ブラック・コメディ ああ!馬鹿の作品情報・感想・評価

「ブラック・コメディ ああ!馬鹿」に投稿された感想・評価

デニロ

デニロの感想・評価

3.5
東宝の女優さんは脱がないのかと思っていた。『女体』を観た時に団令子がおっぱいを見せていたのが意外だった。それは団令子と監督の恩地日出夫が当時愛人関係だったということが関係しているようだが。本作のヒロイン高橋紀子は、古い東宝映画を観ていると屡々登場していてバタ臭くもかわいい感じでお気に入りにした女優さん。神保町シアターで上映中の「生誕90年記念 昭和の怪優 小沢昭一のすゝめ」のチラシに彼女の名前が載っていたのでいそいそと出掛ける。

小林桂樹が常務、高橋紀子がその部下兼愛人、小沢昭一が総務課主任。『アパートの鍵貸します』のような人間関係の設定。とはいえブラックコメディと称しているだけあって、高橋紀子を巡ってえげつない場面が繰り返される。高橋紀子は魔性の女の役回りで、なんだかイメージが狂うなと思っていたら何とおっぱいまで晒してしまう。監督と何かあったんだろうか、と勝手な想像をしてみるが、そののち寺田農と結婚して引退してしまう。

冒頭のセクハラパワハラレイプは高橋紀子のお誘いかと思っていると、次のシーンでは翌朝有楽町のガード下で茫然自失としている彼女が写される。あれ。次には小林桂樹の愛人に収まり高級アパートに住みいて、そこで知り合った大学生とも関係しやりたい放題。しっとに駆られた小林桂樹に詰られると睡眠薬を飲んで自殺を図ってみせる。若い肢体に釘づけにされたのはわたしだけではありますまい。この後小沢昭一が奇怪な行動をとるのだが、くどいなあと思ってしまう。

が、ラストシーンは何なんだろう。土の中に女の死体が埋まっているという妄想に生きる小沢昭一の作り上げた夢落ちの如くだ。小林桂樹の登場の仕方が謎を深めるばかりです。

1969年製作公開。原作リチャード・スティガー 。脚色監督須川栄三 。
oekoju

oekojuの感想・評価

-
「〽知らなかった馬鹿な私」
男が女に迫る声、ぐるぐる回るも姿は見えず、ブラが飛びパンティが飛び、レコードが止まる。
サラリーマン哀歌。
惚れた女は常務の二号。
何かあるんじゃないか、あるだろ、あるはずだ、なきゃおかしい。
が、ない!
ただただみんな糸が切れてフラフラと流されていく。
ドタバタも大概にしてほしい不条理自殺劇。
埋め立て地の岸に立つ荒涼、映画の迷子。
からの次元がねじれたラスト。
死体を探し大都会に穴を掘る。

メモ
・邦画オープニング大賞があったら須川栄三は無双する。
・駅、ショーパブ、工事現場、埋め立て地、トンネル、貨物車、麻雀。須川映画は不思議な外連味がある。
・ドリーズームはがたがたでぎこちない。
1号

1号の感想・評価

3.7
なんといって良いやら。昭和の映画には、ナンセンスを振り切った自由な作品はたくさんあると思う。
タイトルからしてアレなんだけど(笑)、そこに惹かれて観た。キテレツ。自由だなぁ。
Amane

Amaneの感想・評価

3.4
印象深い映画。この時代の邦画は全く興味なかったのだが色々観てみたいと思った。
一

一の感想・評価

-
コメディからサスペンス、眠った女を抱えて夜を彷徨うあたりからもう気味の悪いまさにブラックな不条理劇。ヘコヘコして虐げられて泣きじゃくる小沢昭一のスラップスティックな受け身がいちいち素晴らしい。スコップ持ち歩く穴掘り魔に変貌するダークなオチも『競輪上人行状記』っぽくて似合ってる。狂った人間には穴掘ってほしい。ワンカットでゆっくり室内を見渡すオープニングや「おっ」と言わせるドリーズームなんかもセンスいい。そんで高橋紀子やっぱりかわいい~。
終盤に筒井康隆的ツイストを見せる。

@シネマヴェーラ渋谷 35mm
2016/06/09@ シネマヴェーラ
シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち 小西康陽セレクション
登場人物が全員バカだった。あぁ、馬鹿。個人的には好きな終わり方でした。
<開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち><<小西康陽セレクション【若くて美しい顔の娘と、ふしあわせそうな男の物語】>> 21:00開映(最終)
べらし

べらしの感想・評価

3.3
邦画でこれ以前にドリーズーム(カメラを引きながらズームする、『めまい』や『ジョーズ』のやつ)使った例ってあったか?
かなり先進的だと思ったぞ
>|

あなたにおすすめの記事