炎のランナーの作品情報・感想・評価

炎のランナー1981年製作の映画)

CHARIOTS OF FIRE

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.5

「炎のランナー」に投稿された感想・評価

音楽がいいね~♫
          *
1924年のパリ・オリンピックで、陸上短距離種目にイギリス代表として参加して英雄となった二人のアスリート、エリック・リデルとハロルド・エイブラムスの物語。時代と共に社会は大きく変化した。スポーツに対する考えもすっかり変わったのだなぁと改めて感じた。
          *
エリックはスコットランドの宣教師。ラグビーの俊足ウィングとして既に有名だった彼は短距離走の選手としても活躍することになる。走るときに神とつながるという感覚を信じていた彼は、伝道活動の助けにもなると考え、懸命に練習に励む。聖書の教えに忠実だから決して安息日にはレースをしない。ところが大会プログラムの100m予選が日曜日だった。彼は棄権するしかないと諦めるが、選手団長は国(王)のため、彼のルールを曲げてくれと頼む。けれど頑として受けつけない、王よりも神・・・。これを打開した策は、サラリと描かれますが、とても印象的で心を打つ美しい話。
          *
ハロルドは名門ケンブリッジ大学のエリート学生だが、父はリトアニアからのユダヤ人移民。イングランド人の中にある、目立たないがはっきりとした差別意識に反発を感じて育ってきた。差別を見返すために、レースで勝ち続けることを自分に課したハロルド。そのためにこの国で最も優秀なコーチをつけて、猛練習に励む。だが、コーチを雇って練習をするということが、よくない事と大学教授からやんわりと注意をうける。彼はこれに猛反発、自分の信念を貫く…
          *
この場面のやりとりが私には一番気になったところ。プロは専門家でアマチュアよりも上、という感覚が私たちの常識なのだが、当時は全く逆の発想だったようだ。
          *
もともとスポーツは貴族や上流階級のものだった。貴族(紳士)というのは働かない。何ものにも縛られない自由な(だからこそ尊い)考えは、働かなくても暮らしていける紳士だからこそ生まれる。逆に言えば、お金のために働くようになってはダメ、自由な発想は潰されるということ。だからプロ(お金のために働くコーチ)は卑しい、アマチュアこそ高貴ということになる。「金による勝利よりも、紳士的敗北」とまで言い切る紳士たち。
          *
その後の歴史をみれば、プロの圧勝なのだけれど、アマチュア精神の理想もある意味ポイントをついていると思えるんだよね。お金のために必死に働きながら、一方でお金から自由になれたらと、もがいている現代社会の私たち。お金のために信条や判断を曲げてませんか?・・・
          *
スポーツに対する考えは変わったけれど、トップアスリートたちのスポーツに向き合うひたむきさは昔も今も変わってない。その部分に共感できる良作でした。
「チャン♪チャチャチャ チャーーチャン♪チャン♪チャチャチャ チャーー♪」

「ヴァンゲリス」による素晴らしいテーマ曲。映画にとって音楽が如何に重要かがわかる作品のひとつと言えるだろう。(近年、ロンドンオリンピックでも使用されてましたね)

スポ根映画と思わせておいてその実、人種差別と信仰心(宗教)がテーマとなっている作品でもある。(イギリスの権威主義や排他主義的な部分を描きつつもイギリスの品格を感じさせる)

一人は人種差別による偏見を見返す為に、走る事で栄光を勝ち取り、本当の意味でイギリス人になろうとするユダヤ人。
一人は神から与えられし才能を示し、神からの試練を乗り越える為(伝道の為)に走るスコットランド人。
オリンピックでメダルを獲る事よりも熱い想いを滾らせ走る二人。

″走る″というシンプルな競技故に生まれる葛藤。″何故走るのか″という根源的な問題を突き付けてくる。

「神が違えば人生の目標も違う」

人間の尊厳を″走る″という行為で描いた、何度見ても最後には感動してしまう、そして無性に走り出したい気分になる作品。


◯雑記◯
因みに私が走る時に聞く″プレイリスト″にもこの作品のテーマ曲が入っている。
※擬音でテーマ曲を思い出せない人はYouTubeで「炎のランナー」で検索。
自分で書いておいて、自分でも擬音からじゃ無理っぽい感じが否めない…(´ω`)
Tomona

