V・マドンナ大戦争の作品情報・感想・評価

「V・マドンナ大戦争」に投稿された感想・評価

ワン

ワンの感想・評価

3.0
四天王率いる柳生軍団に半年ごとに生徒会費300万円を強奪されている高校の生徒会長が用心棒を雇う話。

画質が異常に悪く顔がはっきりとわからない。七人の女用心棒、冴香をリーダーとした通称マドンナ軍団も表情が分かりにくい。

柳生軍団と呼ばれる悪役は暴走族の集団で百人くらいいるので誰が誰だかわからない。

冴香と因縁がある柳生軍団のリーダー“豹の眼”との決着は学校の校庭で着けるのですがもはや戦場と化します。
アクションは凄いです。バイクスタントも凄いし火薬の量も多いです。

ラストのバトルでは半殺しにあったはずの一部のメンバーが復活していたりバイクと車の一騎討ちで何故か車が横転爆発していたりしますが…

全ての謎はラストのオチでどうでもよくなります。
故・野沢尚の脚本賞受賞作を映画化したジャパニーズ・学園ヴァイオレンス!
どうしてこの脚本で賞を獲れるのか全然わかりませんが、とりあえず「七人の侍」を下地として、七人の女用心棒(マドンナ)たちが凶悪すぎる暴走族集団と学園を守るために戦うお話です。

主演は沖縄出身のアイドルであった宇沙美ゆかり。
この映画の主役にとプロデューサーから口説かれてしまい、同時期に撮影だった「スケバン刑事」の麻宮サキ役に内定していたのに降板になっちゃったという、実に不運なアイドル。
実際、興行は大失敗で、その失意からか何なのか、沖縄に帰って引退しちゃいました。
けっこう可愛いかったのにね。
主題歌の「風のプリマドンナ」も熱唱しておられますよ。

とんでもなく狂った暴走族の柳生軍団(笑)が学園を襲いまくります。その目的はというと、生徒会運営費を強奪するためという、「え?セコくね?」と思わずツッこんじゃいそうなもの。
柳生軍団に狙われた学園の生徒会長は仕方なく用心棒を雇う決意をします。
選ばれたのが凄腕ライダーの宇沙美ゆかりというわけ。
そのほか、女子レスラーとかカミソリ使うやつとかパソコンオタクとかを仲間に引き込んで、七人のマドンナが結成されます!
パソコンオタクがバトルをシミュレーションしたりするんですが、PCのグラフィックが時代を感じさせます(苦笑)。
で、襲撃されるんですけど、あっさりと撃退しちゃいます。
うろ覚えですけど、ここから一人ひとり狙われて、みんな復讐されちゃうんですよ。
ボコボコにされて重傷みたいな。
一人だけ拉致られたまま帰ってこなくて、金もってこいと要求され、宇沙美ゆかりが持ってゆきます。
なんとか敵の裏をかいて仲間を救出したまでは良かったんですが、学園が襲われます。
気弱だった生徒会長も、生徒たちを率いて戦いを決意。
学園はドッカンドッカン爆発しまくる戦場と化しちゃいますよ!
なんで教師も教育委員会も、そして警察も何も来ないの?
ここ日本なの?(汗)
宇沙美ゆかりが囲まれて絶体絶命のピンチになると、そこへ半死状態だったはずのマドンナたちが駆けつけます!
感動(ウソ)!反撃開始です!

・・・このあと、驚愕のオチがラストに待ち受けているんですけど、これって当初から脚本にあったのかなあ?
あったのなら絶対に賞なんて獲れないと思うんですけど・・・
頭の悪い締め方のよい見本だよなあ。

格好ばかりのような気もするんですが、ヴァイオレンスな表現は当時の邦画では良く出来ている方なんじゃないですかね。
ハチャメチャですけど、景気よく花火が爆発しますしね。
格闘的なアクションも入るし、バイクも飛んだりしますよ。
マドンナたちがやられる場面も、野郎どもが寄ってたかって女子をボコるもんだから嫌~んな雰囲気あるし。

ポスタービジュアルが完全にマッドマックス系を意識しているのアリアリなので、どうせなら柳生軍団をもっともっとヒャッハー!!なビジュアルにしちゃったら、少しは迫力も出たんじゃないかなあ。

いまはアクションが本格的に出来る女優さんがたくさんいるから、リメイクしても面白いかもしれませんね。
とりあえずオチだけは変えて(苦笑)。


テレビ放送にて