#市川雷蔵に関連する映画 35作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

オープニングからわりとスタイリッシュなカットではじまる三隅研次と市川雷蔵の「剣三部作」の一作目。眠狂四郎の2作目と3作…

>>続きを読む

冒頭、ふすまが大写しで画面に映る。その左端から女性の横顔がフレームインし、その顔にクローズアップする。その女性が寝室に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「陸軍中野学校」‬ 市川雷蔵映画祭から八月にも四作品発売されたが、 今月も同じく彼の代表作四作がBD化された。「…

>>続きを読む

増村保造作品鑑賞第4作目! おおおオモシロイ! 好みでいうとダントツ卍やけど、面白さは今んとこコレが一番かも! 他の作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

んーーーーー好きなタイプの映画ではあるが、もうちょっと何か欲しかったな!って感じ。ほんのちょっとの物足りなさ。80分の…

>>続きを読む

さすが世界の宮川一夫カメラマン。ファーストシーンからの画面の「キマリっぷり」に惚れ惚れする。 構図から光から色合いから…

>>続きを読む

ファースト・マン

上映日:

2019年02月08日

製作国:

上映時間:

141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

人類の夢であり、未来を切り開いた月面着陸計画。史上最も危険なミッションを成功に導いたアポロ11号船長アームストロングの視点で壮大なスケールで描くー。

おすすめの感想・評価

私の周りでは低評価の声がちらほら聞こえているのだが私はとても好きな映画だ。 ただメッチャ地味! 恐らく評価が低いのは「…

>>続きを読む

観ておかんとな…と 3/14終映やんけと 観に行ってたは 2019劇場鑑賞10本目 【ファースト・マン/First …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

▪️Title : 「ぼんち」 Original Title :※※※ ▪️Release Date:19…

>>続きを読む

船場の町にきくぼんいう男がおりましてな、またこれが色男でして、次から次へと妾をこさえては子をつくりよりますねんけどな、…

>>続きを読む

婦系図(おんなけいず)

製作国:

上映時間:

99分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

美しい...。 もう、↑のバケ写まんまの画面が動きに動く。書生見習いと芸者の悲恋もの、大正?版逆ロミオ&ジュリェット…

>>続きを読む

途中までは、流暢な語り口はいつも通り流石だが、三隅にしては外連や美学が薄味で普通だなと思っていたのだが、親的な存在とい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【脆弱の中の光】 島崎藤村の原作『破戒』を〝炎上〟や〝野火〟〝犬神家の一族〟の市川崑が描く切ない物語。 信州飯山の…

>>続きを読む

‪「破戒」‬ ‪ 冒頭、牛と人間。塩と体当り、死。 常闇の山々、林を提灯光で照らす男二人。 小屋に集い、部落民、苦…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

おんなを喜ばせる事が生き甲斐の世之介。 街道という街道を全国膝栗毛。 市川雷蔵の軽妙な弁や所作は天から舞い降りた堕天使…

>>続きを読む

猿も木から落ちる。大天才の大失敗です。 生きる意味を日本的で情緒的な「関係」ではなく、「個人の意志」に見出し、テーマ…

>>続きを読む

新・平家物語

製作国:

上映時間:

108分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

大河ドラマの短縮形のような感じもするが、時代の激変期で激しく生き抜く人々の姿をダイナミックに描き、見応えのある歴史大作…

>>続きを読む

監督 溝口健二 原作 吉川英治 主演 市川雷蔵 撮影 宮川一夫 大映カラー總天然色映画 屋外ロケ、膨大なエキストラ、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

後の「子連れ狼」でもタッグを組んでいる、監督三隅研次と撮影牧浦地志による眠狂四郎第二弾。 一作目は眠狂四郎なる人物が…

>>続きを読む

角川シネマ新宿の「大映男優祭」にて鑑賞。子供の頃、確か日本酒だったかのテレビCMで「佐々木小次郎はつばめ返し、眠狂四郎…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1960年公開、市川雷蔵主演時代劇 って、凄い終わり方したと思ったら、これ第一部かーい! しかも、岡本喜八監督で三…

>>続きを読む

いやー、このキャラクターは凄いわ。ニヒルどころではない、ただ人を斬る剣の腕を磨きたいだけのダークヒーロー机竜之助。三隅…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

狂四郎と敵役による円月殺法vs円月殺法にアガる。全体の緊張感をグッと高めているのが天知茂で、この人は主人公に相対するニ…

>>続きを読む

シリーズ8作目。 天知茂、めっちゃ良いわー。 こちらの方がよほどニヒル。 最高の悪役。 雷蔵、若干食われ気味。 天…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

壬生の新選組に幻想を抱いている浪人(市川雷蔵)が、組織内部の実態を垣間見るうちに不審感と猜疑心に苛まれてしまう。新選組…

>>続きを読む

芹沢鴨暗殺から池田屋襲撃事件までをほぼ史実に忠実に描いている。原作は子母澤寛だが、小説というよりもドキュメントに近い。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

三隅研次監督なので期待したが、うーん、イマイチ。 構図は良いのだが、内容が… どうもこのシリーズに共通してる脚本の大…

>>続きを読む

大学生の娘が市川雷蔵を見たいというので、たまたま録画してあったこの作品を見たのだけれど、今見るとなかなか興味深い。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スカパーにて。眠狂四郎シリーズらしからぬ作品かも。 身体を売りにきた元武家の娘を抱かなかったので自害されてしまう。 そ…

>>続きを読む

シリーズ第六作。能面の女を夜、買ったばかりに地方の藩の世継ぎ争いに巻き込まれてゆく狂四郎。大魔神の監督安田公義が描く眠…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1967年公開当時のキャッチコピーがフルってます。『今宵また、抱いた女体に殺気が走る!抱いて燃えず、斬って冷たし円月殺…

>>続きを読む

シリーズ9作目。 オープニングのロウソクの画も良いが、 少し経ってからの、 眠狂四郎とはお主か? の場面、上からの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

どうにも芸道モノというのはピシッとしていて良い。泉鏡花原作の「歌行燈」も、成瀬巳喜男版は勿論この衣笠禎之助版も相当に良…

>>続きを読む

明治の終わる頃の伊勢路が舞台。 男と女、人間の生き様を、芸道(能)の精神性に絡ませ描いた作品。 冒頭、道場破りよろ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1957年の三隅研次×市川雷蔵版。生き別れの一卵性双生児(片や若殿、片や浪人)という設定を巧みに使ったトリックや駆け引…

>>続きを読む

双子でありながら、若殿と宿無し浪人という二役をこなす市川雷蔵。浦路洋子と木暮実千代のかわいさvs美しさ。 木暮実千代…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1960年代前半の三隅は全て素晴らしい、これはもはや口にするまでもない事実である。だが、本作はそれらの作品群の中にあっ…

>>続きを読む

 ちょっとマカロニウエスタンぽくね?、とか、いやいや、きっと某綺羅星戦争の元ネタだべ?、、なんて言われてる雷蔵主演作。…

>>続きを読む

第三の影武者

製作国:

上映時間:

104分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

侍に憧れる農民が城主の影武者として召し抱えられ、無情な運命に蹂躙されていく残酷時代劇。影武者に仕立てあげられてしまった…

>>続きを読む

主人公は飛騨のとある戦国大名の影武者(市川雷蔵)にさせられた農家の男(市川雷蔵・二役)。本来の己を捨てて影として生き始…

>>続きを読む
>>|