昼間から呑むの作品情報・感想・評価・動画配信

「昼間から呑む」に投稿された感想・評価

uyuyu

uyuyuの感想・評価

3.4
タイトル通り、こちらも昼間呑みながらゆるーく楽しめました🍺
初期の山下敦弘作品(「どんてん生活」とか「ばかのハコ船」とかそのへん)に通じるようなテイスト。ずっと曇天で寒そうな感じとか、登場人物たちのちょっと素人っぽい感じとか、全編にただようダメ〜な感じとか。だけど意外に脚本よくできてると思った。
こんな目に遭うのはイヤだけど、韓国ゆるゆる旅してみたいな〜ともおもった。
Maririri

Mariririの感想・評価

3.4
制作費100万円の低予算映画。

彼女にフラれたヒョクチンは、知り合いの先輩が営むペンションに傷心旅行に誘われた。なのに翌日集合場所に来たのはヒョクチンだけ。仕方なくひとり旅をすることにする。田舎町で次から次へと起きるハプニング。ヒョクチンの心の傷は癒えるのでしょうか?

『ノンフィクション』のロケかと思うほどヒョクチンにいろんなことが起きるのだけど、いつも観てるノワールみたいな衝撃もなければ心臓が痛くなることもない。運が悪いようだけど、なんだかんだお金がなくてもお酒呑んでご飯食べさせてもらえて韓国の方々優しい。(強制的に付き合わされてる気もするけど)

途中で出会って一方的に口説いてきた怖めのおばさんが友だちの知り合いだったり、美人局の被害に遭って雪山に捨てられたあとにゲイのおじさまに拾われたり目まぐるしい。

でも穏やかに酒呑んでるだけのロードムービー。

こちらも呑みながら観るくらいでちょうどいいやつです、いい作品。
ストーリーも俳優も演出も緩くて、とにかく酒を飲みまくって最高です。韓国にもこんな映画あるのね〜。めっけもんです。
タイトルに惹かれて何気なく見たが思った以上に楽しめた。ひょんな事から始まった望んでいない一人旅は踏んだり蹴ったりの珍道中!砂漠のように乾いた心を潤すために撒くのが酒なら逆効果!飢えは増すばかり!でもしょうがないなぁ…ってダンディズムも認めて欲しい。ラストはそりゃあんな顔になるよって顔のお手本のような顔。
ちょこ

ちょこの感想・評価

2.0
なかなかに厳しいものがあるな。

旅先で人を信ずるなかれ、という教訓を得るかと思いきや下心を率先しちゃうくらい愚かなんだから、もう変われないだろう。ずっと損をし続ける人生なんだろうな…と憂いてしまう。出てくる奴らみんな揃ってやばかった。人として終わってる。

結論としては、酒飲みが人として終わってるんじゃなくて、人として終わってる奴らが酒飲むから地獄が生まれる、です。
mumbleboy

mumbleboyの感想・評価

3.3
昨日で一旦U-NEXT解約ということで今日は久々に映画無しな1日になるかなと思ったのですが念のため、GYAOをチェックしてみた所、今作を発見して気になったので観てみました。

タイトルからしてゆるいバラエティ番組、もしくはのんびりとした映画なのかなと思ったのですが、そうでもありませんでした。何というか昨日観た「ビフォア・サンライズ」のほぼ正反対の様な映画でした。まず華がない、地味、ときめかない、愛がない。あるのは酒と悪意、みたいな。あきらかに低予算でホン・サンス監督の作品に少し通じる所もあるかなと思うけどホン・サンス作品の様な魅力がある人物がいないという点では大分違っていました。たまたま観た作品ですが中々な無料配信の洗礼でした。

全然お勧めはしないけど人によっては好みな人もいるかも知れないです。特にハリウッド大作が苦手でドグマ95みたいにテクノロジーに頼らない映画が好きという人はひょっとしたら良いと思えるかも知れません。
お酒のツマミはじゃがいも麺、辛ラーメン、帆立の刺身、黒豚カルビ、鱒の炭火焼。酷い目に遭うけどなんだかんだで楽しい呑み旅。美男美女じゃない俳優達とゆるく繋がる伏線が心地いい。山下敦弘的な脱力。あれだけ呑んでもまだまだ懲りない感じも愛おしい。@GYAO
kaname

kanameの感想・評価

4.0
失恋をキッカケに傷心の旅に出た青年が、道中で出会う人々と酒に翻弄されていく姿を描いた物語。

酒飲みには堪らない、見てるだけで肝臓の数値が上がりそうなアルコールまみれの内容が楽しすぎるw

ユルユルの登場人物達で繰り広げるグダグダなストーリーも心地よくて最高だったなぁw
真面目な青年が田舎で散々な目に遭う話
韓国は先輩に注がれた酒は飲み干さなきゃいけないんだよね
それにしてもラスト 笑
男って…
りな

りなの感想・評価

-
何回失敗しても、次はいけると思っちゃうんだろうなー。酒も女も。
>|