ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

本日劇場予告観ました!

全編が動く油絵で構成の
アートサスペンスって‥

何てこと驚!素敵すぎる
凄凄凄凄凄凄凄すぎる‥

ちょっと信じられない‥
絵画が動いてたんですが

どんなストーリーなのか
気になりすぎるんですが

あの耳切りの自画像とか
有名すぎるヒマワリとか
その辺のくだり出るの?
ゴーギャンとの関係は?

予告じゃ分かんない〜泣

是非試写会行きたいです
宜しくお願い致します!
ゴッホ風の油絵のアニメの中で
ゴッホの死の真相に迫るミステリー
アイデアも面白いが、作り上げた偏執狂的な監督・スタッフたちに拍手
ガジェ医師や郵便配達人が動きしゃべる
美術好きにはもう、それだけで心躍る!
BFI LONDON FILM FESTIVALにて。
ゴッホ最期の手紙について言うまでもない、凄く美しくて、華麗な映画です。各シーンで芸術的な流れが流れて、映像を真実的に再現しんがために、65千からする油絵を工夫で周到に書きました。さすが、本当に味わい楽しむにたる映画です。
内容について、各人物は追想した時に、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ画家の人生は白黒のフィルムで芸術的に出ました。ゴッホ画家は悩みの極みに、芸能を一番狂気に没頭しました。孤独だし、苦痛が一杯だし、それに病気に拷問にかけられたが、絵を書くの依存、なるべくみんなに芸術をもたらしたい画家の映像は正確で詳しく描写されました。男優の演出もヴィンセントの深遠な内心と痛みを表することがよくできました。そして、感動を感じました
最後、音楽は不可欠な分でした。遅くていとおしい音節と早くて劇的の音楽の組み合わせが素晴らしいすぎたので、最初のintroの曲から、鳥肌がたってしまった。
本当に見るにたる傑作です。
I want to touch people with my art. I want them to say " He feels deeply, he feels tenderly"
-Vincent Van Gogh-
2017試写
名画が動いてる!と絵ばかり見てしまったので次は吹替版で観よう
@試写

画家ゴッホの最後の日々とその死の謎をひとりの青年が追っていく物語なのだけれど、まずは〝動く絵画〟というか、ゴッホの絵のなかに入っていくような作られ方に感嘆する。

ゴッホの絵画を再現したセットなどで実際に俳優たちが演じた映像を特別に開発されたシステムによってキャンバスへ投影、オーディションで選ばれてゴッホの筆のタッチを再現できるように訓練を受けた総勢125人のアーティストが計62450枚の油絵を描き、12枚の絵画が1秒の映像へとアニメーション化された。

例えば、ゴッホはピアノを弾く姿など3枚の絵を描いているのにその顔はいつも隠れているガシェ医師の娘マルグリット。シアーシャ・ローナン(『ブルックリン』)が彼女を演じ、その面影を残しつつも、ゴッホの絵に描かれたマルグリットと上手く融合されていて、舌を巻く。

主にアニメーションの短編映画を作ってきたドロタ・コビエラ監督は、最初は全編、自ら油彩で描こうと思っていたのだという。それが私生活のパートナーでもある共同監督のヒュー・ウェルチマンの提案で、7年間をかけたかつてない長編映画のプロジェクトに。

「私は人生を通して鬱と闘ってきました」と語る彼女を救ったのがゴッホが生きた軌跡だったという。原題はLoving Vincent. ゴッホの絵の世界のただなかで流れていく時間。その一瞬一瞬を形作る絵筆の動きのすべてにゴッホへの敬愛が満ちているかのよう。
心のどこかでちょっと気になってしまった。近くの劇場でやっていたら観に行きたいものです。
二回観たほうがいい映画。
ゴッホの絵が好きな人にはたまらないと思う。

1回目は観賞用として観て、2回目から話を理解する見方をオススメする。
絵画が動いているようでなんとも不思議な感覚に陥る。また、あちらこちらで見覚えのある絵が出てくるため、この絵見覚えある!と思わず叫びたくなるそんな映画。

ゴッホの残した言葉がとにかく素敵。
そして、私もこのくらいの変人になりたいとさえ憧れが芽生えるそんな映画です。
ぼびー

ぼびーの感想・評価

5.0
試写@アスミック
大学の頃、一般教養の選択授業で「美学」を履修していた事もあり、ゴッホの絵は割と美術館で観ていた。それもありのっけから目を奪われ、気づいたらエンディング。ストーリーを確認する為、もう一度観たい。映画を観る人は「経験」として通っておくべき傑作。
マスコミ試写会@アスミック・エース試写室 18:30開映