オアシスの作品情報・感想・評価

オアシス2002年製作の映画)

오아시스/OASIS

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.2

「オアシス」に投稿された感想・評価

seiji

seijiの感想・評価

4.0
前科3犯の世間ずれした男と重度の障害を持った女性の物語。
つかみどころのない主人公、終盤までヒロインに対する思いの真意がわからなかったが、木を切るシーンでハッキリした。
これは純愛なんだと。
ヒロインを演じたムン・ソリの女優魂、凄い。
犯罪者、障害者。
もちろん異なるものであるが、その境遇や苦悩は、本人もその家族も似たもののように映った。

伝えたい想いや行動が、他人から理解されないという苦しみ。それを共感し合える二人の特別な関係。セリフや表情だけだ伝えられない難役であるのに、それを訴えてくるムン・ソリの演技がヤバい!現実と空想の描写が、それをいっそう際立たせた。

終始、どこか薄暗く重たい雰囲気が続く映画の中で、ラストシーンの白いシャツと白いシュシュで着飾ったコンジュ、日の光で照らされる暖かな色に描かれた部屋を掃除する姿は、とても印象的。

序盤で挫折しそうだったけど、
最後まで見て良かった^_^

主人公とヒロインが健全にみえてくる程、二人の兄がクズ過ぎるw

タイトル回収はラストシーン前。
WTF

WTFの感想・評価

3.1
記録
以前に知人からのお勧めで鑑賞しました。
韓国映画だけでなく、今まで見てきた映画の中でも衝撃の度合いはトップクラスとも言えるほどの作品。

前科者で社会に馴染めない男性と、脳性麻痺で重度の障害を持った女性。一般社会から除け者にされた2人の純愛を描いた物語。

いやいや、主演2人の名演に完全に打ちのめされました。特にムン・ソリ。障害で体が不自由な役柄を、本当にそうとしか見えないほどの凄まじい演技力で表現していましたね。

実際ご本人もリハビリ施設で働いた経験があるらしく、それを演技に投影したとのこと。
それでもここまで圧巻の演技を見せられる人はそうそういないでしょう。そう思うくらいとにかく衝撃でした。

世の中には映画だけでも色んな形のラブストーリーがありますが、この映画が描くのは正しく純愛。どんな立場であろうと、どんな障壁があろうと、互いを好きだと思う気持ちは変わらない。そこに駆け引きや余計な要素は何もなく、ただただ相手を愛するだけ。

周囲の人間は当然誰もこの恋愛を理解しようとしませんが、逆にこれが2人の純愛をより高めていっていたように思えました。

ラストシーンの印象深さも非常に大きい。生々しい場面もいくつかあるので、とても家族で見れる内容ではないし、恋人同士でも付き合いたてのカップルは見ない方が賢明でしょう。
1人で見るか、このような映画に理解のある人と見るのをお勧めします。

ただ何度も言うように、ムン・ソリの神がかりな演技だけでも見る価値は、その辺の映画よりも数十倍あります。
レビュー難しい。
韓国には障害を題材にした映画が多く、
それも、容赦なく徹底的に描写するから衝撃を受ける。

邦画の「悪人」を思い出した。
全く違う内容なんだけど、、、
「何をする人が悪人?」という問いが再燃。

悪人だらけだった。
利用する。邪魔にする。
自分のことばかり。
嘲笑や冷笑、好奇の目。
歪んだ力関係。
決めつける。
心の声なんて気にもしない。
時間のスピードを合わせる人もいない。
無関心も悪人。

この映画の中の誰かになってしまっていないか、自分に問う。

温かい恋心の話。
観て良かった。

このレビューはネタバレを含みます

脳性麻痺と前科持ち
オープニングは壁掛けに外の木の揺れが映り、風が窓を叩く音

ギョングは終始鼻をくしゅくしゅさせ、普通ではない空気感で出所したままの姿で街を漂う
ソリは全身の筋肉が自由に動かせず、意思表示すらもままならない

手鏡に光を反射させて鳥に見立てて一人遊び

悪気はないが、常識も空気も読まず、いつ罪を犯してもおかしくない雰囲気
不法侵入しレイプしようとしたら気絶したため逃げ出した
ドア越しにセックスを聞かされて涙する
兄に公共マンションを借りるための道具として利用され、独り古アパートに捨てられる
ソリはレイプしようとしたギョングに電話
重度の障害者でも頭や心の中は全く同じ
妄想する自分の姿は健常者
誰一人としてソリの話を聴こうとすらしない
誰一人としてソリの気持ちを知ろうとしない
ソリの望みを受け入れてセックスしただけなのに犯罪者にされてしまう
脱走してでもギョングはソリのために、オアシスにかかる影を消そうと木を伐る
何も変わらないギョングからの手紙
一所懸命に掃除するソリ
埃が舞い輝いている
影のないオアシスと何か光を手にしたようなソリの変わらない日常でFin

障害者ものが数多くつくられる韓国で、この映画の切り口や距離感は他と違う
この題材をこのテイストでつくれる韓国映画界は悪癖が多いが力がある
いちゃんどん
M

Mの感想・評価

-
鏡に反射した光は鳥や蝶のように移ろう 好きな色は白

とても美しいと思った
>|