アイアンマン2の作品情報・感想・評価

アイアンマン22010年製作の映画)

Iron Man 2

上映日:2010年06月11日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.7

「アイアンマン2」に投稿された感想・評価

ローズを返せ!!!

ペッパーは優秀な秘書のままでいいだろ!!

トニーもおっさんなんだから変なノリばっかいらんのや!!!

そういうのはスパイダーマンとかスターウォーズとかで若い子がやってればいいんだよ!




私はおっさんヒーローの葛藤が見たいんだ。
【あらすじ】
スタークが「私がアイアンマンだ」と、
言い放ってから半年。スタークに恨みを持つイワンは自動で動くロボットのドローンを作りアイアンマンに襲いかかる。

【感想】
出てきたナターシャ!!強い!
カッコイイ(☆∀☆)
アベンジャーズキャラがゾクゾクと現れて興奮!スパイダーマンとか、ソーのハンマー最高(^^)最後にスタークへのナターシャの評価は笑った(^-^)
前に見たときはアイアンマンシリーズの中で一番好きだった2。
やっぱ最高だった。
スタークの人間味を感じ、ドラマ性がより強く感じられるようになっていると思った。
アベンジャーズとの繋がりもより強くなり、見ていて興奮する。
ナターシャがまじで可愛すぎる。
mei

meiの感想・評価

3.7
\\ 秘書にしたい美女NO.1が登場!//

あと3日で『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されますね。ま、ま、待てない!!!!

ということでマーベル作品をポチポチ観て逸る気持ちをどうにか抑えてすごしている今日この頃です。(大体レビュー済だからレビュー数増えない事件)

アイアンマンはやっぱり最初が1番印象的で、3が一番面白くて、2はどんな内容だったのかぼんやりしてたけど改めて観たらすごく良かったよ〜!

今回は親子愛ですね!父(ハワードスターク)から愛されていなかったと思い込んでいたスタークだけど実は……。ネタバレになるから詳しく書けないけどこんなん泣いちゃうよ(;_;)!!

『キャプテンアメリカ』を観たばかりだったからもうハワードへの愛が溢れて……。←めっちゃいい男なの

ナターシャ(ブラックウィドウ)もでてくるのが嬉しい(*ˊૢᵕˋૢ*)作品がクロスオーバーするのってワクワクするよね♪♪

次は何の作品を観ようかな〜♡










-----------
クロスオーバー大作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』でアベンジャーズが終わってしまったら何を楽しみにして生きていけばいいのか…。ダークユニバースは期待できないし…DCに頑張ってもらうしかないのか?
※一年越しの想いが重すぎて公開前にナーバスになっております。しばらくこういう事が起こると思いますが広い心でスルーしていただけると嬉しいです。
展開が読めちゃうのが残念。
再鑑賞

アイアンマンシリーズ2作目
前作に引き続きCGアクション満載です。今作よりアベンジャーズメンバーが登場してくるので期待感が高まります。
しかし、アイアンマンへの変身は男心をくすぐります。スーツケースからアイアンマンになるというアイデアなんて最高!
TEL

TELの感想・評価

4.0
<こういうヒーローだから好きになったのかも>

アベンジャーズを観て意味不明だったので、アイアンマン→アイアンマン2と観てみました。率直な感想を言うと、素晴らしく面白かった。

アイアンマンが生み出される過去と今を描いたアイアンマン1も素晴らしく面白かったんですが、アイアンマンがいる世界と新たな敵を描いた2は、迫力と人間関係と爽快感がたまらなく良かったです。

特に、ハマーエキスポから飛び出して高架下をものすごい速度で飛び抜けていくアイアンマンのスピード感や音や迫力は凄まじかったですね。戦闘シーンはまぁまぁでしたが、飛んでぶつかって敵をなぎ倒していくアイアンマンの描写は流石の一言。

ストーリーもアクションありきのおなざりなものでは決して無く、自分の体を蝕む問題や、会社経営、将来への葛藤などなどいろんな面が複雑に絡み合い物語を深く面白くしてくれていました。

そして、アベンジャーズや次回のMARVEL作品への布石などなどを織り交ぜてくるあたりも良いですね。私は「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」から観始めたので内容が意味不明だったのですが、こうやって順番通りに観ていくとすべてが一本の先につながるというか、面白さもどんどん膨らんできて逃げられなくなってきますね。

