英国王のスピーチの作品情報・感想・評価・動画配信

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

Ahriman

Ahrimanの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

吃音症ではないが、スピーチや音読は得意ではないのでスピーチの時の不安や緊張感はすごく共感できた。

できればローグの平民らしさや人間らしさをもっと見たかった。出来すぎていて少し胡散臭さを感じてしまった。

英国王室のありかたやイギリスから見た二次大戦が描かれた映画としても興味深かった。
ちあき

ちあきの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

吃音を乗り越えつつ、
王族としてのプレッシャーと立ち向かい、
国王を担うジョージ6世のお話。
.
身分の違う中でも、家族以外に
目を見れば言いたいことがわかるような、
生涯信じ合える存在に出逢えて救われたと思う。
.
大舞台のスピーチが
第二次世界大戦に関連するものでなければ
歴史としてどれほど幸せだったのかなあと
.
ゲイシャって暗示で
使われるんだって思った
.
ダンブルドア校長…!と
一瞬テンションあがる
mk

mkの感想・評価

3.7
表面的な完璧さを求めるイギリス王室。

最近メーガンが明かした、"英王室が息子の肌の色の濃さを懸念している"というのも(それが事実かどうかはわからないけれど)、未だそんな考え方(完璧=白人至上主義)が根強く残っている証拠なのかなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

ラストのスピーチで2人で徐々にトラウマを克服するのがベタだけど熱くなる

そしてコリンファースすごい
あまり面白くありませんでした。

ヘレナボナムカーターがクッソ可愛かったです。
marmalade

marmaladeの感想・評価

5.0
人は間違いなく変われる。
壁にぶつかってるいまのおれにとってめちゃくちゃ良い作品だった。
黒猫

黒猫の感想・評価

4.0
上映当初、映画館で観た時は
時代背景など、未知な事が多かったため、
ジョージ6世の吃音が改善されていく過程のみを
たどっていましたが、
ダンケルク〜チャーチルを観た後で、
この映画を観ると、全く違った印象になった

これも形の違った戦争の映画として
僕の目に映った
勉強になった。
素性や地位はどうであれ、引き上げてくれる人間関係って良いな。。
qrqr999

qrqr999の感想・評価

3.9
最後のスピーチの素敵さと、でも内容はなんとも言えなくて。悩ましかった。
mikako

mikakoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

27

めちゃくちゃ良かった〜〜

何度も失敗しても、何回も何回も練習して、努力しての最後のスピーチ
号泣してしまった

献身的に支える妻の姿にも胸を打たれました

ヘレナ・ボナム=カーター
マイケル・ガンボン
ティモシー・スポール

ハリポタ俳優がたくさん、、、😭
>|