら、兄のデンマーク国王も消極的な抵抗をしていたみたいです)。

また、ドイツ公使ブロイアーの存在も、本作では重要な役どころ。
徹底抗戦の姿勢を崩さない王に対して要求を受け入れさせるようにと、ヒトラーから直々に命じられ悪戦苦闘するのですが、どこか中間管理職の悲哀を感じました...(人の良さそうな感じだったんで、特に...)
上司があれじゃねぇ...生きた心地しないよ。

もちろん結末は邦題の通りなのですが、一つ気になったのは、王がヒトラーの要求を兄のように受け入れていたら、自国民への被害が大きく出ることがなかったのでは...?ということ。

王の屈しなかった姿勢へのノルウェー国民の評価を知りたいと思いました。
miyu

miyuの感想・評価

3.6
フィルマのゆうちゃんが
確か…

ヒットラーに屈しなかった国王→ウィストン チャーチル→ダンケルク→人生はシネマスティックの順番で見たら、良い〜🍀
って おっしゃってたんですが…

時代背景 確かに 被ります。。。
ワタシもこの4作は、映画館で何とか見れました。。。

ワタシの場合は、ウチの近辺の映画館で上映した順番が、ダンケルク→ウィストン チャーチル→人生はシネマスティック→ヒットラーに屈しなかった国王…だったので
本日 コンプリート👍✨

この映画を見ていて、第二次世界対戦の始まりの頃のドイツの戦闘能力の凄まじさに今更ながら、驚きました…
北欧など、戦争に備えのない国や 『ウィストン チャーチル』を見ても、英国でさえ、当初のドイツの攻撃力には、舌を巻いた…って言う現実を映画から感じとりました。。。

あのヒトラーの統率力…
恐怖政治…
世界中を震撼とさせたナチス…
そのナチスを欧州の国々はみんな
本音言えば、絶対にNo!!!

本作 『ウィストン チャーチル』の映画が、かなり出来過ぎ感あるため…
ノルウエー国王の No!は、映画的には
『ウィストン チャーチル』のNo!ほどインパクト 無かったんですが…
国王は国民の幸せが一番…
そして、ノルウエーは民主主義国家であるため、ドイツの傘下に入る事は出来ない…
って 言う信念を貫いた姿は、感動的でした。。。

戦争…っていう急な局面に、備えていなかったノルウエーや、北欧諸国は、ドイツ軍にとっては、赤子の手を捻るようなもの…

ドイツが侵攻してきてから、国王の決断まで、数日の話を描いている映画なんですが

国王が、No!を決断するまでは
ワタシが映画見て、思ったんですが…
オラフ皇太子に対して、なんだか 煮え切らない国王だなぁ…
っていうのが正直な感想。。。

その点、オラフ皇太子は明確に はじめから、ヒトラーはNo!で交渉の余地もないし、本来なら、もっと 早くから戦争への備えをすべき…って考えをずっと持っていたからだ…

でも、ドイツサイドの公使にタイマンで交渉を迫られ、ヒトラーの傘下に入れ〜的な話で
やっと国王腹が決まり…
公使に対して、ブチギレ…
そんなもん、No!に決まってるヤロ〜…
みたいな…

あなた(公使)は、ヒトラーのやってる事を肯定するのか???
みたいな…

正直、この公使、ヒトラーから直に命令を下され、ノルウエーの妻と結婚した為、妻の故郷のノルウエーが無くなる事は、絶対に避けたい…っていうそんな気持ちを秘めていての交渉だが…
国王から見れば、ヒトラーの単なるメッセンジャーにしか見えない…

