だれもがクジラを愛してる。の作品情報・感想・評価

「だれもがクジラを愛してる。」に投稿された感想・評価

小中学生の教材にもなりそうなまじめな映画だった。

88年にあった実際のクジラ救出の一部始終を描いてる。

こんなニュースあったっけ????と私は思ったけど(まあ、あっても覚えてない)けっこう大きなニュースだったみたい、当時。

3頭のクジラが氷に閉ざされ、そのニュースを観た保護団体のレイチェル(ドリュー)が奔走するという話。

クジラ救助がちょいと感動的で水中のクジラの姿は幻想的。

それと、きれいごとだけじゃない、人間の世界。政府、石油関連会社、マスコミ、現地住民、軍隊etc…いろんな人間達が、いろんな思惑を持ちあーだこーだやる姿。

そんな汚い人間ありのままの姿(?)もきっちり描ききってるところが好感持てました。

動物ってすげえ!かわいい!て思ってる無邪気な子供にもぜひ見ていただきたい。

その動物をめぐる人々の姿も。大人の事情ってヤツも。

小中学生の教材としてはもってこいの映画かもしれない。

これ観た後、クラスで議論できそう。

映画としてはものたりなかったけど、そーゆー映画なので、良し!でした。
姫

姫の感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

1988年の実話を基に作られた映画。アラスカでのクジラ救出劇。
なんかね、邦題が嫌だ。直訳してこれになるならいい、しかし原題は「BIG MIRACLE」。ビッグミラクルのカタカナ表記でいいじゃないか。
シーシェパードとか捕鯨反対とかなんかそういう活動家の存在がチラつくタイトルで嫌だ。
さらに蓋を開ければ、あの国際環境保護団体グリーンピースの人をドリューバリモアが演じてる。
この映画はミラクルなんて起きていない。アラスカの地によそ者の白人たちがやってきて、勝手に騒いで勝手にお祭り騒ぎして、自然と共存している現地人の文化に理解を示さないどころか、自分たちの利益ばかり考えている馬鹿な大人を描いたドラマ。あまりクジラの可愛いシーンとかありません。クリスティンベルがでてた。
犬

犬の感想・評価

3.3
大統領

アラスカの地方テレビ局でレポーター兼ディレクターとして働くアダムは、氷海の小さな穴にとらわれた3頭のクジラを見つける
その様子をニュースとして放送し、アダムの元恋人で環境保護団体職員のレイチェルも駆けつける
その後、多くの報道陣も押し寄せるなど、現場はさまざまな思惑と熱気に包まれていくが……

1988年にアラスカで実際に起こった出来事をもとに、氷に閉じ込められたクジラを救出するため奮闘する人々の姿を描いたドラマ

全世界を巻き込んで

クジラがスゴい
映像、景色が綺麗でした

寒そう

人間の嫌な部分も見える
実話をもとに、氷に閉じ込められたクジラを助ける話。
いろんな思惑があるけど、くじらを助けたいって気持ちはおんなじ、と信じたい。
メディアの姿は、皮肉が効いてて、イライラするとともに、これをメディア関係の人はどうみるんだろうって、思った。

最後は、力技感あったけど、いい映画でした。

あ、最後にドリューバリモアが素朴で可愛い!!
ザン

ザンの感想・評価

3.3
クジラを取り巻く様々な思惑。政治的、商業的、出世欲、環境、地元の生活。取材のレポーターに40ドルでダンボール紙の切れ端を売る少年がたくましい。
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ええ〜あれがドリュー⁈めっちゃ老けたなぁーてか完全おばはんに⁈ショックぅ〜
でもこの日本のタイトルいいなぁ〜久しぶりに和名でいいと思ったわ
だれもが本当にみんなクジラのことが好きなんだ
ほんとうにいろんな人がいたけど
クジラの子供が死んじゃうところがやっぱり現実(実話)やな
バンバン!

1988年アラスカで起こった実話を忠実に再現したクジラ救出ストーリー。
ドリュー・バリモアとクリステン・ベル目的で見ましたが物語もいいものでした。
エンドロールで実際の映像と比較して色んなシーンが流れるのでそこが楽しかったです。
純

純の感想・評価

3.6
1988年に実際に起きた、愛のある人たちの物語
諦めることを選ばなければ、何かが起きる

終始極寒シーンの中、「命を助ける」という熱い気持ちがひしひしと伝わりました
santasan

santasanの感想・評価

3.3
日本でもよくあるなぁ…例えばアザラシの”たまちゃん”とか。動物ネタはマスコミも好きな題材…というか人々が好きな題材。テレビで取り上げたことで、自分の利益を目的に集ってくる人々がなかなかリアルで面白い。実は救出にものすごく多額の税金が使われていたとしても、人はかわいい(ここが重要…)動物の命に関わることであれば誰もが寛容になる。一つの家族が救出劇を固唾を飲んでみている様子を入れたのはその象徴だろうし、いいアクセントになっている。
itoron

itoronの感想・評価

3.5
まずは邦題の唸り。しかしこの手のもの好きすぎて海の生物への憧れが強すぎてドルフィンスイムとかしたら感動の爆発で死ぬと思われる