ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価・動画配信

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

あらすじ

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

rei

reiの感想・評価

3.3
自分用記録
ストーリー ○
キャスト  ◎125名の画家が参加
リピート  △

全て絵をつなげた映像。
125名の画家がゴッホのスタイルで描きストーリーを展開していく。
まさかの表現で斬新だった。
だけど少し映像がしんどくなる部分もあってこれの好みは分かれそう。

そもそも絵は好きだけどゴッホという人物は全く知らなくて、亡くなってから有名になったという事くらいで観賞
そのため、ゴッホ自身の苦悩や生き様、周りのいろんな感情が入り混じっている感じも表現されていて入り込めた。
ゴッホって扱いにくくて、人から遠ざけられているイメージがありますが、この映画を観て彼へさまざまな想いを寄せている人がいるんだな、と感じました。

とにかく映像が凄すぎる。
油絵ってよくわかんないなーと思っていた私が、油絵ってすごいな!になりました。
Burnie074

Burnie074の感想・評価

4.0
ゴトゴトシネマ主催、
喫茶メフィストフェレス2階ミニシアターにて鑑賞。
全編、油絵で描かれていてびっくりした。
光と影、陰影の描写が本物の絵画みたいで面白かった。
サスペンスというよりゴッホの生き様を描いた作品で、あまり見たことないジャンルだったので良かった。
ながみ

ながみの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかく、名作を見た、という余韻をひたすら長く感じていた。これは映画館で見るべき作品だったと強く思うし、たまたま見ることができて本当に幸運だった。

最初は画面の美しさに圧倒され、(それは最後まで続いてはいたが)内容の出来も本当に良かったため話もしっかり入ってきた。
まるでADVのゲームをしているような気分になり、これはゴッホの死の結末を解き明かすものなのか?と思えば、彼を取り巻く様々な人々の言葉や感情を辿っていくものだった。
彼の死の理由は最後まで私達生きている人間の受け取り方に委ねられている。

絵がどうしてあんなにも眩しく、美しく、風や温度を感じさせるのだろうか。いや、絵だからこそなのかもしれない。
どこを切り取ってもまさに「絵になる」し、私にはひとときの瞬きも許されない気がしていたのだ。

ゴッホが、光に向かって歩いていく姿が焼き付いて離れない。彼は星に向かっていったのだと理解した。彼のあらゆる命への向き合い方は、苛烈で、優しくて、きっとあの絵のように世界が見えていたのだろうと思うとそれが眩しくて仕方がなかった。

何度でも見たい。けれど何度も見たくはない。初めて見た時のこの衝撃を、きっと超えられはしないだろう。
ストーリーは本格的なミステリー。
少しずつ出されるヒントを辿っていく。
しかし、掴めそうで掴めない。
ゴッホの絵のタッチの様に、大きな波紋になって
するりと手の中から滑り落ちていく。

たまに、「どのシーンを切り取っても絵画の様」と評される映画があるが、
これはまさに、1コマ1コマが絵画である。
アニメと違って背景まで書き込んでいる。
人物が動くたびに背景も少しずつ変わる。
動画にする事によって、それが浮き出てくるのが素晴らしい表現でした。
125名の画家によって描かれた6万枚もの絵。
ゴッホに対するリスペクトが伝わってくるし、
描き上げた画家さん達には敬意しかない。


2021-71
動く油絵🖼

貴重な体験をできたというのが率直な感想。
アニメはアニメでも、どこかで見たことのあるものでは全くなく、まさかの全て油絵で作られている作品。
その枚数、6万2450枚と書かれていた。

内容以前にその画を観ているだけで楽しい。
特に普段から美術館で絵画を観に行くようなタイプの人なら、普通に楽しめると思う。

大袈裟に言うと、映画館と美術館を同時に堪能したみたいな気分になれる。

また、画だけでなくストーリーもなかなか面白い。

郵便配達員の父親をもつ主人公が、死んでしまったゴッホの弟のテオにゴッホの手紙を届けるように頼まれるところから始まる物語。
でも、早い段階で弟のテオも他界していることを知った主人公ら疑問を抱く。
そもそもゴッホは何故死んだのか?と。
弟以外に手紙を渡すべき相手を探しつつ、ゴッホの死の真相にも迫っていく。

予想に反してサスペンス的な一面も含まれている内容で面白かった。

今作は、まず実写で俳優さんが普通の映画みたいに撮影して、それをわざわざ油絵にしたらしく、その手間を考えると凄まじい時間が費やされているなぁ…と。
その一方で、演じた俳優さんはどんな心境なんだろとも思った🙄

未知の映像体験ができたことも含めて観て良かったです。
b

bの感想・評価

-
確か00年代半ばごろにロシアで動く油彩という表現をとったアニメがあったのでこの表現が初というわけではないんですよね


なぜ死んだのかという彼の死の理由を探る視点は良い
他のゴッホの伝記映画の場合ゴッホ自身が主人公で最後に亡くなるというオチが必ずくるので

画面がすごすぎて話が頭に入らないので二回連続で観る人も多いのでは
めまい

めまいの感想・評価

4.5
ゴッホという人物がいかに孤独で誰からも理解されなかったのか。彼を理解しようとする人物は殆どいなかったが、彼は周りの人全てを理解しようとしていた。正に「愛か狂気か」。

全編油絵のアニメーションが実にアーティスティックで一回観たら忘れられない。実写ではなくアニメだからこそ、これ程情緒に訴えかけてくる作品になったのだと思う。
Pocket

Pocketの感想・評価

5.0
迷うぐらいなら観た方がいい作品。
CG技術が発達している昨今に、この作品は全て手作業の油絵で描かれているそうだ。
映画館で上映されている時期に、予告で「酔いそうだな」と思って観ていなかった。
狭いTVで観ても、風邪かと思うぐらいぞくぞくしてしまった。
ストーリーはまずまずだが、なにより絵の移り変りに惹かれた。
100人以上の画家が描いた狂気と哀悼の作品だと思う。
naoki1220

naoki1220の感想・評価

4.5
西洋画のアニメーションが素晴らしい、巨大な美術館を音声ガイド付きでめぐり終えたあとのようだ。
>|