ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価・動画配信

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

なかよしの友人たちと読書会なるものをやってみようという話になって、記念すべき第一回目の課題図書に『ゴッホの手紙』が選ばれたのでいい機会と思って映画も興味を持って見てみた!

内容は、ゴッホの死の謎をゴッホが関わってきた人物(彼と交流があり、彼が描いた人びと)に訪ねて探るというもので、完全な作り話ではないからそこに面白さや新鮮さはなく、なんとなく全員がとくになにも言ってないみたいなモヤッとしたものだった(まぁ仕方ないのか)。

ただやはり、ゴッホの絵画風の画面が動くというのがなんとも不思議ですごく楽しかった!ワクワクしました!どれだけゴッホの絵画が特徴的であったのか、そして愛されたり研究されてきたのか、としての結晶みたいなキラキラを感じました✨
とくにエンドロール、うわ〜楽しんで作ったんだろうないいないいな!ってなる☺️

と同時にアニメーションとは何なのかとボンヤリ考えてたりした💭なぜ絵が動く必要があるのか…?絵とは何かも考えはじめるとまだぜんぜん分からなくて(それに関する本読んだり研究とかもしてないけど…)頭がヒートしますね…

シアーシャローナン!!😍知ってる人が出てきて嬉しかった☺️なんだかこのときぽっちゃりしてる

欲を言えば、ゴッホがいたのはフランスなのでフランス語でやってほしかったな〜というのはあります💭
肖

肖の感想・評価

2.0
製作方法は独特で面白いと思った ゴッホの激動の人生が本当に作品のタッチに表れてたってことがより鮮明に伝わった もともと大体のゴッホの生涯を知ってる上で観たのでそこまで大きな心の動きは無かった 好きなゴッホの作品は夜のカフェテラス
りりー

りりーの感想・評価

4.8
ゴッホが手紙で言っているように、彼は芸術家として地位やお金を持てず、社会的に孤独だった。
誰のために絵を描いているのだろう?という疑問が頭の中に常にあったのだと思う。
でもゴッホの絵は人の心を動かし続けている。
アルマンも、この映画のカットを作っていった一人一人の画家も、ゴッホの死因を探りながら、彼の苦悩を共有し、彼と同じ「旅」をしていたのではないか。
この映画作品のすごいところは、何人もの人生の旅を観せながら、自分(観客)にも同じ旅路にいることを思い出させるところにあると思う。幾重にも思いが重なり、心揺さぶられた。
本当に凄い。凄すぎます。内容も面白いけれども、映像が素晴らしすぎて感動しました。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.9
油絵で描かれる世界。
それだけで感動してしまいます。
映画館で見なかったことをすごく後悔した映画🎞
こう

こうの感想・評価

3.9
久しぶりに映画見たよぉ、なかなか見られん
全てが油絵という画家さんの苦労を垣間見ることができました。ミステリーな感じで進んでいって結構楽しめたと思います。
bellecat

bellecatの感想・評価

3.7
絵画を見ているような不思議な感覚
謎だらけのストーリーとも相まって引き込まれた。
MIHIRO

MIHIROの感想・評価

4.2
全編油絵のタッチが斬新で言葉がなくても永遠に観ていられるけれど、お話自体もとても良くて最後は切なくて悲しくなってしまった、、。
ゴッホの言葉のセンスがとても素敵。
beychan

beychanの感想・評価

4.1
油絵でアニメーション作ろうっていうこと自体がすごいですよね。
制作発表のときから楽しみにしていて、映画館に2回見に行きました。
亜硝

亜硝の感想・評価

4.3
すごすぎる
ゴッホの絵に出てくる人だけで立派な一本のミステリーを作り上げた脚本もすごい

人物も背景もグニャグニャ動くのでなかなか体力使いますが、観る価値十分
ゴッホの画風でアクションとかするシーン面白すぎる。拳とか点描になってるし……

他殺説を推す医者のおっちゃんがかわいかったです
全編にわたりゴッホへの敬意を感じました
こういう伝記映画は気持ちが良い

2020年190本目でした
>|