英国王のスピーチの作品情報・感想・評価

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

bakko

bakkoの感想・評価

2.5
個を尊重せずただ生まれだけによって何かを強制することが不幸の元凶だとしたときに、この人の話を単純に美談として受け取ってしまうと、それはまた新たな不幸の元凶となってしまいそうな。
吃音症の王様のお話
幼い頃からの苦労や望まない形で王位を継がなければならない苦しさが見えました
アジアよりも言葉が重要視される国だからこそ、思うように演説ができないのにしなくてはならないことはかなりの苦痛だっただろうと思う

話し方の練習をする過程が愉快で、バーティとライオネルの間に信頼関係が生まれていく姿も見応えがあって良かったです
演技のことは詳しく分かりませんが、話し方を変えるのは相当大変なんじゃないだろうか
にも関わらず、吃音が酷い状態から改善されていくまでの演技を分かりやすく恐らく自然に聞こえるよう演じたコリン・ファースは本当にすごい役者さんなんだなと思いました
Mei

Meiの感想・評価

3.8
ギリギリまで2人が喧嘩したり自信なくしたりの繰り返しやから余計に最後のスピーチで良い意味で心がギュってなる
ぷ

ぷの感想・評価

3.5
品がある。英語だからわからないことも多いけど暴言の連続ですら、品がある。

このころのヘレナ・ボナム・カーターは好きだな。ここ数年はイロモノ感が凄いけど。

ラストシーンのスピーチは感動しました。頑張って克服した姿はカッコ良かった。

コリンファースの演技は素晴らしく放送禁止用語連発するシーンは面白かったです。

この映画は彼自身が吃音症を克服する話だけでなくイギリスを救い世界を救った話で言葉というものの力は世界を変える力を宿していると感じる映画です。
minori

minoriの感想・評価

3.8
吃音症の友人がいたので
(国王じゃないけど)
特別な作品になりました
吃音症に苦しみプレッシャーに耐えきれなくなりかけた部分があってちょっと病み気味だったがキャプテンバルボッサが親身に治療に励んだおかげで改善のスピーチをすることができたお話。
暴言の連続が面白かった!笑

2人ともさすがの演技。

妃殿下ベラトリックス・レストレンジだ…って思っちゃうよね(笑)
akiko

akikoの感想・評価

4.0
しばらく自分の中でコリン・ファース祭

ハマり役な気がする
幼少期の皇室の厳しい教育やトラウマ、王という重圧と責任
高貴にして繊細なジョージ6世

人前でスピーチ。なんて今のところ機会はないが、緊張してあがっちゃったり、言葉が出なくなると言葉出ない出ない出ない!
間が空きすぎた!とか周りの人の視線や小さな事に不安を感じてしまう様子は自分にも少しあるから一緒に辛い気持ちになってしまう。
ライオネル役ジェフリーラッシュの遠慮なく接してくれるのが見てて気持ちいい。
shuriring

shuriringの感想・評価

3.8
吃音の演技が凄かった、英王室内部の殺伐感もきちんと表現されてて良かった
冒頭の視点切り替えが英映画っぽくて好き
あと個人的にユトランド参加してWWⅡ乗り越えたジョージ6世好きだったからワクワクした!!
けれど映画を通じて何を伝えたかったのかは理解出来なかったから残念。
>|