新書・忍びの者の作品情報・感想・評価

「新書・忍びの者」に投稿された感想・評価

シリーズ最終作。今度は石川五右衛門でも霧隠才蔵でもない霞小次郎編。信玄率いる武田勢と家康率いる弱小徳川勢の間で忍者の攻防が展開する。今回は主人公(市川雷蔵)の動機がしっかりしている(父親の敵討ち)ので、ドラマがふらふらしていない。忍者(乱波)が浜松城を陥落させるためのトンネル掘りをさせられるというのもリアルっぽくて良い。
池広だからといってどうってことないシリーズ最終作だったな…。
リアルと地味は違う。