海賊ブラッドの作品情報・感想・評価・動画配信

「海賊ブラッド」に投稿された感想・評価

GaPTooth

GaPToothの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1935年当時、御年26才のエロール・フリンの溢れんばかりの魅力がギューッと詰まった作品。

1685年。英国。
「英国の民よ!王位強奪者を倒せ!」
英国王ジェームズ2世に対する反乱で負傷した反逆の徒を治療中に"無実の反逆罪"で捕縛されたピーター・ブラッド医師。

3ヶ月拘束された後、絞首刑になるところをジェームス2世の気まぐれで、英国の植民地西インド諸島ポート・ロイヤルへ奴隷として売られてしまう。

ポート・ロイヤルの総督ビジョップの姪に10ポンドで買われたブラッドは、医師としての腕をかわれて比較的自由を得る。

脱走計画があわや失敗といったところに、タイミングよくスペイン王フィリップの旗を揚げた海賊登場!どさくさに紛れてスペインの海賊船を奪って脱走。

1687年「風を受け!自由への旅立ちだ!」
かくして海賊ブラッドの航海が始まった!!
もうエロール・フリンの輝くような笑顔が眩しいッ(☆∀☆)キラーン☆

カリブ海の脅威となった海賊ブラッドは、トルトゥーガ島でフランスのルバスール船長と出会い協定を結ぶ。

ルバスールが捕虜として連れて来たアラベラを守るために、2万ポンドでアラベラを買い戻そうとするブラッドの心はうまく伝わらず。

ブラッド VS ルバスールの剣戟シーンは圧巻!!ルバスール役のベイジル・ラスボーンが波打ち際に倒れて顔面を波にザバーン!!とさらされている死に様ナイス(y゚ロ゚)yオーッ!

アラベラをポート・ロイヤルへ送り返そうとするブラッド。
ポート・ロイヤルに返ると絞首刑になる!と恐れる仲間たちを説得して向かう。

が!なんとブラッドが海へでている何年かの間に時局が変化しており、ジェームズ2世が失脚しフランスに亡命したために英仏戦争が勃発。
現英国王がウィリアムであり、そのウィリアムがブラッド海賊団へ英国海軍としてフランスとの戦いへの参加要請をしていることを知ったブラッドたちは「祖国と家族が持てるぞ!」と意気盛んに!!

指示出しをするエロール・フリン。
戦うエロール・フリン。
あーぁ眩しいッ*。・+(人*´∀`)+・。*

ブラッドが、ポート・ロイヤルの総督になりアラベラとラブラブで良かったね!な終幕。ちゃんちゃん( ノ^ω^)ノ
死ぬまでに観たい映画1001本より421本目

リアル志向の「パイレーツオブカリビアン」ですね。
どちらかと言うと陸上の話が多いです。
戦争などの歴史背景をしっかり描いているので、どこの国とどこの国が仲が悪いのかなどが、勉強不足で途中から着いていけてなかったです( ̄▽ ̄;)

たまに決闘シーンや海戦シーンが混ざります。
モノクロ時代にはかなり完成度の高いシーンでした。
nasty

nastyの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

舞台は17世紀のイギリス。
ジェームズ2世の時代。
反逆者の烙印を押され、奴隷になり、海賊として独立し、最後はハッピーエンド。
海賊を海軍と迎えるという非現実的なストーリー展開。
恋にうつつを抜かし、判断が甘くなる主人公。
最初は海賊じゃないじゃんと思ってたけど海賊になってからはなかなかちゃんとできてんなーと思いました。
No.96[これが本当の『パイレーツ・オブ・カリビアン』] 80点

めちゃ面白い。剣戟トリオの映画にしてはあからさまな剣戟シーンがほとんどなくて、奴隷→自由の身になったブラッドたちの華麗な反復を繰り返すことでその自由さを増幅させる、なんとも幸福な映画だった。しかもフリンは平時通りカリスマ性の結晶のような人物で、なんともムカつくニヤケ顔なんだけど、こんな捻くれた私ですらちょっと惚れるくらい圧倒的に行動がイケメン。友達多そう。全体的に無駄なロマンスみたいなのが全然なくて、一人のカリスマを中心に真の自由を求めた男たちのアドベンチャー的要素が強い。

最後の海戦なんて迫力の塊で、正直どっちがどっちか分からないけどハラハラしちゃう。やはり船を使うのは『戦艦バウンティ号の叛乱』や『我は海の子』のようにハリウッドが一番上手いんじゃないか。
青山

青山の感想・評価

3.7

1685年のイギリス。
反逆者の治療をしたとして島流しになった医師のブラッドが、共に流刑に遭い奴隷となった仲間たちを率いて島から逃亡し海賊になるお話。


The・エンタテインメント!!ブラッド船長万歳!!
1935年の作品ですが、エンタメとして王道な作りは(今見るとご都合主義的でもありながら)夢中になって楽しめます。島流しの上奴隷にされたところから、度胸と機知と悪運の強さで海賊の船長になり全てを手に入れに行くっていうカッコ良さな!主人公のブラッドのキャラクターに一本芯が通っているので気付けば彼を慕う海賊団の一員になった気分で「ブラッド船長!」と呼びかけたくなってしまう。そんな強い魅力を備えた主人公であり映画でした。
どなべ

どなべの感想・評価

2.0
リマスタがうまくいっていて、とても綺麗な映像だった
ご都合主義のみに頼って物語が進むので、非常に甘い作りに感じた
k

kの感想・評価

4.0
心が踊りっぱなし!提示されるモチーフの変化は分かっていても気持ちいいものである
yasumax

yasumaxの感想・評価

4.0
古い海賊映画なので、レトロ特撮観たさだけのつもりでしたが、内容も展開も惹き付けられました♪
海賊の面々は雰囲気がパイレーツオブに繋がる部分を感じますね。
またブラッド役の俳優さんがライアン・ゴズリングに見えて仕方なかったですw
ヒロイン役のオリヴィア・デ・ハヴィランドも綺麗‼
犬

犬の感想・評価

3.6
負傷

1685年、英国
医師のピーター・ブラッドは反逆罪により、英国の植民地ポート・ロイヤルへと送られる
そこで奴隷として買われ、暮らし始めるが....

ラファエル・サバティニの原作小説を映画化したアクションアドベンチャー

奴隷の身から這い上がる!

船での戦いは見応え十分

爆発とかアクションもまあまあ良かった
石炭攻撃もスゴい

奴隷でも分かってくれる人はいる

いろんな海賊がいますね〜
>|