グラディエーターの作品情報・感想・評価

グラディエーター2000年製作の映画)

GLADIATOR

製作国:

上映時間:155分

ジャンル:

3.8

「グラディエーター」に投稿された感想・評価

清楓

清楓の感想・評価

4.8
小さい頃からなぜか好きな映画。

あの髪型が似合うのはラッセル・クロウしかいない。

誰からも愛されず、愛されたかった王の哀れな姿は腹立つんだけど何故か最後まで見届けたくなる

素晴らしい映画ですよ、ほんと
87pei

87peiの感想・評価

4.0
5回目位の鑑賞。大好きな設定で定期的に見ています。まぎれもない名作(*´꒳`*)
あき

あきの感想・評価

3.4
歴史もの・長編なので気合い入れてたけど、分かり易く作られてた。
特に演技が気迫迫っていた。
みかん

みかんの感想・評価

4.0
西暦180年帝政ローマ時代を舞台にした、1人の高潔で勇敢な元将軍である剣闘士の復讐劇を描いた歴史スペクタクル。

皇帝である父を暗殺して帝位に就いたコモドゥス。父が帝位を継がせようとしていた優秀な将軍の主人公マキシマスを謀略に嵌め、処刑しようとする。マキシマスは逃亡し、全速力で帰郷するも既にコモドゥスの命令により、彼の家は無残に破壊され愛する妻子は殺されていた。

マキシマスは気を失って倒れていたところ奴隷商人に捕らえられ、剣闘士として売り飛ばされてしまうが、、。


剣闘士のバトルシーンが毎回スリル満点で、どうやって切り抜けるんだとドキドキハラハラが止まりませんでした!

特にローマのコロッセオに移ってからは、まさに「パンと見世物」に熱狂する大観衆の中での、戦車あり、虎あり、集団戦ありのグレードアップしていく迫力の大激戦は圧巻。

剣闘士仲間との友情。
マキシマスの勇気、寛大さへの大喝采。
家族の復讐だけでなく、コモドゥスの統治で腐敗していくローマ帝国を止めるために戦う姿。

様々な思惑がうごめく中、どんな危機にも冷静さを忘れずに勇気や信念、正義を貫いていくマキシマスに感服。

ラストシーンは一連の物語を包む構成で、感動でした!

ちなみに、このラストシーンですが、リドリー・スコット監督は撮影期間入っててもどうしようか考えてなかったそうで、たまたまラッセル・クロウがそんな仕草してたのを見たそうで、それにインスピレーション得て決めたそうです。お見事!
ひろ

ひろの感想・評価

3.5
面白かった!
苦手な感じだと思ったけど全然いけたわ。
ラッセルクロウがえらいカッコいいw

もしかして石原良純に似てるな〜と思った人がホアキンなのかしら?
途中から良純ムカつくわ!って見てたw
T

Tの感想・評価

4.0
妻子を嬲り殺しにされた、ある将官が、
皇帝に逆らう話です。敵討ち。
恐らく皇帝のモデルはカリギュラだったと記憶してます。
麦畑のある、ヒスパニアの自領へは戻れませんでしたが、心は常に、故郷にあったはずで、切ないですね。
『グラディエーター』鑑賞
リドリー・スコット監督の映画でラッセル・クロウ主演の映画。古代ローマ五賢帝と言われるマルクス・アウレリウス・アントニウスが治めていたローマだったが歳で死が近づいてきていると知っていたアウレリウスは皇帝位を息子ではなくローマの将軍、マキシマスに譲ると言うがそれに失望した息子コモディウスは父を殺しマキシマスを反逆罪で処刑することにするが。。。

なんとか助かったマキシマスだが彼を剣奴隷(グラディエーター)として「パンと見世物」で活躍することとなり民衆や剣奴隷に支持されるようになる。有名になったマキシマスたちはコロッセウムで戦うことになるが。。。。

この映画は飛行機の中で初めて見てもうすごい興奮した記憶がある😅今日久々に見たけどやっぱりあの興奮が戻ってきた😭
nico

nicoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


国王のバカ息子のせいで妻子も殺され…復讐を果たして自身も果てた。最後までクソ息子。近親○姦やろう。
TK

TKの感想・評価

3.7
ドン底に突き落とされた元将軍が新生皇帝に復讐する話。40分くらいから面白くなる。
主人公にジェラシー感じてた人が 嫌がらせをするお話しです(^-^)

主人公が稲穂(?)に手をかざしサラサラしてるシーンが 何故か一番印象に残りました。

ドラマ★★★
見易さ★★★
>|