フェラーリの鷹の作品情報・感想・評価

「フェラーリの鷹」に投稿された感想・評価

たたみ

たたみの感想・評価

4.0
あまり期待してなかったが、意外や意外!アツくてカッチョいいオトコたちの話で、燃えた!

プライドが高いのにヘタレな主人公と、クールだけど内に秘めたアツさがある上司のコンビ、めちゃいいな。腐女子でないけど、これは萌える!

あと、ローマの有名な観光地を爆走したり、車がゴロンゴロンしたり、観てるこっちがハラハラするシーン多し笑
Yagi

Yagiの感想・評価

3.5
・レーサー上がりの男をボスとする強盗団に翻弄される刑事パルマ、強盗団へ潜入の命を受け、かつて強盗団のボスを捕らえたことがある上司の指導で運転技術を磨く
・この頃のヨーロッパの車はかわいい、フェラーリはさすがのカッコよさ
タイトルとポスタービジュアルに惹かれて、2019年の1本目に選んだ珠玉の1品。

…のはずでしたが、見事に肩透かし食らいました(笑)
Ryan

Ryanの感想・評価

3.2
序盤と終盤のカーアクションシーンは実車のリアルさがとかも良かった
中盤のスパイ映画的な展開も良いアクセントになっていて全体的に良い映画だった

このレビューはネタバレを含みます

56.
そうそうこういう感じの作品が私は好きなんだよ。テンプレなんだけどいい感じに丁寧でタメがあって。カーアクションが見どころな作品。
いい感じの主人公の人物造形がぶっとんでいるwジミーウォング映画になんか近いw独断専行で相棒を殺してしまうとか犯人を確保しないで勝手にレースやって事故死させたりもうどうしようもないwwwこういうひどさは好きだ。
パルマは超人的な車裁きで多くの見どころをユーモラスに見せてくれる。イタリア映画入門には案外いいかもしれない一作。
好きな場面は、前を見ないで座席を倒したまま運転して、狭い場所を駆け抜ける場面。パルマはうまく抜けるんだけど競争相手は失敗してしまう。それもそのはず、パルマは空を走る電車の電線を見ながら運転していたのだ。こういう拍子抜けした展開、大好き。
ステルヴィオ・マッシ監督作品。マウリツィオ・メルリ、オラツィオ・オルランド主演イタリア映画。ローマに突如現われたレーサーくずれのフランス人銀行強盗団。警察をあざ笑うかのように、奴らは驚異のドライビング・テクニックで追跡をかわし、次々と凶悪な犯行を重ねる。それを追うローマ市警きっての暴走刑事マルコ・パルマ。激突する意地とプライド、白熱するスピードとバトル、今、古都ローマは走りに命をかけた野獣たちの戦場と化した!
ぺぺ

ぺぺの感想・評価

5.0
フランチェスカさん、仕事そっちのけ !! :))

Lancia BETAにニヤッと。
X1/9のポスターにオッ、と。
愛車パンダは3年後のデビューなのでここには出ず。残念 !!

車当てクイズみたいな映画。
楽しいね !!

TSUTAYA発掘良品で👀
これぞマカロニ・カーアクション🏎

ローマの街を突然荒らし始めた銀行強盗団
鮮やかなカーさばきでシエトロンを乗りこなす彼らにローマ市警は手を焼いていた
窃盗団への潜入捜査を命じられたパルマ刑事は、フェラーリでドライビングテクニックを習得、窃盗団の首領・ジャンに挑む...🏎🔥

フェラーリ、シエトロン、ポルシェなどがローマの街を激走💥
当時、流行していた人気車種のオンパレードです🤗
44年前のローマの街並みも風情がありますね🍕

冒頭、いきなりのクラッシュシーンから始まり、ラストの一騎打ち勝負まで、CG一切無しのカースタントは、今だからこそ新鮮に映ります👍
実際に、スタントマンを跳ねているのでは🤭と思われるシーンがあり、何度もプレイバックして確認しました🏎👀
体を張ったスタントにビビりました🤭

