前科 仮釈放の作品情報・感想・評価

「前科 仮釈放」に投稿された感想・評価

無頼シリーズの続編らしいが外伝とも取れる。まぁ、あのシリーズより結構甘々。軟派で軽い。タイトルだけが渋い
『無頼シリーズ』後の新シリーズとはいえ、いくらなんでも似すぎ。
トレードマークだった革ジャンを着ていないだけで、渡哲也のキャラクターがほぼ同じ。
兄貴分を敢えて「センパイ」と呼ぶのもそうだし、何より女性器のことを「そのものズバリ」と呼称するセンスも変わってない。

特にどうということもない日活ニューアクションだが、松原智恵子の歯科医ルックは収穫。
大木実がいつもの調子で出ているだけで嫌な予感はしたが、任侠映画の型どおりでしかなく退屈。渡哲也と杉本エマ(棒演技)、すらりとした二人は絵になる。ドスを片手にラストのアクションが新宿駅西口でのゲリラ撮影。今はなき新宿ミラノ座も映る。
カッコよくて強くてかわいいだけでなく、お洒落でユーモラスな渡哲也。
警官との寸劇と歯医者のシーンが可笑しい。
この時代の任侠・やくざ映画をほとんど観ていないので珍しいことではないのかもしれないが、大木実の「義理や仁義はそう簡単に廃れはしない」といった意味の台詞が逆説的に、そういった任侠映画を成り立たせている精神が通用しなくなっていることが伺え、興味深かった。

どのシーンから渡哲也がハットをとって戦闘モードに入ったのか見逃してしまったのが悔しい。

お決まりの、敵対する組の親分刺して
出てきたら所属してた嘗ての組は誰かの陰謀でちりぢりに…というやつです。

「女にたかる毛ジラミ野郎」
だとか、セリフの良さが印象的。

いかにも日活っていうイメージの
芝居がかった部分と、
お決まりの清純成分松原智恵子の
恋愛パートはやはりダルい。

推しの渡哲也さんはサイドベンツが深すぎて泣いた(ダサい)
私にもスーツ選ばせてくれ!!

この作品における最大の収穫は
沖雅也と杉本エマです。
めちゃくちゃ良い。

@ラピュタ阿佐ヶ谷