余談ですが、エイジ・オブ・ウルトロンを観たときは本当に意味不明で、「スタークへ恨みを持ってる」、といわれてもその「スターク」が何かわからなかったのでそこから置いてけぼりになっちゃいまして…

というわけで、超大作アクション映画としても、アベンジャーズへの布石としても、ヒューマンドラマとしても面白い作品だと思いました。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.7
マーベル祭り!!
「.../インフィニティ・ウォー」に向け、
TSUTAYA プレミアムを使って、一気に予習中!!(勝手に提供はTSUTAYAさんでお送りします。笑)

<ヒーロー映画×ドラッグ映画>
前作のラスト、"アイアンマン"ことトニーが記者会見をしていた頃、
その様子をTV画面からながめる一人の男がいた。
彼の名は"イワン・ヴァンコ"
ある理由でトニーを恨む彼は、
モナコで行われるカーレースを襲撃する準備を着々と進めていた。
一方、その頃、
トニーの体にもある異変が起きていて...。

いや~、予告編が初公開された時、
どれだけDS i LLでリピート再生したことか...。(↑時代を感じる。笑)
そのとき、自分は、まだ中学1年生だったので、やはり時の流れを感じますね。(←お年寄りの方並みに、過去に思いを馳せてる。笑)

正直、初見の際は、
1作目が名作すぎたこと、
前回で人格者になったと思っていた"トニー"がOPから調子にのっているところが気にくわず、あまりハマらなかったのですが。笑
改めて鑑賞してみると、
ブラックウィドウや、ウォーマシン、トニーの父"ハワード"が初登場するので、MCUにおいては結構重要な回だったのかもしれませんね...。

このあと、少々ネタバレが含まれております。
気になる方はお気をつけください。


*******************************************


個人的に、
気になったのは、シールドのエージェント"コールソン"がキャプテン・アメリカの盾らしきものを見つけて、「これは何だ?」と聞いたシーン。
このあと公開された「アベンジャーズ」では、コールソンが大のキャプテン好きということが明らかになりますが、意図せずに撮ったであろうこのシーンも、今になってみると、意味深に見えますね。笑

また、登場人物がプレゼンテーションをするシーンも印象的でした!
トニーや、彼のライバル会社社長"ハマー"がプレゼンをするシーンでは、TEDやappleのような雰囲気なのに対し、
彼の父が"スターク・エキスポ"についてのプレゼンをする映像では、ディズニーランドを紹介するウォルトディズニーの様でした!

あと、余談ですが、
ラスボスのやられ方が、すっごい「プレデター」に似てるような?(←どちらも観たら分かる。笑)

ところで、ジャンルの中にドラッグ映画といれさせていただいのは、本作の描写が微妙にそれに似ていたから。

ご存じの方も多々おられるかもしれませんが、"トニー"演じるロバート・ダウニー・Jrさんは過去に薬物で問題になったことがあり、公開時も、そんな彼の経歴と本作が似ているという感想をよく聞きました。

具体的に言うと、
主人公が、ある物質の中毒になり、
体に毒素が回っていくのですが、その濃度が頂点になった時の自暴自棄な行動は、ラリっている状態にも似ていたかもしれませんね。


*******************************************


というわけで、
前作と比べると、だいぶストーリーが軽くなった印象の続編ではありましたが、そのおかげで、痛快なヒーロー映画になっているので、まだの方は是非観ていただきたい、安定の続編でした!!

参考

This is what happens when you reply to spam email | James Veitch
https://youtu.be/_QdPW8JrYzQ
(↑こちらがTEDの映像)

Hear the Tale 'Pirates of the Caribbean' From Walt Disney
https://youtu.be/uof_fMbGyIM
(↑そして、こちらはウォルト・ディズニーがディズニーランドのアトラクションを紹介する映像)

ロバート・ダウニー・Jr - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BBJr
(彼の薬物問題に関してはwikiでも詳しく書かれています。)
アベンジャーズの影がいろいろなところに見えてくる今作。
それを探すだけでも楽しい。笑

さすが2だけあって、
アイアンマンのかっこよさが格段にアップした!!
(戦闘というかビジュアル的に笑)
アイアンマンの苦悩や人間関係とかいろいろ見所はあるが、
それを言葉で伝える力は私にはない。笑

美女にいいところ見せたいハッピーおじさん可愛い!
とだけ言っておく笑
>|