ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

kayo

kayoの感想・評価

3.9
とりあえず 良い。
内容はドキュメンタリー系?かな。
この映画を観れたことに 感謝って気持ちになる
ハナメ

ハナメの感想・評価

4.3
偉大な画家の足跡を彼のタッチそのままで描く、アニメーション作品。

「あの風景」や 「あの人 」が生き生きと動く様子がとっても新鮮。
黒澤明監督の「夢」を初めて観たときのようなワクワク感。

ぜひ、シリーズ化してほしいです。次はピカソとか。写実的ではない作品を映像化するという限界に挑んでほしい。

エンディングの曲も沁み渡る。
sato

satoの感想・評価

-
ゴッホの狂った視覚から、「誰がゴッホを殺したか?」というテーマで描かれた全編油絵の作品。
なので目がグルグル〜🌀
hinano

hinanoの感想・評価

2.0
ロマン主義的ゴッホ観の何度目だよの焼き直し。作画が凝ってるのも部分的で実写トレースがほとんど。
gqgq69

gqgq69の感想・評価

3.7
すごい!ですよ。でもすべてをこのタッチでやる必要は、果たしてあったのだろうか?ゴッホ個人の話に”ゴッホ風”の映像がつくことに、どこまで意味があるのだろう?ゴッホ本人の視点の時だけがあの映像だったら、もっとメリハリの効いたものにならなかったか?残念ながら、スタッフの皆様ご苦労様でした、という感想だけになってしまう。と、否定的に書いてますが、是非観てほしい作品だと思います。
おみず

おみずの感想・評価

5.0
本当に油絵が動いている!と驚き。最初のうちは若干違和感を感じるけど、見ていくうちにその世界観に慣れた。

ゴッホの生涯を周囲の人達の話から探っていくような形。知っているゴッホの絵が何枚も出てきて、見ていて楽しい!

とても綺麗で、ストーリーも良かった。心に残る良い映画。
すごいすごい油絵が動くってそんなの見たことあった?
人が演じたものをアニメーションにするってなに?
すごい
それだけで感動だけどやっぱりゴッホの生き様に感動してしまう。
お金とかそういうところとは別に、絵を描かないと生きていけない男の不器用な人生の最後の話だ…
ゴッホにとって死はネガティブなものではなかった、少なくとも手紙を書いているゴッホにとっては。ゴッホにとって人生は人生という1つの区切りでしか無いのだと思う。そこに始まりがあって終わりがあることを当然と思い受け入れている。ゴッホは人生そのものを愛していたと思うし、私はそれが羨ましいと思う。
櫻葉

櫻葉の感想・評価

5.0
とても最高なので見て欲しいです……創作される方はとても心に響くと思います
eanak

eanakの感想・評価

4.4
🌻
夢をみてるような綺麗な映画だった。
人物の登場場面で、あ!あの画の人だ〜。と繋がっていくのも楽しく、特に郵便局長さんのポートレートだけが最後に何枚も出てきて、わたしの好きな画でもあったので愛を感じてボロ泣きしてしまった
an

anの感想・評価

4.0
クリエイティブな活動をする人にはオススメの映画。
全て油絵で作られてるのが圧巻。
ゴッホの有名な絵が舞台になるシーンもあって見応えある。
最後のゴッホの言葉に全てが詰まってると思う。
不器用で優しくて生きるのが下手な人だったんだろうな。
>|