ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

あの有名な絵画が動いている、それだけでまず感動する。
ゴッホはなんて不憫な画家だったんだろうと今まで思っていた。
だけど、少なくともテオはゴッホを支えていたし、生前から彼を評価していた画家もいた。そして、後世になって、こんな映画をつくろうという情熱と才能を持った芸術家たちが現れて、多くの人たちに美しい映像とともにゴッホの存在を伝えた。
ゴッホの人生がちゃんと報われている気がして、ほっとした。
真弓

真弓の感想・評価

3.9
予備知識なしに観たから、最初びっくり!!
内容ももちろん面白かったけど、ただただ映像?の迫力!
白黒の時だと、普通に白黒テレビって錯覚しちゃう。
yuma

yumaの感想・評価

3.9

役者たちの演技を油絵で描き直すという、聞いたことない手法の作品。ゴッホの作品が動くというのは、それだけで見る価値ありかと。

残された手紙をきっかけに、ゴッホがは自殺か他殺だったのか探るストーリー。ゴッホを好きな人なら、誰もが気になるところですが、ゴッホの周りの人たちの証言を元に探っていくのが面白い。

ゴッホが好きな人には絶対オススメ。
とり

とりの感想・評価

3.7
100人の画家が1人の画家に捧げる愛の映画。映像オンリーでも見る価値あり。
細部まで作り込まれた動くパートと回想のモノクロパートの調和がよくとれている。ゴッホが内包する闇こそが、ゴッホの目から見える太陽や風景をまばゆいものにしているのだと思う。
 全編油絵アニメーションと言う驚異の手法に、おぉっ、と驚いたのも数分、結構早くに目が慣れてしまい。この表現だからこそ伝わってくるもの、と言うのは、少なくとも美術リテラシー、映像へのフェチズムを持たない自分にはそんななかった。

 となると、問題は、画ではなく話になるわけだが、これも、うーん。
 ゴッホと言う数奇な画家は、多く人々の耳目を集めるだけあって、その表現に迫る物から人物像に至るまで多くのアプローチで、読み解かれ、描かれてきたのだろう。その蓄積の中で、これまでとは違う観点でと持ってこられたのが、死の前後にゴッホに何があったのか。それを死後、ゴッホとテオの郵便のやり取りに多く携わった郵便局員の息子が、人々に話を聞いて回ると言うスタイル。ぶっちゃけ微妙な変化球。ゴッホ通でもない自分にはまったくと言っていいほどピンと来ない。
 最終的に、ゴッホの足跡、そして死への歩みをトレースしていく事が、その誰だか知らん一人の若者(言う程若くも無いか?)の人生を照らしていくと言う構図も、ぶっちゃけ、お前誰やねんって話だしなぁ。

 百数十人の画家が、云万枚、4年の歳月で描き出したゴッホの世界、と言う事にのみ敬意を表してもこの点数、かな。
 ゴッホ通には何か、新しいものがあるのかもしれん。
 これの前に見た「世界で一番ゴッホを描いた男」の方が全然面白かった。
斬新で見たことのない映画
ゴッホの絵画が動きだす

ただ、絵で認められたかったゴッホの死の真相

人生は強い者の心も挫く
kojiメン

kojiメンの感想・評価

3.2

実話映画
こ、こ、これはスゴイ!
手書き処理を含め映像処理が圧巻。
内容は、ゴッホの生涯作でなく、
謎の死因の話。全体的に秀作
2049

2049の感想・評価

5.0
ゴッホの死の真相を巡るサスペンス。全編『動く油絵』による映像で構成された作品。いったいどれだけの情熱があればこんなものを作ることが出来るんだという驚愕の映像美だ。途方も無い制作過程を考えると狂気さえ感じさせる…狂気的な作り手のこの作品への情熱は、ゴッホの絵に対する情熱にもリンクし圧倒的な感動を生み出している。
映画において、見たことがないものを見せてくれる、というのはそれだけでその映画に十分な価値を感じさせるポイントだと思うのだが、その点においてこの映画は圧倒的な魅力を持っており、他に類を見ない傑作だ。
コミュニケーションが苦手で対人関係に問題を抱え、絵を描くことでしか自らを表現出来なかった不器用な天才の灼熱の業火のような情熱は彼の死後多くの人々に感動や喜びを与えている。そのことを想いながら最後の「作品で人々を感動させ、深く優しく感じていると言われたい」というゴッホの言葉に深く強い感動が去来する…
scarface

scarfaceの感想・評価

3.5
誰がこんな映画考えたんだ。油絵で一コマ一コマ制作していくなんて。ゴッホの狂気と相まっている。。
林檎

林檎の感想・評価

5.0
良い意味で想像を裏切られた!まだ1回しか観れてないけど、これは1回じゃ足りない。6万枚以上の油絵のアニメーション化、素晴らし過ぎて字幕に集中できない!!笑 100人以上の人が描いてるから、所々描き方に若干違いがあってそれもまた面白く良かった。
映像美だけかと思っていたら、内容もちゃんと面白くて最後まで退屈せず楽しめました。

ゴッホには同情しきれないところが多々ある。テオが頑張って絵を売り出しても、生前売れた絵は1枚だけだなんて悲し過ぎるよ。
>|