シカゴの作品情報・感想・評価

シカゴ2002年製作の映画)

Chicago

上映日:2003年04月19日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

「シカゴ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

1920年代のシカゴを舞台とした、ミュージカル映画。
キャッチコピーは「この街では、銃弾一発で有名になれる。」

殺人を犯した犯罪者が、スターダムにのしあがっていくというストーリーをミュージカル調に描いた作品。

単純に面白かった。
シンプルに物語だけでも楽しめるし、頻度の高いミュージカル要素も悪くない。
腹話術を用いたミュージカルのシーンが特に好き。
ぱち

ぱちの感想・評価

4.0
記録。コレクションかな⁉️
タガワ

タガワの感想・評価

3.6
わりと前の映画なのを感じさせない。
演出がすごく好み。
とくにあやつり人形みたいに上から踊ららされてるところ。

常にミュージカル調なので飽きずに最後までみれる、楽しい映画。

ラストのシーンは爽快感すらある。

みんな美脚で麗しい。

メッセージ性はなんていうんだろう。
頭は悪いし、踊りも一流ではない主人公、でもダンスは好き。夢は諦めるなじゃないけど、好きなことをやれ?チャンスは逃すな?女の涙を活かせ?嫌いな相手でも利用しろ?変化に敏感であれ?

なにかいい回答があれば教えてください
moya

moyaの感想・評価

3.5
シカゴって物騒なんな~
レオ

レオの感想・評価

3.6
公開当時劇場鑑賞→久々に地上波で鑑賞。
タンゴのシーン、まるっとカットされてたかも?

個人的にミュージカル映画はそのセットの中で最大限にパフォーマンスする『即席の美』的な演出が好きなので、ミュージカルシーンは空想として別空間でパフォーマンスする今作はあまりハマらず。
だっていくらでも豪華に出来そうだし!
(でも元がブロードウェイ作品だからか、舞台上での演出が多かったです。
リスペクトなのかな?)
ただ、絞首刑と腹話術式会見の2シーンの表現がずば抜けてナンセンスなハイセンスでした。
特に腹話術人形のように操れるロキシーのお人形メイクは面白いけど可愛いし、口がめっちゃ動いて声真似しようと思われる腹話術師ビリーがお茶目!
これらは特別ですが、他の演目や曲目は王道感ありありだったかな。

ブロンドのウエーブショートに真っ赤なリップのロキシーことレニー・ゼルウィガーがですね、小悪魔的に可愛いですよ。
これは応援したくなっちゃうなぁ、と思うんですが、正直あまり頭の回転は良くないらしく先を考えないし、天狗になりまくりなので女子からの顰蹙めちゃめちゃ買いそう!
女子が嫌いな女子で凝り固めると多分こうなる。
展開が天丼なのに学んでなくて『ざまぁww』と思ってしまった私の心の闇よ…。
ライバルのヴェルマさんの方がよっぽど先を見てるしかしこいのよね。
見た目が感心するほど正反対な二人なのでキャスティングした方のセンスもすごい。
結局、ロキシーが周りを振り回してるのではなく、マスコミ達が振り回してるのでまさしくコピー通り『銃一発で有名になれる』(※だがしかし誰でもなれるしマスコミによってね!)。


今は無きオデオン藤沢にて鑑賞。
shota

shotaの感想・評価

3.7
ブロードウェイ見たくなった。結末あんま好きじゃない。
ー感想ー
このテンポとカッコよさたまらないですね。『バーレスク』をコミカルにした感じですかね。サントラ聴きたくなりますね。




ー考察ー
「ミュージカルの条件」
ミュージカルに絶対必要的な条件って何だと思いますか?私は登場人物にとてつもなく高いエネルギーを胸にひめていることだと思います。
『マンマミーア』を観た時、嫌いではないんですが、なんだか楽しそうに歌っているようにしか見えなかったんですね。それに比べ『レミゼラブル』では言葉の力が凄まじく圧倒されるばかりでした。
今作はエネルギーの種類は異なるが、かなり熱い気持ちがこもっていたと思います。これからもいいミュージカル映画に出会えたらなと思います。
りょ

りょの感想・評価

-
めちゃくちゃシティ・シカゴのはちゃめちゃミュージカルだった

これはいい…………
ミュージカル好きなのに見てこなかったのが大いなる過ちだ

裁判のはちゃめちゃさとミュージカルのぶっとんだ良さとメイン3人の魅力が溢れてる。完璧ミュージカルだ

46
kikiww

kikiwwの感想・評価

4.0
上から糸が垂れてる操り人形のシーンすごく好き

ミュージカル映画ってハマるときとそうじゃないときの差が激しいけど、シカゴはアガる
>|