エンドレス・ラブの作品情報・感想・評価

「エンドレス・ラブ」に投稿された感想・評価

ラッコ

ラッコの感想・評価

3.5
内容はともかく、ブルックシールズが可愛いのなんのって!!!
この映画も本当に泣きました。
彼役の俳優さんが、ダサ過ぎます。もう少しイケメンだったらと。
絶世の美女ふたたび。
ブルックシールズが本当に美しいです。
昔観た映画の記録
Kazu1961さんのレビューを観て思い出しました。
13歳だった私にはちょっと背伸びした
恋愛ものでした。もう一度観てみようかな。ブルック・シールズが当時売れっ子
女優で、青いサンゴ礁の方が印象的でした。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.2
▪️JP Title :「エンドレス・ラブ」
Original :「Endless Love」
▪️First Release Year : 1981
▪️JP Release Date : 1981/12/12
▪️Production Country : アメリカ
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record : 2020-598 再鑑賞
🕰Running Time : 116分
▪️Director : フランコ・ゼフィレッリ
▪️Writer : ジュディス・ラスコー
▪️MusicD : ジョナサン・チューニック
▪️Cast. : ブルック・シールズ、マーティン・ヒューイット
▪️My Review
とにかく本作で先ず思い浮かぶのが、1981年度全米ヒットチャート1位だったこの映画の主題歌「エンドレス・ラブ」。ダイアナ・ロスとライオネル・リッチーの奏でる歌が印象深いですね。
そして同時に、この映画の主演女優、聖少女といわれたブルック・シールズ(撮影当時15歳)が思い浮かびますよね!!ほんと、それはそれは、まさに美少女だったですよね!!
ブルック・シールズ。1980年の『青い珊瑚礁』と1981年の『エンドレス・ラブ』が連続でヒットしたことによって、一躍世界の人気スターとなり、若手女優のトップに躍り出ました。美人の代名詞となりましたね。
そして作品なんですけど、作品的には評価が高くありませんね。私もある意味同感で、80年代独特の描き方の重さも影響してるかと思いますが、何よりブルック・シールズ演じるジェードの相手となるマーティン・ヒューイットが演じるディヴィッドの役柄、考え方と行動、放火したのに罪の意識のなさ、に全く共感できませんでした。そしてディヴィッドを誘うジェイドの母親にも。。。
登場人物に共感できなかったのが辛い作品でしたね。
そしてブルック・シールズ以外の見どころは、放火をそそのかすデヴィッドの友人役でトム・クルーズが数秒出演し、映画デビューしています(笑)。

物語は。。。
17歳のデイヴィットと15歳のジェードが恋に落ち、2人は親密になっていきます。最初は暖かく見守っていたジェードの父は、ある夜ジェードの部屋で裸になっているデイヴィットを見て激怒し、デイヴィットは家に立入禁止となってしまいます。。。

2014年にアレックス・ペティファーとガブリエラ・ワイルド主演でリメイクもされましたね。

▪️Overview
17歳の少年と15歳の少女の禁じられた激しい恋を描くラブ・ストーリー。製作総指揮はキース・バリッシュ、製作はダイソン・ロヴェル、監督は「チャンプ(1979)」のフランコ・ゼフィレッリ。スコット・スペンサーの原作を基にジュディス・ラスコーが脚色。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はライオネル・リッチー、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはエド・ウィッツテインが各々担当。出演はブルック.シールズ、マーティン・ヒューイット、シャーリー・ナイト、ドン・マレイ、リチャード・カイリー、ベアトリス・ストレイト、ジミー・スペーダー、ペネロープ・ミルフォードなど。(引用:映画. com)
小学生の時に観て色々絶句した記憶。主人公たちに全く感情移入できなかった気がする。
花椒

花椒の感想・評価

3.1
公開時に映画館で観賞。当時中坊だったワイには恋愛映画はわからなかった。今見たら違う感想かもしれないが、多分おかわりはしない。

主題歌は1981年の全米チャートの年間1位のはず。

ブルックシールズと言えば当時は美女の筆頭格に上げられていました。テニスのアンドレ・アガシとパートナーの時期もありました
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
ライオネルリッチーとダイアナロスの名曲エンドレスラブが主題歌のラブロマンス映画。

曲は有名なのに何故映画の方は知名度が低いのだろうと気になり最寄りのTSUTAYAに行くもレンタル無し。品揃え国内トップレベルなのに…

配信にも見当たらないのでネットでDVDを購入。

観ましたが、まぁ中々の内容。
15歳と17歳の初恋故の愚行って内容。に留まらず、結構悲運な展開で正直観てて引きました。
途中までは感情移入できたけど、ジェイドのお母さんの覗き辺りから、おやおや?って感じになり、ジェイドの父親が怒ってからはデヴィッドの様子もおかしくなり、しまいにゃとんでも展開で…
とてもじゃないけどティーンの恋狂いによる愚行じゃ収まらない展開:;(∩´﹏`∩);:

面白いは面白かったけどデヴィッドの身勝手さにイライラしたけどジェイドには幸せになってほしい(つД`)ノ
Nanako

Nanakoの感想・評価

-
ブルックシールズが可愛すぎる
トムクルーズのデビュー作だけど登場一瞬すぎた
papi

papiの感想・評価

3.5
二人のラブエモーションさっぱり理解できないけど、まあ、普通にデヴィッドはヤバ物件。あーブルックシールズ可愛い。シャツが似合うの、着こなしステキ。果敢に娘の彼氏にチャレンジするお母さんもステキでした。
>|