静かな生活の作品情報・感想・評価

「静かな生活」に投稿された感想・評価

大好きなのは、イーヨーとマーちゃんが伯父さんのお葬式に行くところ。
イーヨーのおばあちゃんに対するセリフがたまんない。

映画の中では、この世界のキレイな(とされる)ものと汚い(とされる)ものがほとんど平等に扱われる。
それがとっても素敵!

キレイ↔︎汚いの境界線に限らず、例えば正常↔︎異常、子ども↔︎大人、、、色々な境界線にはとてもファジーで、明確にここなんてものはない。
だからそんな名付けはそもそも無意味じゃ?ってテンションがずっと映画の中に流れてる気がした。

すごくフラットでステキな世界に触れることのできる映画。
また見たい。
tmmcb

tmmcbの感想・評価

4.0
素晴らしい日本映画。
無垢と死生観、人間のエゴ、
それと反対の美しさ、すべて。
昼行灯

昼行灯の感想・評価

4.0
一見すると、無印良品が監修したんじゃないかと思うほどオーガニックで毒のない無添加映画に見えるが、淡々としたタッチのなかで時折顔を出す死生観だったり、ちょっとした事件(主に性絡み)が妙に生々しかったりするあたりに伊丹十三らしい毒気を感じる。

親が不在の兄妹が、小さな森(村?)で悪と対峙する構図は、どこかヘンゼルとグレーテルのような童話的イメージを思い起こさせたが、根本にある思想はなんとも仏教的。

「元気を出して、死ぬまで生きて、そこから死んでください。」
イーヨーが呟くこの一言に尽きる。
なご

なごの感想・評価

3.8
おもしろい、ワタベさんすごい

やっと見れた。これで伊丹作品を制覇した。この作品だけどこにもレンタルしていなくて、あったとしても貸し出し中とかで、2年くらい探し続けて、結局父の書斎に昔ダビングしたDVDROMがあったというやつ
mrn

mrnの感想・評価

-
ちょっと詰め込み過ぎかなっていう部分と、詰め込んだけど未解決だなって部分があったけど…
渡部篤郎のすごい演技で総合点が上がってゆくという感じ。
nibaisoku

nibaisokuの感想・評価

4.3
まーちゃんお疲れ様

まーちゃんとイーヨーの服がどれもいい
2人の支え合ってる姿が素敵だった
たくや

たくやの感想・評価

2.0
原作の大江健三郎と知的障害者の息子との生活を記録した小説を映画化したのだが、起承転結がなく映画化されるほど中身があるわけでもなく普通に生活を営んでる風景でしか感じなかった。
新井君が女性を強姦殺害するシーンは新井君の異常性があり幼児虐待や絞殺するシーンもあり気が狂う。原作が本当にこのような中身だったのだろうか?
岡村喬生は俳優ではないのに滑舌もよく素晴らしい。やはり歌手らしく声がとてもよい。
知的障害者と普通に生活する映画で色々考える。通勤路に知的障碍者の作業所があり毎日すれちがう。その人に対して考える事柄は自分自身にそのまま跳ね返ってくる。
音楽が綺麗。
渡部篤郎の演技が秀逸。

テンポも含めて非常に文学的で、なんだか不思議な気持ちになる。
tkmk

tkmkの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

イーヨーの家族と周りの人が素敵で障害をもつ人をこんな感じで支えられる環境は理想的じゃないかと思った。
イーヨーのモデルである大江健三郎さんの息子さんの音楽もとても良い。

好きな俳優さんの山崎努もでてるし
緒川たまき、佐伯日菜子も可愛いし
今井雅之も嫌な奴役がすごくハマってた。

何回も観た作品。
>|