日本以外全部沈没の作品情報・感想・評価

「日本以外全部沈没」に投稿された感想・評価

TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

1.0
【見る価値なしだがどうしても見るならば心を無にして見るべし】5点
ーーーーーーーーーーーーーー
監督:河崎実
製作国:日本
ジャンル:パニック・コメディ
収録時間:98分
ーーーーーーーーーーーーーー
日本沈没のパロディにも世界情勢の皮肉にもなりえていない、わかっていましたがどうしようもない映画です(笑)しかし怒りはありません。何故なら河崎実監督だから。この監督が作る作品はこんなものだと理解していますのでむしろ微笑ましい限りです(笑)

日本以外の大陸が全て沈没してしまった。世界各国の難民が日本に集う。これまでヘコヘコしていた日本人は逆に外国人にヘコヘコしてもらうという由々しき事態になっていくのだが。。

科学的根拠なんてありゃしない。むしろ日本以外沈没するのだ!と言えばそれが絶対的な根拠となりえるでしょう。今作をディザスタームービーに分類することにも抵抗がありますが、一応何秒かは破壊シーンがあるので分類しておきます。とは言ってもそのクオリティは朝に放映している戦隊シリーズモノくらいかそれ以下でして、結局今作の大半は、難民の外国人が日本でどう生きていくのか?という所に焦点をあてています。
しかしだ。その焦点をあてているところも意味がわからない。高度な政治事情を揶揄する内容ならば感心しますがその片鱗すら感じ取れません。ただただ外国人が追放されるか日本に馴染むかを淡々と描いている駄作であります。最早レベルが低すぎて、これを見た外国人も怒る気すら起こらないでしょう。

結局何をしたいのかよくわからないままエンディングを迎えます。沈み方もパネルをひっくり返したような演出でして、大地のメカニズムをまるで理解していないとしか言いようがなくて笑ってしまいました。しかし、再三言うようにこれはわざとであり、科学的根拠を今作に一切求めてはいけません(笑)

間違いなく時間の無駄。見る価値は到底ないといった方が良さそうです。それでも今作に怒りを感じません。何故なら河崎実監督だから(笑)こんな作品を涼しい顔で世に出してしまう河崎実という監督もまた凄い人です。こんな作品が作られる限り、日本はさぞ平和なのだと思えてしまいますね。。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

1.0
2008/12/22鑑賞(鑑賞メーターより転載)
これはひどい...映画の体をなしていない。ノリがひたすら日本万歳なのだが、これまで散々コケにしてきたアメリカ万歳で脳天気に終わるハリウッド映画が何気に良くできているのではないかと変な意味で勘違いさせられる。ストーリーが酷いのか役者が乗れていないのか、ブラックでシュールな笑いがことごとく不発で全然楽しめない。たたみかけるなドタバタの多発もないし、映像も自主製作?と言いたくなるようなレベルでいくらなんでも安っぽい。もしこのコメント欄が4文字しかなければ「ダダ滑り」ないしは「ドン引き」と書いたはず。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.0
河原崎実監督の長所は「創造力のなさ」だと思う。だからこそ全てがカジュアルで可愛くなり、観客は余計な思考を組まずに済む。でも…ひょっとして深い映画だったらすみません。
あじ

あじの感想・評価

3.8
あらゆる方向から叱られそうな映画です。ネタは笑えないけど笑ってしまいます。

2006年製作ということもあって時代遅れととれる描写は多いのですが、最近は一周まわって時代がこの映画に追いついているような気がします。
監督は意図していなかったと思いますが、移民や難民が激増して大変なことになっている今この時代に観ると、全てが痛烈な皮肉であるように感じます。

「日本は、永久に日本人だけのものだ」
藤岡弘さん演じる防衛省長官の最後の言葉。実際のところこれが本音な国は多いのではないでしょうか。

日本含め全部沈没する前に、平和が来たらいいなあと思いました。
やまだ

やまだの感想・評価

1.8
三の丸庁舎がロケ地なのと、最後のシーンで主人公が親指をたてて溶鉱炉に沈んでいくシーンが良かった(=^▽^)b
Insop

Insopの感想・評価

1.0
小松左京の「日本沈没」に触発された筒井康隆のパロディが原作。

ものすごいB級。

キャストも脚本も演出も、すべてが安っぽい。

パロディなのにあまり笑えない内容は、諷刺だからなのかとも思ったけど、そうでもなさそう。

もっと撮りようがあったんじゃないかなぁと思うくらいの残念な作り。

ま、観ないでも良かったかな。。。
grazioso

graziosoの感想・評価

3.3
くだらなさの極み
深夜とかに、ながら作業しつつ見るのが最適
笑いたいときにはこれ
レンタルしにいくといつも借りられてて借りられない…
日本以外主だった島と大陸が次々沈み続けているという世界規模での天変地異が進行中の世界が部隊。だというのに、その悲惨さやスケール感が全く画面上に感じられないチープな作りが魅力の作品。
予算不足だからといって遠慮はせず、詰め込みたいものは安く作ってでも出来るだけ詰め込んだのかもしれません。まるで変な鮫映画でも観ているかの様な気分になります。媚びはないけれど、突き抜け方がちょっと弱い。
北の独裁者だけ割と似ている方だったのは、あの人なら似せても怒られようがなかったからかもしれません。
パロディ撮るのもいろいろ大変なんだなあとしみじみ思う、正しくB級映画らしいB級映画でした。
時間の無駄というのはまさにこのことをいうのか。


みなさんはどんなに暇だったとしても、この映画だけは見ないでください。人生の内98分損しますよ。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

1.1
知り合いが結構な役で出てるから、折角だから観てみようかなと思ったけど、こんなこと言うのもなんだが、これは酷い。
開始1分から面白くなさすぎて、苦痛で、何回も辞めてはを繰り返したけど、通算30分弱観たところで拒否反応が出て、気分悪くなってギブアップ…。(気持ち悪い描写が出てくるわけではなく、面白くないものに時間が奪われる事の拒否反応)
やっぱ無理だ…。
>|