時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

ACE

ACEの感想・評価

4.5
バイオレンスシーンに流れるクラシックの不協和音がニヤけるくらいに好き。なんとも独特で不思議な気持ち悪さが癖になる。まさにミルクドラッグ🥛いいねえ大好きです。ナッドサット語理解して次は観たいな。
かなりホラーショーなシニーでビディーって良かった!
DSHO

DSHOの感想・評価

-
最後の場面は一見落着感があったけど
どこかしら狂気を感じた。これぞキューブリックだと思った。
サーフ

サーフの感想・評価

4.1
前半はただひたすら暴力、暴力の連続。本当に嫌悪感を抱いたり目をそむけたくなる展開しかない。
後半は後半で狂気に満ちた矯正実験、そしてアレックスのどうにもならぬ人生。

前半、後半を通して温もりの様なものは皆無でただひたすら狂気が続いてゆく。最初から最後まで狂気たっぷりの映画。
そしてその狂気をより強調されるのが終始流れるクラシック音楽。美しいクラシック音楽が流れる中で繰り広げられる狂乱は見ていてかなり気持ち悪い。

ただこの狂気の映画に何故か惹きつけられてしまう。カメラワークが好きな所が多かったり、後は全体の色使いや小物がオシャレだからなのか…

他人には絶対に勧められないし、褒められた内容では決して無いけれどこの映画にしかない魅力が確実に存在する唯一無二の映画の様な気がする。
おっぱいおっぱいおっぱいおっぱい
ヤク入りミルク
Nana

Nanaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

暴力、性犯罪、殺人などの罪を犯して刑務所に入れられたアレックス。しかし犯罪者数減少を目的とする政府により、悪に''なれない''善人になるように酷い実験により洗脳される。犯罪に対し吐き気を催すようになった彼は自殺を試みたが死ねず、洗脳が解ける。「自殺に追いやった政府」と報道されるのを阻止するため療法が成功したとアピールする政治家だったが、アレックスの目は以前の悪に戻っていた。

題名だけはずっと知っていて気になっていたけど、序盤から色んな種類の暴力シーンありすぎて最悪。そして映像と音楽がこんなに伴ってないもの初めて見た。犯罪シーンでも陽気な(?)音楽だから頑張れば観れた。
色とか音楽とか撮り方?で この映画を 芸術だー、とか言う人がいるんだろうけど、もう二度と観たくないな。。
読み取れるのは、自由奔放な若者を利用しようとする大人への皮肉。(アレックスは自由奔放の中の良い意味が全くないけど。)政府は洗脳してアレックスを「善良な人間」としてたけど、「悪に抵抗できない=善」じゃない。根本的なことを解決せず表面だけ綺麗にして完了とする人がいる世の中。。
Yui

Yuiの感想・評価

5.0
なんというバイオレンス映画。
陽気な音楽と共にストーリーは進んでいくが、反転していく彼の人生がなんとも言えない。
個人的にはかなり好きな作品。
chihiro

chihiroの感想・評価

2.0
いつ観たか忘れたけど頭おかしいと思ったのは覚えてる。
>|