ヒトラーに屈しなかった国王の作品情報・感想・評価・動画配信

「ヒトラーに屈しなかった国王」に投稿された感想・評価

大戦中のノルウェーについて初めて知った。授業の一環で見たけどこれを選んでよかった。こんな国王がいたのか、と思った。もうちょっと調べてみる!
sugar708

sugar708の感想・評価

4.0
国王が最後まで貫いた民主主義。

お恥ずかしながら、この映画を観るまでホーコン7世の存在や第二次世界大戦中のノルウェーのことを全くと言っていいほど知りませんでした。

ホーコン7世は1905年のノルウェー独立の際に国民投票によって選ばれて国王に即位されたそうです。本作ではその「国民に選ばれた国王」というのが非常に重要な要素になっています。

個人的に印象的だったのは、ドイツ公使であるブロイアーの存在でした。彼もまた抗うことの出来ない絶望的な状況の中で、どうすればノルウェー国民が一番血を流さずに済むのかを考えて行動した一人だと思います。その点で彼はこの手の映画でよく描かれる冷酷無比なドイツ側の人間とは一線を画している印象でした。

どんな犠牲を払ったとしても信念を貫くロマンチストに近いホーコン7世と犠牲を最小限にするために妥協を求めるリアリストのブロイアー、歴史は結果論でしか語れない部分もあるためどちらが正しいかは一概には言えませんが、単純な侵略構造ではない複雑な構図がこの映画の素晴らしい点だと感じました。

ナチスに降伏を迫られながらも「この国の未来は密談ではなく、国民の総意で決まる」と確固たる決意を下す姿は自身が国民に選ばれたことへの自負と自覚を持ち、どんな瞬間でも妥協することなく国民の意思を一番に考えるという国の長に相応しいものだと思います。

ノルウェーの歴史を学びながら民主主義度世界一位と呼ばれる国の根本、ひいては民主主義の在り方が描かれている映画でした。
他国から来た象徴(?)としての国王であるがゆえの苦悩や時代の潮流に抗う姿。
軍人ではない視点から見た他とは違う戦争の描き方を見てだんだんと惹かれていった。
ヨーロッパでのWW2終戦75周年の日に鑑賞。「歴史は繰り返さない」のは「歴史から正しい選択を学ぶ」から。戦争を繰り返さないためにも歴史を学ぶことが大切だと実感した。ただ原題は「国王の拒絶」なのに邦題がイマイチ。
邦題はあおり気味な感じで、英国王のスピーチのような映画をイメージしていましたが、開戦前夜からのストーリーがー淡々と進んでいきました。
どちらかといえば地味な作品ですが、自分自身や王族の安全のためにナチスドイツへ従属することも可能だったであろうに、国民からの付託を重んじた行動をとった国王の選択は一見の価値があると思います。
ノルウェーという馴染みのない土地を感じながら観れてよかった。象徴国王としての苦悩。戦闘シーンも派手さはないがリアルな緊迫感がある。やっぱり北国なので雪のシーンがきれい。
"すべては祖国のために"

冒頭の
"実際の国政は内閣と議会が担っており、国王の役割は形式的なものにすぎなかった"

エンドロール前の
"国政に介入してまで抵抗を貫いた国王の決断は主権国家ノルウェーの民主主義の象徴"

3日間の話。
1カットが長いのと、カメラワークが荒い感じが映画っぽくなくてリアル。

ノルウェー国王に焦点は当てているけれど、ノルウェー側とナチス側双方をほどよく天秤にかけている感じ。

心も体も休まらないなか、常に最善を非常事態を考えなくてはならない精神。考えてもすぐに変わってしまう1分1秒後。

最近ナチス関連の映画をよく観ているけれど、
こういう歴史を勉強し直したい。

なんだか「日本のいちばん長い日(1967年版)」を思い出しながら観ていた。
たしかに戦争のない今は、天皇は国政にとって形式的なものかもしれないけど、第二次世界大戦の昭和天皇の決断により降伏を、そして玉音放送により国民はそれを知ったのだから、いざというときの国王/天皇の決断は本当に大切で大きいものなのだなぁと。
2日前に鑑賞。
ノルウェー国王がデンマーク王家だったとは知らなかった。
ドイツ側の人物もメインで描かれていたので、どちらの言い分も理解できた。

相変わらず、北欧を舞台にした映画は天気が素敵。
Tangerine

Tangerineの感想・評価

3.6
民主主義という理念を貫く国王。

不謹慎かもしれないが、雪原の銃撃戦が美しかった
さゆみ

さゆみの感想・評価

3.0
わたしにとってはマイナーな雰囲気の映画でした。
きっと世界史に興味がある方が見れば、深い面白さがあると思います。
国を動かす者たちの固い思い、緊張感が、所謂アクション映画にはないハラハラ感をもたらす映画です。
>|

似ている作品