踊れトスカーナ!の作品情報・感想・評価

「踊れトスカーナ!」に投稿された感想・評価

jamming

jammingの感想・評価

4.0
ロレーナフォルテッツァの
美しさとイタリア人の陽気さ
だけで充分楽しめたー。

フィレンツェの人は
この映画が大好きらしい。

オ・レ!
chip

chipの感想・評価

3.6
イタリア、トスカーナの田舎町、
ひまわり畑、一面に咲き誇るひまわりが見事でした〜🌻
ソフィアローレンの「ひまわり」を思い出しましたが…
こちらは底抜けに明るい、
のんびりとしたお話。


「小さな町では
誰も隠し事できない…
噂はすぐに広まるが
翌日には収まってしまう…」
なるほどね〜
大きな失敗をしても浮気しても、
なんだか大らかな人々でした。
ちょっと日本の田舎では考えられないかも…(^^;;

「癇癪もち」
主人公が、日本人でも読めないような漢字のTシャツを着ていて、???となりました、w


農場の2人の息子と1人の娘が
フラメンコダンサーたちと恋に落ちる〜
皆セクシーできれいだから〜!
歌あり、ダンスあり、、💃
かるーく、楽しい映画でした。
ほんわかした気持ちになれた
心穏やかに元気になれる

よい映画だった
陽気でほのぼのしてて、みんな楽しそう!
こんな暮らしがしてみたい^ ^
けいこ

けいこの感想・評価

3.5
ハッピーエンドが観たくて、なんとなーく観た。
隣人にいつも話しかける主人公。誰?と思ってたけど、じーちゃんなの⁈
それを最後に持ってくるとは粋だな✨
ほのぼのでみんなハッピー💗
主人公の癇癪持ちって書かれたTシャツはうけた😁
イタリアに行きたくなる映画。
イタリアのジョークと恋愛が楽しくてたまらない。
久しぶりに再鑑賞。

以前、他のサイトで書いたレビューを修正。

舞台はイタリアのトスカーナ、
美しいひまわり畑が広がる田舎町。
主人公は町の会計士をするレヴァンナ。

「踊れ、トスカーナ」という邦題から、のどかな田舎の人々がみんなで踊り出すのかな?て思っていた。
邦題よりも原題の方がシックリくる。

「IL CICLONE」
イル・チクローネ、英語で「サイクロン」

オープニングで、主人公は愛車について語ってますが、その中で、僕のペダルバイクは96年の夏の嵐で死んでしまったとある。「嵐」とは何か?カテリーナでしょう。恋の嵐でしょう。

道に迷ったバスが田舎町にやってきた。
美女5人を乗せたフラメンコダンサーの一座だ。

足が長くてセクシーな美女ばかり。
その中でもカテリーナは別格だった。
整った顔立ち、小麦色の肌、キュートな笑顔。彼女に釘付けだった。

テーブルの上で彼女が踊った場面は最高。
レヴァンナの家族全員、感動、感激、大興奮。
映らなかったテレビも興奮して映る。

その夜、気になって眠れないレヴァンナが着ているTシャツ、「癇癪持ち」と日本語でプリントされたシャツ…どこで買ったんだ?こっちが気になって眠れないわ!

レヴァンナとカテリーナの2人が歩きながら互いの共通点を見つける場面が印象的だった。

突然、嵐のようにやって来て、嵐のように去っていくバスに、「サイクロン号」と名付けよう。

狩猟好きで、笑い上戸のカテリーナの彼氏、
スーパーのオッサン、
いろんなプレイを試すバイク屋のオッサン、
イビキがうるさいオトン、
棺桶を持つ農薬まきの弟、
レズビアンの妹、
ぴりぴ~、なカルリーナ、
個性的な登場人物がユーモアに作品を彩り、歌って踊って食べて飲んで笑って、
人生もっと楽しもうじゃないかと思わせる映画だった。
Risa

Risaの感想・評価

3.7
こういうの嫌いじゃないので、たまに挟みたいです。

美しい女性が沢山出てくる割に男は貧弱そうなのばっかりだけれども、そのヘタレ具合がまた 何とも平和的なので微笑ましい。

あんなフラメンコ美女達を目の前にして、格好付けてる場合じゃない男達、元々格好もつかない 男達なんですが、このイタリアの田舎に相応しい、暖かく優しいところが良さなのです。

珍しくこの手の映画で、ワイルドな男は出てきませんよ。
ここまでの美女達、街に出れば、クールな男に口説かれまくってるはずですが、きっとそんな自分本位な男達には飽き飽きなんです。あれ程の美女達は、地位や名誉に使われて欲しくないです。

普通の幸せを手に入れるって、こういう事なのでしょう。

思った以上に平和的。
変な駆け引きが無いのも気持ちが良いです。
ただ、主人公の男に恋出来るかどうかってなると、特に大した魅力が無いってのが辛いところ。
良き出演者たち……
あまり、カテリーナに魅力を感じなかった。
無

無の感想・評価

3.5
ホテルが見つからず父親と3人の兄弟が暮らす農場にたまたま訪ねて来たスペインのフラメンコダンサーの一座の一人カテリーナに長男の自称生真面目な男レバンテが一目ぼれをしてしまった事から発展するラブコメ。

父親は毎日地響きのする大きないびきをかき過去に農場でハッパを栽培、長男は謎の日本語(癇癪持ち)Tシャツを堂々と着こなし、次男は毎日意味不明な同じテーマの絵ばかり描き趣味は農薬の散布で、妹は胸と尻が大好きなレズビアン、おまけに彼らの祖父は近所で一人暮らしで会話をする時にも一切姿を現さず家の中から大声を張り上げて喋ったりと、家族全員が変人揃いのブッ飛んだ一族なのに周りに住んでる人達も皆奇人だらけなので結構普通に見えてしまう笑
5分に一度はしょうもない笑いを挟んでくるのに毎回引っかかって笑った!
浮かれておかしなバイクの乗り方をするシーンが一番好き。
主人公である兄が愛すべきバカでヒロインも可愛くてスタイル抜群でその上性格も良くて完璧。
弟のイカれっぷりも良かったが、食事の席で狩猟の話ばかりして場をヒエヒエに白けさせるヒロインの恋人もかなりのキレッぷりだし派手なボディコンでキメてた平野ノラにしか見えない脱税しまくりの薬局の店員の弾けたキャラクターも面白くて楽しい!
画面一杯に広がる幻想的なヒマワリ畑やいかにもイタリアらしい郷愁漂う建物ばかりの街並みで目も潤うし誰でも笑えるライトなコメディ作品。
>|