ゴッホ:天才の絵筆の作品情報・感想・評価

「ゴッホ:天才の絵筆」に投稿された感想・評価

ありた

ありたの感想・評価

4.2
世界に衝撃を与えた表現技法と人間性が死後に評価される皮肉
写実的であること以上に人の心を揺さぶるものがあることを教わった

ゴッホは独特な昼の絵より夜の絵の方が好き
俺も歳とったらアルル期の明るいのを求めるんかな
またゴッホの絵が見たくなった
璃

璃の感想・評価

3.0
見たまま感じたままに描く天才じゃなくてその絵の背景にはちゃんと理論があるってところが本当に好き
Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.5
ゴッホの語りによるドキュメンタリー。
ゴッホの人生、画法、眺めていた景色、人間関係etcさらっと学ぶに丁度いい尺。
とくに色を引き立てるための補色の理論や筆運び、水平線のライン、目線の位置など彼の画風を学ぶにも良い教材。
kiyokiyo3

kiyokiyo3の感想・評価

3.5
映像が綺麗
ゴッホについての基礎知識がサラッと学べる
簡単にまとめてあるけど興味深い
もっともっと知りたくなる〜
朱乃

朱乃の感想・評価

3.0
ゴッホの自分の今を投影する描き方が面白い。全て自画像に近いものがあるよね。色への拘りも並大抵じゃないとこも好き。
生涯売れた作品はひとつ。ゴッホを支え続けた弟もゴッホ死後翌年亡くなり、奥さんが大切に保管していた。ある時急に人気が上がったが、未だにゴッホ財団は容易に絵を売らない。
芸術ってその絵の価値と世の中のタイミングだから面白い。
Asami

Asamiの感想・評価

3.3
ゴッホについて、何も知らなかったけど、
見たら作品をより近く感じれるようになった。

ゴッホは黄色にこだわったという。

それから、反対色を使うと色がよりハッキリ見えると気付いて、積極的に反対色を使ったというのがおもしろかった。

黄色と青を使った、「星月夜」が好き。

このレビューはネタバレを含みます

サクッとさらっとゴッホの人生を知るにはちょうどよし!
去年どハマりしてたくさん本読んだからちょっと物足りない感はあったけど手軽で良いと思った!
TS

TSの感想・評価

4.0
「ゴッホ〜最期の手紙〜」と併せて鑑賞。
こちらはゴッホが語り部となって絵のモデルとなった場所や遺品や手紙を追うドキュメンタリー。
〜最期の手紙〜と併せて観たのでとても面白かった。
しばらくはゴッホが頭から離れない。
KANON

KANONの感想・評価

4.3
映像美
胃腸炎で苦しみながら必死でゴッホのレポート書いたの思い出した。
Maria

Mariaの感想・評価

3.5
短くて良い。
他の画家と違ってゴッホはやっぱり孤独魅力的。

出てくる女の人美人。
>|