ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

3.9
100人もの画家によって作られたと知って驚いた。美術館に行くようなものだ。その美しさに感動。
事前情報ゼロで鑑賞。油絵のタッチは最初慣れないかなと思ったけど、進むにつれてその表現の多様性が面白くなってきた。雨のシーンが多くて、どれも油絵の雰囲気と合っているなと思った。効果音、自然の音も素敵だった。
話の流れがややこしくて、登場人物一人一人の思いを想像しているとと置いていかれそうだった。逆に言えば、一人一人の物語を考えさせられる話だった。
Emiko

Emikoの感想・評価

3.8
動く油絵が斬新で、それだけでも見飽きないのに、ゴッホの手紙をもとに彼を辿っていくストーリーも良かった👏彼に対する人々の印象は両極端だったけれど、共通認識としてあるのが、絵に対する情熱の強さと天才的な画家だということ。随所に散りばめられたゴッホの名作は必見ものでした。
あんまハマんなかったな〜。もったいない気がする。絵はすごい。
最後には泣きすぎた。10年間100人の画家たちが描いて作った美しくて新しい映像美に圧倒された。ゴッホはどれほど優しく暖かい人だったんだろう。映画専攻、美術専攻、そしてどこでどのような形だとしても「芸術家」として居たい人は劇場で観るべき作品だと敢えて言い出します。
約100分間の全カットが主に油絵で動きまくる、狂気のようなアニメ作品だった。
ゴッホの伝記的内容なのでよく知ってる人にはおなじみだと思うので退屈になりそうだけど、自分はゴッホのことは殆ど知らなかったのでかなり楽しめた。
独特な色彩や点と線を眺めながら色覚異常説を思い出した。あと、アブサンと。
nanako

nanakoの感想・評価

3.1
とにかく映像に圧倒された。絵なのにところどころ限りなく映像に近く、不思議な感覚に襲われた。どのシーンをとっても “絵”になる作品。土曜日の夜紅茶を飲みながら見たいような映画。
SeanbySean

SeanbySeanの感想・評価

4.1
ゴッホの手紙を預かったひとりの男が、
それを持ってゴッホの最期の真相を探る旅。結局、真実を知るのはゴッホだけ。
ひとつの旅が終わった。
不世出の画家の生涯はとても悲しくも
あり、誠実にも感じた。

また、本作が100人の画家による油絵調であったことが驚きで、ゴッホに対し敬意を持ち非常に良いと思う。
ゴッホの絵が生前ほとんど売れなかったという話は知っていたが、苦悩を抱えながら壮絶な人生だった。創作活動をしてる人は特におすすめ。
いつ再生が止まっても絵になるなぁと思った
>|