木靴の樹の作品情報・感想・評価

木靴の樹1978年製作の映画)

L' ALBERO DEGLI ZOCCOLI

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:187分

ジャンル:

4.0

あらすじ

19世紀末の北イタリア、ベルガモ。 貧しいバティスティ一家は、小作人として農場に住み込んでいた。 同じ村に暮らすのは、6人の子どもと父を養うルンク未亡人、 美しい娘マッダレーナのいるブレナ一家と彼女を愛するステファノ、 けちで知られるフィナール一家であった。 4家族は皆、そこに住む土地、住居、家畜に農具等、すべての領主から借りて生計を立てていた。 ある日、バティス…

19世紀末の北イタリア、ベルガモ。 貧しいバティスティ一家は、小作人として農場に住み込んでいた。 同じ村に暮らすのは、6人の子どもと父を養うルンク未亡人、 美しい娘マッダレーナのいるブレナ一家と彼女を愛するステファノ、 けちで知られるフィナール一家であった。 4家族は皆、そこに住む土地、住居、家畜に農具等、すべての領主から借りて生計を立てていた。 ある日、バティスティ家のミネク少年の大事な木靴が割れてしまう。 村から遠く離れた学校に通う息子の為に、父親は河沿いのポプラの樹を伐り、 新しい木靴を作ろうとする。だが、その樹木もまた領主のものであった。 貧しい暮らしながら、気高く、美しく人生を生きる農民たちの姿を描いた感動の名作。 監督・脚本・撮影・編集は、イタリアの巨匠エルマンノ・オルミ。 出演者は全て素人の農民で、オール・ロケーション、自然光での撮影による徹底したリアリズムが、 全編に溢れる詩情の映像美を生みだしている。

「木靴の樹」に投稿された感想・評価

よしみ

よしみの感想・評価

2.0
ドキュメンタリー風に
いくつかの家族の生活を
延々と3時間超(笑

途中で場面を
農村から
都会にスイッチしたりする
工夫はあったけど
観る側は少し辛かった

前半の
何かを察知した
豚の鳴き声が強烈すぎて
最後に
ある家族に訪れる
悲しい出来事に
集中できなかった

観た後、
じわじわくる作品かも
hiroki

hirokiの感想・評価

3.8
やはり豚の屠殺場面の日常性がこの作品の凄みではあるし木靴の樹(ポプラ)を切ってしまい(この場面自体は若干ユーモラスでもあるのだが)その結果として村を追い出され路頭に迷うであろう一家の残酷な運命にイタリア映画を感じる。新婚の若夫婦が貧農ゆえ養育費が貰えるということで孤児院で赤ん坊の養子を引き取るくだりの自然さは恐ろしいくらいだ
2018.8.23
CS
貧しくも、凛とし、優しい、人の営み。そして、受け入れることしかできない悲しみ。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

5.0

「木靴の樹」
先月やっと廃盤の本作を手にし、再鑑賞したが素晴らしい187分を体験した。貧しいながらも自分達の仕事に誇りを持ち家族達を養う農民達を描き、出演者が皆素人。そこにリアリズムや詩的映像美を感じる。本作は78年にパルムを受賞し夕映え、残映、暮色の捉え方が心の底から感動する。
annanna

annannaの感想・評価

-
新文芸坐 オールナイト
<世界の映画作家Vol.200 追悼エルマンノ・オルミ>
併映 『聖なる酔っぱらいの伝説』、『緑はよみがえる』
hyak

hyakの感想・評価

-
なんだか最近どうもわたしは都会を離れて農業でも始めるべきなのでは??みたいな妄想に取り憑かれがちなのですが、それはともかくこれをスクリーンで見られたのは本当によかったすごく幸せなきもちだった
marika

marikaの感想・評価

4.3
豚のシーン
隣人愛信じちゃうかも 教養として宗教もっと学んでみたいと思った、素直に
俺

俺の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

大傑作。3時間だし映画館じゃなかったらキツかっただろうなとは思うけど。テレビ番組用に作られたということでエピソードが重ねあげられてく感じで話が進むんだけど、そのエピソード毎に結構泣きそうになる。え、そこ?ってなるブツ切りの編集も良かった。泣かせどこで毎度音楽が入ってくるのは良くなかった。木靴のための木を切るところは、木の切る音だけがコーンコーンと鳴ってた方が絶対良かった。最後は救いがあるかと思った。
邹启文

邹启文の感想・評価

4.7
凄い、日常が物語になっている
心地良すぎ、ずっと見ていられる
何よりも感動したところはドキュメンタリータッチという手法を取っていながらカットを割ってるし、むしろイマジナリーラインをつなげて見せてるところかな
ただ素人に演技させたって領域を超えているよね
これは眼福だった。ずっと観ていられる。

オルミ監督が祖母から聞かされた昔の農民の話を再現。自然光だけでの撮影、すべて素人の農民で構成された作品。こだわってますね。小作農4家族が営む貧しいながらも助け合い神に感謝する厳かな生活。生きるのに必要な事柄は自らで完結させている人間力にホレボレ。家電が働いてるのに家事がめんどくさいとか言ってる自分に猛省。学校に通い始めたミネク坊やの木靴のくだりは子どもへの正しい愛情が悲しい結果に。それを受け入れざるを得ない4家族の静かなラストが秀逸だった。
>|