「フォード vs フェラーリ」やTAXi シリーズの映像に目が慣れてしまっているので、疾走感の乏しさや迫力不足は否めませんが、間違いなくカーアクション・ムービーの原点となった作品でしょう🎬
世間では「フォードVSフェラーリ」が絶賛公開中ですが本作は"フランス人強盗団VSフェラーリ"という引けを取らない熱いカーアクションを堪能できます

一説によるとリュックベンソン製作の「TAXI」シリーズに多大な影響を与えた伝説的な映画だとか

幼稚園の頃母親に「バニシングポイント」「フレンチコネクション」「トランザム7000」シリーズを毎日のように見せられた自分はかなり楽しめました

ステルヴィオマッシ監督、名前を聞いただけではピンとこなかったけどシルベスタースタローン主演「コブラ」を黒人に置き換えただけのB級映画「ブラックコブラ」の人でした

つまり本作も70年代に世界中で流行ったカーアクション映画の良いところ"だけ"を寄せ集めた、なんて事はなくかなり気合いが入ってます

ローマ市街地でガンガンブッ飛ばす白熱のカーチェイスシーンは見もの

流石「007」シリーズのスタントチームを揃えただけあります

というかこの映画、ストーリーは"一匹狼の刑事がフェラーリを駆使して強盗団を追い詰める"というベタ過ぎる展開なのでとにかくカーアクションが好きという方にはオススメです

このレビューはネタバレを含みます

フォードvsフェラーリ早く観たいなぁ………フェラーリの鷹を鑑賞!

私は『カーアクション大好きマン』なので結構楽しめた。ちなみに『車大好きマン』が楽しめるどうかは知らん。彼らは車高がーホイールがーエンジン音がーと楽しそうだが、あいにく私は門外漢である。


🚘町を駆け抜けるカーアクション
タイトルでの予想通りカーアクションが多い。あと、やたらと階段を駆け抜けたがる。敵を轢くシーンもあるが、これは本当痛そうでびっくり(グロとかはないよ)。


🔥王道で熱いストーリー
強盗の登場、練習、挫折、接触と王道なストーリー。部長と組むシーン、練習するシーンは確かに熱い。しかし、いがみ合っていた部長がいきなりスピード狂のパルマーに賭けよう!ってなる展開は若干無理がある気がした。


😵主人公よ…
『人生なんてのは歯磨きチューブみてぇに面白さをひねりださねえと! これ誰が言ったと思う? 俺さ俺!』
開幕のセリフでグッと彼に惹かれたのだが、蓋を開けてみればチンピラあがりの小学生みたいなオツムで観ていて前半は腹が立った。

しかし後半は彼の軽口が結構活きる。どうやら犯罪者の素質もあるようだ…。

あとパルマーの彼女、この人いる?って思ったが後々うまく話に絡んできて、本当よくできてんなぁって思った。


👿黒幕もまた…
割と早めに判明するが、こいつが付き合い始めると渋くてカッコいい。そしてラスト、無音になる瞬間がたまらねぇんだ!


⭐︎総評⭐︎
展開が割と変わるので、飽きずに楽しむことのできる良作。ただ前半のノータリン感は否めない。


あらすじ
🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎
スピード狂のパルマーは覆面パトカーを勝手に改造する問題児。車で犯人を追いかけると周りが全く見えなくなり、2度も横転し、相方も死んでしまう。

黒ヘルメットの銀行強盗に振り回される警察たち。そのリーダーは元レーサーのジャンポールらしい。部長のフェラーリを改造して対抗することに。

練習を積んだパルマーはスピード狂として町に名を轟かし、銀行強盗にスカウトされ、潜入捜査を開始、見事成功!ただ…結局スピード狂だぜ!
🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎🏎
>|