そして
ドイツ側から見たら、ヒトラーの司令をクリア出来なかったダメな公使…ってなる…

ここは チョット 可哀想だったが、直ぐに 銃殺されなかったから、良かった…って 気持ちになった…

ラストは チョット あわただしく
その後の登場人物のなりゆきをテロップで説明されて ジ エンド…
そんな映画でした🎬
QTaka

QTakaの感想・評価

3.0
特に感動する事も無く。
淡々と流れて行く物語とも言えるかもしれませんね。
史実の基づいた映画ですからね。
そして、この映画は、その史実が重要な映画でも有りますからね。
だから、特別な事はなくていいんですね。
ありのままを、表現し、それを確認するように受け止める。
.
立憲君主制の下で、言うに任せぬ身でありながら、その職責を最も正確に理解していた国王を描いた映画なのでしょう。
ノルウェーの歴史の重要な一ページを描いた映画なのですね。
.
この映画、ノルウェー以外の人々にとって、どれほどの意味を持つのだろうとも思いますけどね。
第二次世界大戦、ヨーロッパでの戦いには、それぞれの国の事情が有ったようです。
ある国は、ナチスドイツ占領されながらも、それでもなお地下に潜って抵抗する市民達もいたし。
ある国では、地下政府を作り、決してあきらめない意思を繋いでいた国もあった。
あるいは、亡命政府を立てて、抵抗をやめなかった国も有った。
ノルウェーと言う国は、決して強い国では無かった。
その国が、ナチスドイツの脅威にさらされた時、国民は、政府は、そして国王はどうしたのか。そういう映画。
一方的な侵略に対し、屈する事なく戦う事を選択した事は、この国の歴史であり、この国の誇りとなっている。そういう伝説がここにある。
.
この映画に描かれている人々は、それぞれの特徴を示していた。
ドイツのノルウェー駐在外交官は、忠実なるナチスドイツへの奉仕者である。
『凡庸なる執行者』とまでは言わないが、自らの判断と行動の人ではありえなかった。
様々に描かれるナチスドイツの軍人や公務員たちは、ことごとく忠実な奉仕者であった。
それは、自らの責任において行動する者ではなく、あくまでも組織の構成員であろうとする人々であった。
一方のノルウェー国王は、ノルウェー国民の前にある国民の為の国王であろうとした。
国民達も、兵士達も、あるいは国王を取り巻く政治家達も、必死に考え行動していた。
.
それにしても、この国王と国民の距離は実に近い。
こういう距離が、この国王、皇太子、王家を支えたのだろう。
Toshiko

Toshikoの感想・評価

3.9
原題“Kongens nei”ノルウェー映画なので観ようと思っていた。「国王はノーと言った」んですね。第二次世界大戦の時、侵攻してきたドイツ軍が交渉の機会を持とうとしたんだけど、その条件を聞き、国王は断固拒否した。その結果、さらに戦火は激しくなって、多くの国民がなくなった。でも、国王がノーと言ったことは後世でも評価されているようだ。
現在、ノルウェーがEUに加盟していない理由のひとつは、ドイツが中心になっているからだとも言われる。この時のドイツ軍に対する嫌悪感が尾を引いているのだと。少しは真実なのかもしれない。
映画の出来としてはとても良い。わたしが観たノルウェー映画の中ではかなり上位に食い込む。
ゾロ

ゾロの感想・評価

2.8
第二次世界大戦時のノルウェーの話
ホーコン7世国王のドイツ侵攻に対して降伏するか?否か?判断の3日間にスポットをあてた話
最初は、音楽も緊張感あり前のめりだったけど、ドキュメンタリータッチが強くなった後半から、何度か、落ちた
ある程度過程を知っていたので続けて見れたけど、飽きてしまってた
ノルウェーでは、7人に1人見たぐらいの触れ込みだったので、期待値が大きすぎたかな
はせ

はせの感想・評価

1.9
つまらなくて寝てしまった。展開に惹きつけられるものがなかった。
ひわも

ひわもの感想・評価

5.0
判断が難しすぎる映画。

降伏によってホームを失ってでも人命を優先するのか、
人命を失ってでも国という、自分たちの歴史とアイデンティティを優先するのか。
ドイツ人大使も描かれて、ドイツ人全てが侵略を望んでいたわけではない、しかし戦争は人命と共に選択を失わせるという事を感じさせられた。

ノルウェー国民の歴史の一端を見たと想う
jocx

jocxの感想・評価

3.5
ノルウェーの歴史は知らなかったけど、とても勉強になった。ドキュメンタリー調なので飽きる部分もあるが、映画は緊張感があり、いかにナチスに抵抗していったか、国王が何を大切にしていったか分かった。
>|