フォレスト・ガンプ/一期一会の作品情報・感想・評価

フォレスト・ガンプ/一期一会1994年製作の映画)

Forrest Gump

上映日:1995年03月11日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「フォレスト・ガンプ/一期一会」に投稿された感想・評価

シン

シンの感想・評価

-
最初はどんな作品かわからなかったので、あまり興味がなかったのですが、好きなトム・ハンクス主演なので観ました。全般的には良い映画だと思います。
人に優しくなれそうな映画

ババガンプの店にはよく行ってるので、次行く時は泣いちゃいそうです

ロスのサンタモニカにも行きました!!
ゆきお

ゆきおの感想・評価

4.0
「新年っていいと思わない?始まりって感じで。誰でもやり直しができるの…」
わりと上位で好きなセリフ。

何度みたか分からない名作。
ユニバに行った帰りには、ババガンプシュリンプに行くことを毎度のルートにすると決めている!行って、フォレストガンプを語るのが楽しいんだぜ。

トムハンクスの代名詞となる作品は沢山あるけど、私がトムハンクスを語る時にはフォレストガンプが一番最初に口をついて出る。

フォレストには"試練"という概念が無いのかも?。お手本にしたいくらい、全てを受け入れて愛を持ってただただ進んでく。自己啓発本要らずな人。

一方、ヒロインは典型的な自己肯定感の低い、弱い人。そして自分の知らない地で、自分に刺激や特別を与えてくれる人の好意は、故郷で唯一の平和をもたらすガンプの穏やかな愛より輝いて見えたんだろうなぁ。自分が何か特別になれるとか、色んな可能性を育てたかったんだと思う。夢に満ちて。
けど、愛する子どもが生まれて、限られた時間をどう生きるかって考えた時、なんの変哲もない平和をもたらすガンプに戻る。これは当たり前と思う。
巣に戻ったイメージかな。

2人はきっと対極にあるように見えるけど
、根っこの部分ではおんなじくらい綺麗で真っ直ぐ。だから運命は彼らを引き離すことはしなかったんだと思う。

ママとかババとか中尉とか、印象的な人が多い。最終的に、フォレストもフォレストの愛する人達もお互いに愛を惜しみなく与え合って生きているんだと気付いた。
1年に1回は観たくなる!
フォレストガンプは吹替で観るのがオススメ!
azusa

azusaの感想・評価

3.5
素敵な映画だった〜
ガンプのやると決めたらやっちゃう自由さがかっこよかった。

Run!Forest!で走り出して足のギプスが取れてくシーンに始まり、名シーンだらけだった。

果物やに投資してくれて…ってそれアップルな!とかツッコミどころもちらほら面白かったです。
個人的には、ヒロインに注目して観ていただきたいのです。。彼女は、力強く生きている主人公に負い目を感じ、身を引いてしまうのです。それが切なくて切なくて。。
近代アメリカ史をなぞった生き方をしていく主人公。そういう見方も面白いですよね。
Mycroft

Mycroftの感想・評価

4.0
ガンプのキャラクターと歴史上の出来事とでクスッというエピソードを積み上げていきながら、ジェニーに対する一途な気持ちを縦糸として繋いでいく。

超有名な作品であり気になりながらも見ることもなく長いこと過ぎて、やっと見た一本。楽しく見たものの、どうしてここまで高く評価されているのかはわからなかった。ガンプがピュア過ぎて感情移入ができなかったせいか、相性の問題だと思う。
構成も展開も、あざとさ全開なのは御周知のとおり。
その違和感を通り越すくらいに、とんとん拍子に進むのは訳がある。
ご都合主義の一言では、済まされない意図がある。
知的ハンディを悪く言うつもりはないが、それを主人公に背負わせる制作陣の思惑が透けて見える。

でも、たくさん人生の格言があるかのように錯覚させるから多くの人々が感動する。
知らぬが仏、というもの。
知らなければ、幸せが味わえる。形ばかりの、だけど…。

これに感動しないと、血が通ってない人間かと言わんばかりに白い目で見られる。
実は、カルト宗教の洗脳並みに怖い映画。
だが、「どこへ行くかなんて走りながら考えなかった。それが人生変えるなんて考えなかった」とセリフにのせることで、何も考えずに観るよう観客の脳にも刷り込むことができ、気づかれない。
美しいベールに包まれているから、なおさら気づけない。
そのように多くの技巧を凝らして、商業映画に昇華しているのが、この映画のすごいところ。
amiru

amiruの感想・評価

3.3
可能性は無限大。努力は成功を。優しさは仲間を。環境に感謝を。
BUB

BUBの感想・評価

3.4
エビ漁のところが好き。
すぐ海に飛び込んじゃうのなんで?
嵐の時のダン小隊長のテンションの上がり具合とか。
度々笑えて面白かった。
ジェニーに関しては狡く見えるというか、しっくりこない感じもした。
s

sの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

人生って本当に何が起きるかわからないから可能性を自分で摘まないことだな…

自分で方向性を殺さないことも悪くないよって思えた…
>|