スナッチの作品情報・感想・評価・動画配信

スナッチ2000年製作の映画)

Snatch

上映日:2001年03月10日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「スナッチ」に投稿された感想・評価

KnI

KnIの感想・評価

3.5
2022/08/13
竜そばの口直し的に観た。
オープニングシークエンスのオサレな流れ。そこから繰り広げられる群像劇の軽妙さ。7年前の感想の通り、2回目の今回の方が楽しめた。
黒人2人組が、とぼけてるし無駄に災難被るしいい味出してる。

2015/05/23 ☆3.5
キャラが立ってて面白い。
2度3度と見返せば更に面白くなると思う、もう一回観たい。
つみれ

つみれの感想・評価

3.0
ガイ・リッチーの見てないやつ見るか〜で見たはいいものの、見せかけの権力でえばってる人らの話タルいな〜になってしまい、あんなに好きだったロックンローラも今見たら微妙なんだろか…ってな気持ちに
あと流石にジャケ写詐欺だろ
ユリコ

ユリコの感想・評価

3.5
誰が誰だかわからなくて、何度か観ないと完璧にはわからないかも、、、。
でも面白かった
8810

8810の感想・評価

4.0
各々が別々のストーリーを進めているのに段々と1つのストーリーに重なっていくガイ・リッチー感いいです!
ロックストック・・・の時もレビューで書きましたがイギリス版落語のような感じがいいですね!特にオチが落語っぽい笑
MR

MRの感想・評価

3.2
ギャングとマフィア、殺し屋の間抜けドンパッチと巻き込まれた流浪民の復讐劇。
ファイトクラブに次いで、ブラピが最強。血の気の多い役が本当に似合う。訛り面白かわいいし、パイキーたち楽しそう(笑)
yuri

yuriの感想・評価

3.9
記録👯‍♀️

記念すべき700レビュー目は
ずっと見たかったSnatch🥹💗

ガイ・リッチーに絶大なる
信頼を寄せてるんだけど
やっぱり大正解◎
初っ端から音楽が良すぎて
にやにやしちゃうよね🥹💕
クセ強すぎるキャラたちが
だんだん繋がってくのが最高😇

ヴィニー・ジョーンズとか
超いいよね🥹60セカンズは
寡黙な頼れる巨人だし
MMTは傷口削いで集めるマンだし
何に出てもクセ強で本当好き🥹
絶対死なないステイサムも
ちょっとツイてない感じで可愛い☺️
ブラピの賭けボクシングは
シャーロック・ホームズすぎて
はい、ガイ・リッチー🙇‍♀️
ってなったよね🥺💗最高💗

とにかくストーリーも
キャラも音楽も
ガイ・リッチーみ満載🥹💕
言い回しとか細かいとこが面白くて
ついつい笑っちゃうし本当好き🥰
ジェントルマンも借りてきたから
楽しみだな~🤤
あつし

あつしの感想・評価

3.9
超スタイリッシュ オシャレ映画!
OPめっちゃいいし、もしかしてアニメ バッカーノ!のOPの元ネタってこれだったの!?

群像劇として描いて、それぞれが最後に収束していくストーリーはいつ観ても面白くて、そこにドタバタコメディ要素が入ってくると間違いない。

3組の車内で巻き起こったことがキッカケで事故り、邂逅していく流れは笑った。

タランティーノ要素を感じつつもそれ以上にオリジナリティ溢れてていいね。

これが真のガイ・リッチー映画か。
正直これ作った人天才!!!
"ボタンの掛け違い芸"をレベルMAXにした様な映画。

〈レザボア・ドックス〉の様な裏社会の異様な雰囲気を抜群に醸し出しておきながら、何か違う!これがとてつもないギャップを生んで笑いが止まらず爆笑でした。

○どうしようもなく強すぎるパイキー
○ドジな強盗2人組
○流れ弾でやられる"弾丸歯"
○知らない奴に訳分からん話される2人組

本人はいたって真面目にやってるってのが観てる人にしか分からない笑いがあって最高!

偶然が交差してボリスがああなるのは腹抱えて笑った。

最後のオチも面白かったし、満足です!
86カラットのダイヤ、ノミ屋、賭けボクシング、強盗、マフィア、流浪民……それらが複雑に絡み合い、すべてが後に引けない状況でどんな結末が待ち受けるのか?
エグい場面もエグさを感じさせない、ガイ・リッチーらしいオシャレなドタバタ劇😆🎶

とにかく登場人物が多くて、名前もそれぞれの関係も覚えきれない💦ストーリーも結構複雑💦
最後までウロ覚えのままなのに、それでも面白かった!となるのは、さすがのガイ・リッチーですね。いや~、面白かった😊👏

ひとつの大粒ダイヤモンドを巡って悪党たちが繰り広げる騒動を描く。

強盗団がベルギーの宝石業者を襲い86カラットのダイヤを手に入れる。一味はフランキーにそれをニューヨークのボスのもとへ届けるよう指示する。しかし、フランキーは途中立ち寄ったロンドンでダイヤを狙う男たちの罠にはまり監禁されてしまう……。

二転三転。
>|

あなたにおすすめの記事