グラディエーターの作品情報・感想・評価

「グラディエーター」に投稿された感想・評価

なべ

なべの感想・評価

3.7
《リドリー・スコット》監督による歴史超大作。西暦180年のローマ帝国を舞台に、地位と名誉を求める皇帝と復讐を誓った1人の剣闘士との壮大なアクションムービー。迫力があるアクションに目が行きがちですが、主人公の葛藤や苦衷を描いた人間ドラマでもあります。内心は単なる復讐劇でも良かったですが、終わってみるとこのラストも納得。

ローマの政治思想に注目して観ようかと思ってたけど、いつの間にか物語の方が気になり そっちに集中してました…(^_^;)

キケロは男の中の男、

授業中にみた

家族が殺されたところ見たときはしんどかった
EkishoChin

EkishoChinの感想・評価

5.0
It well represents the power of justice and love. No matter what kind of social status you are being placed in, no matter how you are treated unfairly, your soul is still there and nobody can step in. Although the setting is back in the age of Roman Empire, it still has a lot of things to learn about the daily lives today in this modern day.

このレビューはネタバレを含みます

ラストで皇帝が死ぬとは思わんかった。歴史を変えちゃうのかよ、と。でも物語としてはカタルシスがあって良かったかも。この世界でのローマはこれ以降どうなっていくんだろう。共和制に移行していくのか。

このレビューはネタバレを含みます

主演のラッセルクロウがかっこよかった!
ただ、それ以上に印象に残ったのが悪役かつキーパーソンのコモドゥス
彼は皇帝である実の父に見限られ、最愛の人は最も憎い男のことが好きで、民衆の人気もマキシマスの足元にも及ばず、最期はマキシマスと対照的に誰にも掲げられず孤独に死ぬ…と散々な扱い
こういう事が作中以前にも積み重なって、そのせいで彼は性格が歪んでしまったのではないでしょうか
ラッセルクロウがカッコいいね。

人間も所詮は獣かな
gp

gpの感想・評価

2.9
怒るラッセル・クロウは見応えあったけど
戦闘はグロくても、血しぶきとか死体が都合よく片付けられてたり緊張感がない。ストーリー展開も新鮮さが無くて惹かれない。結局エンタメ映画って感じで、そこからの感動も何も感じなかった。長いし
WOWOWで無限に見てる
曲がパイカリだと毎回思うし毎回ラッセル・クロウかっこいい
ぴん

ぴんの感想・評価

3.6
期待以上にラッセル。
惹きつける何かがある。

割と重めだけど。
ayakaf

ayakafの感想・評価

4.0
始まり方とか、光の当たり方とか、演出の仕方がとにかくかっこよかった!!!
ラッセルクロウのあの眼差しにやられた!
滲み出る感じ!

最近いい映画ばっかり観てる気がするなぁ。
>|