ふたりの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ふたり」に投稿された感想・評価

まめら

まめらの感想・評価

3.8
 久石譲好き。
 車輪の下、聖家族、小公女、四人の姉妹、草の花
どこか遠くへ行きたいなぁ。

ものすごく好きな作品。
切ない。

ロケ地巡りした。
尾道最高。
ayu

ayuの感想・評価

4.1
当時、ビデオを買って何度も観た。
哀しくて、切なくて、でも温かいストーリーと風景に引き込まれた。
主題歌も切なくて良かった。
ドジでおっとり者ながら厳しい現実を生き抜いていくミカちゃんの心の成長が清々しい。石田ひかりちゃんかわゆす!お父さんの浮気相手の来訪など未公開シーンが収録されていてビックリ。
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.8
しばらく大好きで繰り返し繰り返し見た思い出の作品。散らかった部屋や、ふてくされた感じの主人公。姉との比較。ピアノで主題歌を何度も練習して弾いたなあ。大林宣彦監督のなかではダントツで好き。
映画が面白くて、小説を読んだらしばらく宝物みたいに大事に読んでいたなあ。
takayoko

takayokoの感想・評価

4.0
すごく良い作品だけれど、EDは「お前が歌うんかい!」って感じで笑ってしまった。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.0
石田ひかりを筆頭に登場人物の話し方がどうにも嘘くさくて集中できない。ぶつ切りのエピソードが詰め込まれて長く感じられる。原作に忠実な作品らしいので、映画の主な役割は監督が見たい見せたい映像を原作小説と尾道という入れ物で具現化したものということになろう。短い映像詩が次々と提示される「青春ファンタジー詩集」であり、嘘臭さは演出のうちと割り切れば漸く入っていける。要は美しい尾道と美しい姉妹の美しい青春。
主題歌とサントラが
映画を何倍にも
いいなぁと思わせてくれると
再認識した作品。
大林監督はそこが本当にうまい!
幼い頃から好きな映画の一つ
生者と死者の考え方や姉妹の劣等感など感じられる青春ファンタジーです
>|