Tomonaの感想・評価

3.4
熱いスポーツものかと思ったら違った、しかしまとまっていて見やすかった。
「日曜日は走れない」

1924年のパリ・オリンピックを舞台に、走ることによって栄光を勝ち取り、真のイギリス人になろうとするユダヤ人のハロルド・エイブラハムズ、神のために走るスコットランド人宣教師エリック・リデルの実在の二人のランナーを描いた映画。

オープニングとエンディングにイギリス人のオリンピック代表選手たちが砂浜を走るシーンがあります。その中である音楽が挿入されていますが、非常に有名な曲です。調べてみるとヴァンゲリスという人の曲らしいです。爽やかな雰囲気を出しています。

内容としては2人がなぜ走るのかが極めて異なることが気になりました。1人は神のために。1人は自分のために。それぞれがイギリスを象徴しているように感じました。
J1review

J1reviewの感想・評価

2.8
ハロルド・エイブラハムスが1924年のパリオリンピックを目指す様子を描いた、実話ベースの話。宗教との関わりや英国的権威主義など様々な障害に立ち向かう様子が当時の風景を再現して描かれており、ドラマ性は乏しいが歴史作品として興味深い。走るときの髪型、ランニングフォームがすごく気になるのだけど、当時の再現なのかな。
うめ

うめの感想・評価

3.7
あなたにとって譲れないものとは何ですか?

ユダヤ人というレッテルに苦しむ、ケンブリッジ大学生のエーブラムス。
頂点を目指すという強い意志で走る。

宣教師でありながら、ラグビー選手としても名声を得ているリデル。
神から授けられた力を活かすべく走る。

共に、オリンピックでの金メダルという使命を果たすべくトレーニングに明け暮れる。
ストイックに生きる彼等だったが…
それぞれに訪れる試練。

民族。
宗教。
価値観が違ってしまうと、純粋な思いも理解されない時もある。

タイトルから、熱いドラマティックなものを想像するとちょっと違うかもしれません。
でも、実話だからこそ持つ重みがある。
赤く燃える炎というよりは、蒼く燃える炎。
アカデミー賞も納得です^_^
スポーツ映画というより宗教や人種などがあるテーマだった。

実話だからしょうがないけどちょっと盛り上がりに欠けるかな。
オリンピックの展開も「あっそうなるのね」的な。

一番残ったのはテーマソングだったかな。
日本でもいろんな場面で聴くことが多いくらい有名ってこともあると思うけど。
作曲はヴァンゲリスだったんだね。
たしかに「ブレードランナー」や「南極物語」に近いものを感じる。

砂浜を走るシーンはどうしてもロンドンオリンピックの開会式のMR.ビーンを思い出す。
pide

pideの感想・評価

3.3
アカデミー賞受賞作品。

スポーツ物でアカデミー賞とはと思っていたら内容はスポ根という訳ではなく人種、宗教などが取り上げられている。

日曜日は走っちゃいけない?
そんな人のレースが日曜日だったら?
しかも、それがオリンピックだったら?

そしてやはりスポーツ物のラストは美しい。
うみち

うみちの感想・評価

4.0
陸上競技映画。
パリ五輪を目指す2人のイギリス人の若者を軸に、オリンピックのアマチュアリズムと商業主義、信仰とスポーツこの2つのテーマについて描かれている。
主題的にモヤっとする終わり方が正しいと思ったしサイケデリックな音楽も好きだった。
とり

とりの感想・評価

3.5
テーマソングがやけに有名なオスカー受賞作。英国臭くて、邦題が時代を感じる。
TOMATOMETER83%、AUDIENCE80%
Decidedly slower and less limber than the Olympic runners at the center of its story, the film nevertheless manages to make effectively stirring use of its spiritual and patriotic themes.
>|