永遠の門 ゴッホの見た未来の作品情報・感想・評価・動画配信

永遠の門 ゴッホの見た未来2018年製作の映画)

At Eternity's Gate

上映日:2019年11月08日

製作国:

上映時間:110分

3.6

あらすじ

「永遠の門 ゴッホの見た未来」に投稿された感想・評価

motcha

motchaの感想・評価

-
出たっ。どっぷり自己陶酔オナニー映画。
ボクちゃんの演技上手いでしょ?
ボクちゃんのシナリオ詩的でしょ?
ボクちゃんのカメラきれいでしょ?

陶酔するのはいいけど真っ当な映画が撮りたければ自己抑制も必要ですよ。

ゴッホの絵は冗漫さとは対極にある芸術だと思うんだけど、ゴッホを描く映画が冗漫でもいいって、どうして思っちゃったんだろう?
研ぎ澄まして削って削ってそぎ落とさなくっちゃ、そう、ゴッホが戦ったように。
(200920レンタルDVD)
巨峰

巨峰の感想・評価

3.9
映像と音楽が好き。

『ゴッホ〜最期の手紙〜』を観たことがあり、ほんの少しですが知識があったので更に楽しめました。

ウィレム・デフォーの青い瞳が美しくて見入ってしまいました。
A

Aの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


ゴッホの目には、自然や人間がどう見えてどう感じていたんだろう。どう動いて、どんな色だったのだろう。人から理解されず、嫌われていたにも関わらず、僕の見ているものを皆に見せたい、共有したいと言っていたのが虚しく悲しかった。
彼は人との関わりを欲しているようで、1番自由でいられたのは永遠に続いているかのような広い自然の中で、1人絵筆を走らせている時だったのかもと思った。

施設のベンチで、神は君を苦しめる為に才能を与えたのか?醜い絵、とも言われたゴッホが、未来の人々の為に描いていると言っていて、彼は最後まで諦めずに自分の孤独と才能に揉まれながら向き合っていた様に感じた。

作品自体は、オランダやパリでの苦悩は描かれていないけれど、名作が多く生まれた最期の数年にフォーカスされていて良かった。

彼が作品中好きだといっていた謎の多いシェイクスピアと同じく、謎の多いゴッホの死は絵だけでなく、その人生をも後世の人々を夢中にしている。。

カメラワークはあのくらい大袈裟でもゴッホの異端ぶりを見るのには良いかもしれない。途中ゴーギャンが印象派の画家について色々言ってたが、モネはいいよって口挟むゴッホが可愛く思った^_^ ウィレムデフォーのハマりっぷりに拍手!
marimo

marimoの感想・評価

4.0
映像構成がとても面白い。

ゴッホは精神病棟にいれられており、
自殺し、死去してから絵が売れた。

くらいの認識しか無かったけど、
ゴッホの観ていた景色が分かる映画。

天気の良い休日の午前に観ると、
すっきりする作品でした。
コ

コの感想・評価

5.0
心から尊敬する人物の1人ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。その彼の伝記作品。


ゴッホの人生をテーマにした作品は幾つかあるが、今作は比較的暗い作風になっていると感じた。

実際、華やかな人生を送ったわけではないが、ゴッホ自身の視点になったカメラワークであったり、その際に少し画面を歪ませて目が悪いのを演出したりと、様々な工夫がそういった部分を強調しているのではと思う。

自分と周りとの価値観の違いに悩み続けるが、唯一の理解者である弟とのシーンがとても美しく描かれていたのが良かった。

自殺説、他殺説あるが個人的には自殺だったのではと解釈している。作中は他殺であったとの解釈だが、作品通して観ると自然な流れでありそれも面白かった。

上記で尊敬していると述べたがまだまだ知見が浅いので、もっと学んでいきたい。
yutomovie

yutomovieの感想・評価

3.8
エゴを通すときと通さないとき。エゴを通すことで周りに反感を招くことを社会不適合者とするならそれもすごく乱暴な話。他人を傷つけることを肯定するのではなく。。

良いとか悪いとかで決めづらく、内容ではなく描き方。伝わるかどうか。結局自分か。
紫陽花

紫陽花の感想・評価

3.5
そういえばゴッホ展って行ったことないかもしれない。
あれ?行ったかな?どうだっけな。
「潜水服は蝶の夢を見る」以来、実に10年ぶりぐらいにジュリアンシュナーベル監督の作品を見ましたが、やはり同じような空気を感じて、なんというか常人ではないなぁと思いました。
終始映像が美しかったです。
一般的ではない男

ゴッホの視点とゴッホをひたすら映す。
画はキレイなんですが、ひとつの解釈的作品で、真実とは限らないですよね?

ゴッホ作品のひとつひとつの書かれた背景ではなく、今も残る素晴らしい作品が書けるのは感性が常人のソレではないから=イカレてる、だけが一貫して主張されてたように感じます。

アメリカ合作とはいえ、オランダ出身フランス暮らしなのにほぼ英語です。
わだかまりが残りました。
Yuto

Yutoの感想・評価

2.6
ゴッホの絵は色のきめ細かさや力強さをよく感じていた。ゴッホも太陽の光を意識して描いていたと新しい視点を持てたとき、彼の生命や自然に対する賛美を光の中に感じられる。彼もやはり印象派の一端を担った人間なのだなあと。

映画自体も光がとても心地よく、ゴッホの歪んでく視点とかも描いてて、とても愛情を感じた。
そして、やはり「描きたい」という熱狂的欲望が絵画への気持ちの源泉であるあたり、芸術家だなと感じた。

映画としては、なんか、監督というか、これを制作した人きっとナルシストなんじゃない?と思った笑
芸術的な雰囲気を出してるけど、出してるだけで、こうゆう癖のある映画をとってるんだぜすごいだろ感、を感じてしまってむず痒かった。
内容よりも芸術っぽくすることを優先しすぎてなんか違った。
ゴッホの視点で揺れたり寄ったりするカメラワーク、色の美しさ、光の入り方、シュナーベル監督らしい感じ◎画面のそこここに有名絵画が登場する。
>|