英国王のスピーチの作品情報・感想・評価

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

THE KING'S SPEECH

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

ナホ

ナホの感想・評価

-
英国王といえどイギリス人なので結構口が悪いシーンがあったのがなんかグッときた 人間味がある
Yukako

Yukakoの感想・評価

4.0
「言語」は所詮文節線に過ぎない。実話に基づく話。吃音の英国王が言語聴覚士と共に治療をしていく話。すごく良かった。自分の心からの言葉を口に出すこと。大切にしたい。
個人的にベスト映画です。吃音症の王族が言語療法士とともに、スピーチを通して国民から愛されるイギリスの王になるまでのお話です。バーディ(ジョージ6世)演じるはコリンファース、それをサポートするライオネル(療法士)役をジェフェリーラッシュ。王族と一市民という垣根を超えた2人の関係は見ていてほっこりします。王になることへの不安と吃音症を抱えながら苦悩するバーディは、本当に応援したくなります。最後のスピーチのシーンは圧巻です。自分の声を、言葉を、伝えることの重みを感じられる作品です。
キラ

キラの感想・評価

4.0
コリン・ファース演じるジョージ6世、すごく良かった。

妻の強さ。
言語聴覚士のローグさん。
Mac

Macの感想・評価

3.2
イギリス旅行で、英国史にハマっているので、しばらく英国史関連映画を観る。

エリザベス女王のお父さんの話。
主人公は喋れない、私は滑舌が悪い
とても親近感わく映画である
iio6o6

iio6o6の感想・評価

5.0
映像が全てよかった。
ローグの診療所のデザインは人生に大きな影響を与えてくれた。
Takuji

Takujiの感想・評価

3.5
コンプレックスを克服することの難しさ。それはまず自分をさらけ出さなきゃいけないこと。それが出来る相手に恵まれるかどうかだろう。
結果、ジョージ6世は信頼出来る友人と献身的な奥様に恵まれた。
一回くらい名前で呼んであげなさいよw
GamKing

GamKingの感想・評価

3.9
ーーーーーーーーーーー
THE KING'S SPEECH
ーーーーーーーーーーー
過去のトラウマとそこからくる不安、そしてプレッシャーという心の病で話すと吃音症になってしまうジョージ6世。吃音症である人にとって共感だらけで、周りの目、周りの態度が全て悪く見える。その中で友達に話すように話す、音楽に乗って話す、悪口を挟んで話すというのはなるほど!と思えたし、面白かったから今度やってみたい。

コリン・ファースのどもる演技がすごい。彼が話す度に、こっちまで苦しくなる。最後の演説は本当に見守っていた。一言一言を無事に話す度に、力の緊張と弛緩が交互に起こっていたから、ラスト10分はこっちまで緊張した。

また、王族の日常を描き、平民とはそこまで変わらない生活や王族だからこその苦労などが伝わる。周りの人間からの煽てによる王族にかかるプレッシャーは尋常じゃないのだろう。だからこそ、壁を作らず本音で話したライオネルはジョージ6世と友情を築けたんだと思う。
manachi

manachiの感想・評価

4.4
すごくいい映画だった。
コリン・ファースの演技が素晴らしい。
>|