パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価・動画配信

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

20200121

なんだこの言い表せない面白さは笑

個々のショートストーリーはしっかりとしながらも、それらの登場人物が微妙に交わりながら話が進んでいく。

ひとつひとつの話に緊張感があるので、最初から最後まで緊張しっぱなしで本当に見応えがある。

会話体が多く、個々の登場人物の性格が顕著に表れ、それがまた個性的で惹かれる。映画全体の音楽や雰囲気も抜群。

これだけしっかり描いて、時系列も変えて、各ストーリーの登場人物やちょっとした会話を繋ぐおしゃれな構成をしてるのに、結局2人の明暗を分けるのがヴィンセントのトイレってところが痛快すぎる。
間違いなく最高傑作!


タランティーノの凄さと面白さを体感できた作品。
水清

水清の感想・評価

5.0
訳わからんのにすっごい面白いていうかカッコいい
itadoko

itadokoの感想・評価

4.0
こんな人生、歩めないけど、ちょっとだけ歩みたい。
totoruru

totoruruの感想・評価

3.2
今更ながら名作・有名作品を鑑賞シリーズ。



タランティーノ、サミュエル、トラボルタ、ブルース・ウィルスと好きな要素がたっぷり…

のはずなんだけど、思ったより刺さらなかったな😰


群像劇で時間軸を変えたりしている割には、ストーリーの交わり方が大したことなくてガッカリ。

トラボルタとサミュエルのコンビはキャラも雰囲気もイイんだけど、もう一つパンチが欲しかったな。


つまらなくはなかったけど、なんとなく雰囲気映画って感じですかね😅
愉快痛快
死ぬまで観つづけるだろう。
さかい

さかいの感想・評価

4.0
昔見た時は面白いと思わんかったけど久しぶりに見たら全然その時と感じ方が違った。
センス抜群やんけ!笑

開始早々ティムロスのファミレス強盗から始まって、強盗する前に次のチャプターに行く。今では時系列バラバラに進むのはたまにあるけど、当時リアルタイムで見てた人はビックリしたやろな笑
「メメント」なんか完全に影響受けてるよな。

特にユマサーマンとキング・オブ・ディスコがご飯食べに行くシーンが好きやな。さすがに「ビージーズ」は流れへんかったけど。笑


俺は「トイレ」が重要なポイントやと思った。
「パルプ」はトイレットペーパーに使われてるよな。
なーち

なーちの感想・評価

4.5
これこれ、タランティーノ作品。最近の作品から昔の作品観てるけど、変わらないなあこの節が(笑)意味ない会話とかもう演技とも思えんくらいどうでもいいこと、でもそれが何かあるんじゃないかと思ってついつい観てしまうところがいいよね。あと思ってもよらないことが起きたときの焦りの感情がタランティーノ作品では一番出てると個人的には思っていて、人が焦ってるとこって客観的に観てるとついつい笑ってしまう、リアルなんだよなそこらへんが。暴発のシーンはくそ笑ってしまったよ(笑)ストーリーも関係ないように見えてやっぱりつながってくるところはさすがのところ。
芋

芋の感想・評価

4.0
各エピソード時系列が異なっていて
内容もバラバラだが最後に
話が繋がりめっちゃ気持ちいい終わり方。
登場人物たちの会話も面白いし
選曲もよき。
何回観ても新しい発見がありそうで
また観たい映画です☺︎
ヴィンセントがトイレに行くと
何かしら起こるね。笑
>|