パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価・動画配信

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

映画に順位はつけれないけど、パルプフィクションは僕のバイブル映画の一つであって、大好きな映画。

そんなパルプフィクションが午前10時の映画祭で上映され、なんとか最終日に無事鑑賞できて、それだけで大満足です!

途中ミアが、「こういうの嫌い、気まずい沈黙」というセリフがありますが、タランティーノの心の声を聞いているよう。
この独特のテンポとくだらない会話が心地いい。
合わない人にはとことん合わないけれども。

途中からめちゃくちゃハンバーガー食べたくなって、お昼ご飯はマックにしました(笑)
改めて観てみると、「その人にとっては一大事なことも客観的に見ればパルプフィクション」ってメッセージが込められている救いの映画にもみえてきた
On

Onの感想・評価

-
クエンティン・タランティーノ万歳!!

数年前に観て、映画がどれほど奥深く、面白く、クリエイティブな芸術なのかを知ることができた。

映画を愛し、映画に愛され、人生を映画に捧げた男が作った、究極のバイオレンス・ムービー!!
紅葉

紅葉の感想・評価

-
観る前は2時間半もあるのか〜と思っていたけど、観始めたらあっという間に終わってた!そのくらい飽きなくて面白い物語。内容は人殺しばっかりなのに笑えちゃう。ミアもファビアンも可愛くて可愛くて、、その2人だけでも見応えがある!考察とかもいろいろ読んだけど単純に楽しんだほうがいいのかも。
wallows

wallowsの感想・評価

-
2020 2/27
2021 4/11
けーと

けーとの感想・評価

3.6
アメリカギャングこわい
くだらない会話の中にセンスを感じる言い回しやクスリと笑える表現が沢山あって引き込まれた。
正しい時系列で言えばヴィンセントは殺されているんだろうけど、最後のシーンが滑稽な感じで終わっているので、観終わった後も晴れやかな感じだった。
うえの

うえのの感想・評価

4.6
異なる時間軸で交錯する3つのストーリーを描いたクエンティンタランティーノ監督長編2作目にして以降の彼のキャリアを決定付けた作品。

順行通りでないややこしい作品構成、ありそうでなさそうなストーリー、ハッピーなのかバッドなのかよくわからないラストなど一見すると「よくわからない」という感想がこれほどあてはまる作品もないと思える内容。
しかしその「よくわからない」話の展開や「意味のない」会話や台詞回しの連続が段々クセになっていき、さらには随所に描かれる様々な映画やドラマでオマージュされたり、パロディ化されたりした元ネタシーンに気づくことで、映画好きにはたまらないまさにスルメ映画として何度も楽しむことのできるクエンティンタランティーノの映画愛とオタクぶりが爆発した初期の名作といえる。

前作にして処女作の『レザボアドッグス』の冒頭ではマドンナの『Like A Virgin』が巨根の歌であるだとかチップを出す出さないなどの強盗前の集団とは思えないほど全く緊張感のない「無駄話」を繰り広げていたが、今作ではアメリカとヨーロッパではハンバーガーの呼び方が違うだのツイストコンテストに出場してトロフィーを獲得するだの先代が尻の穴に入れてまで隠し通した金時計の話など全くストーリーに必要のない「無駄話」が随所に登場し、以降のタランティーノ作品の特徴とも言える「無駄話」の会話劇の手法が確立された内容に仕上がっている。

154分もの長尺の中でアクションシーンや劇的な展開が起こるわけではない為、好き嫌いは出るとは思うが、こういった作風で四半世紀以上の時が経ってなお定番の一本と位置付けられている辺り、シネフィル達が語らずにはいられない魅力に溢れている作品なのだと思う。
まだ駆け出しのサミュエル叔父貴の気合いが入り過ぎて少し過剰に思える演技や一見ダサいが時代もあってかどこかクールに見えて、四半世紀の時を経てやはりダサいのではないかと思えてくるミアとヴィンセントのツイストダンスなどに是非注目してもらいたい笑。

最後に『シャイニング』や『タクシードライバー』級にオマージュやパロディの元ネタとなっている作品なので、影響を受けたであろう作品を羅列しておきたい笑。
だいぶ忘れてしまったのも多くてうろ覚えだと思うが、少しずつこれらを増やしていくのも今後の楽しみである。

◎ツイストダンス
・ドラマ『共演NG』のOPで中井貴一と鈴木京香が踊る
・indeedのCMで斎藤工と泉里香が踊る

◎クーンツ大佐からの金時計
・『キングスマン』の冒頭でハリーから父の形見を渡される幼きエグジー

2015年05月09日(土)1回目
2019年08月13日(火)2回目 U-NEXT
自宅で観ましたぁ〜。

長いけど長さは感じなかったなぁ。
話の展開、
見せ所、
物、
音楽、ファッション、

映画のセンスなのかもしれない。
そんなことを感じた作品。

一言でいうなら、
カッコイイ‼️
なんです。
(^O^)

やっぱり映画は面白い🤣
>|