木靴の樹の作品情報・感想・評価

木靴の樹1978年製作の映画)

L' ALBERO DEGLI ZOCCOLI

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:187分

ジャンル:

4.0

あらすじ

19世紀末の北イタリア、ベルガモ。 貧しいバティスティ一家は、小作人として農場に住み込んでいた。 同じ村に暮らすのは、6人の子どもと父を養うルンク未亡人、 美しい娘マッダレーナのいるブレナ一家と彼女を愛するステファノ、 けちで知られるフィナール一家であった。 4家族は皆、そこに住む土地、住居、家畜に農具等、すべての領主から借りて生計を立てていた。 ある日、バティス…

19世紀末の北イタリア、ベルガモ。 貧しいバティスティ一家は、小作人として農場に住み込んでいた。 同じ村に暮らすのは、6人の子どもと父を養うルンク未亡人、 美しい娘マッダレーナのいるブレナ一家と彼女を愛するステファノ、 けちで知られるフィナール一家であった。 4家族は皆、そこに住む土地、住居、家畜に農具等、すべての領主から借りて生計を立てていた。 ある日、バティスティ家のミネク少年の大事な木靴が割れてしまう。 村から遠く離れた学校に通う息子の為に、父親は河沿いのポプラの樹を伐り、 新しい木靴を作ろうとする。だが、その樹木もまた領主のものであった。 貧しい暮らしながら、気高く、美しく人生を生きる農民たちの姿を描いた感動の名作。 監督・脚本・撮影・編集は、イタリアの巨匠エルマンノ・オルミ。 出演者は全て素人の農民で、オール・ロケーション、自然光での撮影による徹底したリアリズムが、 全編に溢れる詩情の映像美を生みだしている。

「木靴の樹」に投稿された感想・評価

annanna

annannaの感想・評価

-
新文芸坐 オールナイト
<世界の映画作家Vol.200 追悼エルマンノ・オルミ>
併映 『聖なる酔っぱらいの伝説』、『緑はよみがえる』
hyak

hyakの感想・評価

-
なんだか最近どうもわたしは都会を離れて農業でも始めるべきなのでは??みたいな妄想に取り憑かれがちなのですが、それはともかくこれをスクリーンで見られたのは本当によかったすごく幸せなきもちだった
marika

marikaの感想・評価

4.3
豚のシーン
隣人愛信じちゃうかも 教養として宗教もっと学んでみたいと思った、素直に

このレビューはネタバレを含みます

大傑作。3時間だし映画館じゃなかったらキツかっただろうなとは思うけど。テレビ番組用に作られたということでエピソードが重ねあげられてく感じで話が進むんだけど、そのエピソード毎に結構泣きそうになる。え、そこ?ってなるブツ切りの編集も良かった。泣かせどこで毎度音楽が入ってくるのは良くなかった。木靴のための木を切るところは、木の切る音だけがコーンコーンと鳴ってた方が絶対良かった。最後は救いがあるかと思った。
邹启文

邹启文の感想・評価

4.7
凄い、日常が物語になっている
心地良すぎ、ずっと見ていられる
何よりも感動したところはドキュメンタリータッチという手法を取っていながらカットを割ってるし、むしろイマジナリーラインをつなげて見せてるところかな
ただ素人に演技させたって領域を超えているよね
これは眼福だった。ずっと観ていられる。

オルミ監督が祖母から聞かされた昔の農民の話を再現。自然光だけでの撮影、すべて素人の農民で構成された作品。こだわってますね。小作農4家族が営む貧しいながらも助け合い神に感謝する厳かな生活。生きるのに必要な事柄は自らで完結させている人間力にホレボレ。家電が働いてるのに家事がめんどくさいとか言ってる自分に猛省。学校に通い始めたミネク坊やの木靴のくだりは子どもへの正しい愛情が悲しい結果に。それを受け入れざるを得ない4家族の静かなラストが秀逸だった。
ブタを屠殺するシーン、これをきちんと映すことでオルミの世界に対する態度を信頼した。ともすれば命が与えられるものであることを忘れそうになるが、彼らはその間を蔑ろにしない。田舎、辺境、前近代的な生活を過度に美化するようなイメージには辟易するものだが、本作はカメラが観察者的な眼差しに徹している印象があり、程よく抑制された演出によって押し付けがましさを感じることなく観ることができる。子供たちが可愛い…笑 動物たちの瞳。
学校に通い、近代の知識を身につけていく坊や。僕もアンセルモおじさんのトマトが食べたい。
新田畳

新田畳の感想・評価

4.0
舞台は19世紀後半のイタリア。
土地、家畜、住居、身の回りの物の殆どが地主からの貸与で成り立ち、作物の2/3を地主に渡さねければならない厳しく貧しい生活を強いられる小作農4家族の物語。

キャストは全て素人の農民を使い、人工照明を一切使用せずに自然光のみで撮影。

冬の黄昏時の澄んだ空気、蝋燭の薄灯りに浮かぶ人影と表情。
観ているだけで安らかな気持ちになれる素朴で美しいシーンが多く、当時の庶民の生活を追体験しているような感覚さえ覚える。

都市部ではデモ隊と国家間で激しい衝突がある一方、片田舎では厳しいながらもゆったりとした時間が流れていたのが印象的で、当時の農民がどういう立ち位置にいたのかを象徴的に表していたように思う。

時代が移り変わろうとする中で、革命とは程遠い生活を余儀なくされる人々がいた。
「彼らは気の毒だ」と単純に言い切れない何かがずっと心に引っかかっている。
最初は「のうみんぐらし…」と思って見ていたが、長屋みたいな共同住宅に住む各人に厚いドラマが用意されていて感服した。
語らずに語るということの妙に、最後は黙して見送ることしかできない。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.5
先週亡くなったエルマンノ・オルミ監督の代表作。
学生時代にカンヌ映画祭のパルム・ドール受賞という事で話題になった作品だが、結局観る事ができずにやっとの鑑賞。3時間を超える大作とは思わなかった。
19世紀の北イタリアの田舎の村人の生活を描いたもので、殆どのキャストは地元の本物の農民らしい。海外の紀行ドキュメンタリーのように淡々と綴られていく。
絵画のような自然光の撮影による風景は美しい。だが、それ以上に貧しい農民の生活や過酷な仕事の様子、家畜の屠殺シーンなどのインパクトが強く、綺麗なものも霞んでしまう。
例の子供の木靴のエピソードも後半にさらりと描かれるだけなのに、なおさら哀しい印象が残る。
エンタメ性は皆無の映画ではあるが、死ぬまでに一度は観ておくべき一本である。
>|