パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

PULP FICTION

製作国:

上映時間:154分

4.0

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

こんなノリの感想は他に書かないだろうな?!

マイオールタイムベスト同率No.2(ニュー・シネマ・パラダイス)

マイナス0.1は何かと言うと、オールタイムベストのゴッドファーザーシリーズを満点にする為の泣く泣くの減点😂

この3本が不動❗

一番好きなエピソードは、クリストファー・ウォーケン"ケツの穴の話"(笑)
軍服姿のウォーケンがクソ真面目な顔で、子ども相手に真剣そのものに話すが、内容が下らな過ぎてツボ❗

一番好きなシーンは、ダンスシーンとしてはマイ映画史上No.1 ❗チャックベリーのユル〜い曲

"YOU NEVER CAN TELL"

をバックになぜか靴を脱いで(ザ・無表情)で踊るジョン・トラボルタとユマ・サーマンが最高だ…ジワジワ…ジワッジワッくる笑

後は物語の展開上かかせないボクサーのブルース・ウィリスと、マフィアのボス ヴィング・レイムス

かなりスッタモンダするのだが、劇中さり気なくというかドサクサに紛れて二人ともフェードアウト?!

ボクシング賭博で、胴元のレイムスはイカサマの為にウィリスに負けろと指示、ウィリスも渋々承諾→でも勝っちゃった💦→逃げろ🛵💨

これはボスの面目丸潰れ→生かしちゃおけねぇ‼ってなる訳だが、人間 損得には代えられない"秘密"がある・・・って、またケツの穴かよ❗(笑)

タランティーノがケツの穴好きなのか❓オレ❓💦

トラボルタとサミュエル・L・ジャクソンのクッソダサいTシャツ&短パンのシーンも頭にこびりついてしまったよwww

映画全編を彩る音楽、自由な時間軸の操作による不思議な感覚、どこか憎めないキャスト達etc.タラちゃんは傑作を撮りました👐🙌👐

「チーズ ロワイヤル‼🍔」

by サミュエル・L・ジャクソン

な〜んだ、その髪型😂👍
John

Johnの感想・評価

3.0
タランティーノお手本的作品
sakuranvo

sakuranvoの感想・評価

3.0
インスリンを刺すシーンがひえっなりました( ˶ ᷇⚰︎ ᷆˵ )
ryumaeda

ryumaedaの感想・評価

3.0
あんまり覚えてない。
saori

saoriの感想・評価

4.0
グロいけどポップで好き
難しいの一言
なにがなんなのかワシの頭じゃ追いつけなかった
善と悪の人間?更正?神?世界?時間?
だれかに解説してもらいたい気分
ウルフっていう始末屋がとりあえずかっこよかった笑
Rentaro

Rentaroの感想・評価

3.8
気付きにくいところにまで細工がしてあるような映画でとても面白い。
観た後にあれはこうだったのか、もしかしてこういう意味だったのかなどなど、つい振り返りたくなってしまう作品。
Keita

Keitaの感想・評価

4.4
凄惨な映像といまいち締まらない会話が絶妙。
サミュエル・L・ジャクソンが最高にかっこいいです。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.5
この映画あっ!ごめん汚い言葉使うけどクソ面白過ぎる。だがパルム・ドールは有り得ない。てゆか、こーゆエンターテイメント映画は逆に受賞なんかする必要がない。もしその年にパルプフィクションと永遠と一日が出品されていたら確実に永遠の方をパルムドールが受賞していた!カンヌはアンゲロプロス辺りの作風を好む。現在を見ても過去を見ても大抵どの年代もそう!だが本作が受賞した90年代は色々と異色作が受賞した。リンチのワイルドアットハートやコーエン兄弟のバートンフィンクなど。まぁ、アンダーグラウンドも異色と言っちゃい異色だが歴史背景を重んじている分受賞はあり得るなと思う。結局タランティーノのすげぇよな。彼はとりあえず役者の芝居の導き方が神。本作のサミュエルは個人的にオスカーもんよ!音楽もKool and The Gang等の曲を使っていて最高だった。下からのアングルも素晴らしいしほんの少し出たユマ・サーマンやブルースウィリス、ユマサーマン、ティム・ロス、ハーヴェイカイテルとかすばらしい芝居を見せたよ。最高の映画よまじで。死ぬまで飽きずに見ていける映画の1つが本作だ。
>|