呪怨 黒い少女の作品情報・感想・評価・動画配信

呪怨 黒い少女2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

2.4

「呪怨 黒い少女」に投稿された感想・評価

horaAya

horaAyaの感想・評価

2.3
特に意図を見いだせないフラッシュフォワードだったけれど、雨の中、絶妙な距離感と空間を隔てた違和感の盛り上げ方は好き。ただ、『呪怨』の形式を借り、展開を踏襲するのは良いにしても、本作独自の何かを生み出せたのかは疑問。恐らく与えられたテーマなのであろう黒を活かし、闇と同化させつつ朧気な存在として見せたのは良かった。結局出してしまったのは良くわからなかったけど。何のための黒なんだろうね。
mica

micaの感想・評価

1.5
給料日の今日にウホウホでみたらあっれーーーとイスから転がり落ちた感(笑)

加護ちゃん久々にみたけど、ヘタクソすぎた😁

あなたの知らない世界の再現VTRみたいな感じだった。

瀬戸康史が若かった(笑)

なんかイミフな感じで、姉なのに妹さんの子供が何歳かもわからんのかーいみたいなツッコミたいのならご覧なさい。

でもオススメいたしません(笑)
ひっさしぶりにくらった、大外れホラー
バラエティの再現VTR感がえぐい。

ひっさしぶりに加護ちゃんを見た。
NOBODY

NOBODYの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

呪怨の方が怖いけど
たまにめちゃくちゃ怖いシーンがある

少女の自分の身体能力を10000倍にする能力で殴り殺すシーンはよかった。
今更呪怨シリーズに黒と白があることを知り鑑賞。

なんやこれ笑
asumit

asumitの感想・評価

2.6
こんなふざけた低予算映画でも、呪怨ってタイトルついてたらホラー好きは見ちゃうよね
cinemaQ

cinemaQの感想・評価

4.0
呪う理由が理不尽で良い。
布の使い方も上手いし、普通に怖い。
白い老女に比べたらそれほど……でした😅
全体的にあやふやなまま終わった感じがする😢
安里監督は『氷菓』の監督ということであまり良い印象を持っていないのだが、せっかく『白い老女』を観たので同時に楽しむのも乙かと思い観賞。

内容は『悪魔のシスター』『ブルード 怒りのメタファー』みたい。70年代ホラー好きなのか?

正直『白い老女』と比べると面白味に欠けるかな。何より黒い少女が怖くない。黒に光が反射してテカってるし、黒すぎて背景と重なってしまってどこにいるのやら。般若心径もお祓いに効くのだろうか?

特撮ネタでいうと『仮面ライダーキバ』でウェイクアップした後の瀬戸康史が出ててなんだか新鮮。この子が十五代目ヘンゼルになってお菓子を作りまくるとは...。

あまり印象に残るものはないのだが、好きなシーンが1つあって、教室で苦しそうに暴れている女の子を見ちゃう男の子のシーン良かったな!ヤバいモノを見てしまった感があって結構ビビった。あそこで女の子のパンツも見れたら間違いなく歴史に残るシーンになってたのに...。
女の子を助けたい→でもパンツも見たい!→スカートをめくると水色のパンツが!→しかし、ピクリとも動かない女の子に異常性を感じ急いで保健室へ→命はとりとめたがあのとき命かパンツかで迷った自分の愚かしさに一生苛まれる男の子であった...。
というように映画の登場人物に深みがもたらされ、ホラー界でも屈指の名場面に!

スカートめくったら真っ黒の透け透けパンツだったら逆にホラーなんだけどな。小学生で真っ黒透け透けパンツってオイオイそれじゃあまるで......(そこまでにしておけよ米猫)
Hnagi

Hnagiの感想・評価

1.5
怖いというよりかは
人がただ、どんどん死んでいくって印象の方が強い。
あまり姿を見せず、黒い少女ということもあって
なんだか、登場シーンが面白くネタのように感じるところがあった。
もうちょっと、一人一人丁寧に怖くつくって欲しかった。
あっさり死んでいきすぎる。
>|