妖星ゴラスの作品情報・感想・評価

「妖星ゴラス」に投稿された感想・評価

1962年公開作品で劇中の設定が1979年なので、当時からすれば未来という事になる、それ故に人類は土星まで有人探査をするまで進歩していて、宇宙船内には人工重力を発生させている、しかも土星到着まで早い。

妖星ゴラスとの衝突を避けるために、北極に巨大なロケットエンジンを設置して、地球の軌道を変ようと試みるも、何故か巨大セイウチ登場!

この映画に巨大セイウチ必要ない気がしたのと、最後妖星ゴラスが地球に接近した距離からして、その時点で人類滅亡している様な気がした。

でもよく出来た映画だと思う、やっぱり東宝特撮映画は好きだ
東宝特撮王国ここに極まれり!これは大傑作だ!

特撮映画なんだから当たり前だが特撮がズバ抜けて良い。特に南極基地、模型の手が込みすぎていて感嘆した。
そして何よりお話の部分だが、これはシン・ゴジラの元ネタになっているんじゃないだろうか?スクラップ&ビルド的なラスト、みんなで一丸となってゴラスと立ち向かう展開。ゴラスは妖星だが不可解な軌道からしてもしかすると怪獣なのかもしれないし怪獣に置換しても可能だろう。
あの時代に女2人だけでオープンカーで夜出歩くなんてすごいですよね!?
もへあ

もへあの感想・評価

4.0
「地球に向かって飛んでくる星を避けるため、地球を動かす」という、荒唐無稽でめちゃくちゃに聞こえる話だけれど、しっかりとした科学的考証を経て作られており、意外なほどのリアリティを持って描かれている。露骨な緊迫感がないのは、戦争がまだ身近な過去であった時代によるところだろう。自然に「疎開」という言葉が出てくるのが面白い。
敵対関係にある世界各国が協力体制をとる様子や、科学者たちの奮闘する姿など、アツく胸打たれる映画。
 隕石というか、ブラックホール的に重力の強い惑星が接近、爆破はムリなので地球を動かしてよけてしまおうという映画。

 本多監督だと「モスラ」が一番好きだけど、本作も完成度は高い。大規模な特撮シーンにビビる。ミニチュアとはいえ本物やからなー。南極ロケット基地が見もの。近未来設定の日本も楽しい。手塚治虫の初期作品っぽい華やかさ。それに比べて宇宙船内部はめっちゃ地味だった。セリフが風刺的なのはSF映画のお約束、だろうか。
久しぶりに観直して荒唐無稽ながら特撮シーンが多くて嬉しい。マグマは、「ウルトラQ」のトドラのオリジナル。冒頭から白川由美と水野久美が湖に裸で泳ごうというお色気サービス。(途中で中止ですが)特撮は、お色気必要だと思いますね。
ryusan

ryusanの感想・評価

3.3
もう隕石から地球を救うのに地球の方を動かしてしまうコンセプトだけで既に映画として勝ちですね。
隕石が地球に衝突の危機にあるのだが、この映画では隕石を破壊するという方向に話が進むのではなく、地球を移動して隕石を避けるという意表を突くやつ。
他の天体を飲み込みながらどんどん巨大化する妖星ゴラス。水爆で吹き飛ばすのは不可能なほどの質量を持っており、このまま迫ってくるといずれ地球も飲み込まれてしまう。
かくなる上は!と人類は一致団結して南極に大量のロケットノズルを建造、ゴラスが通過するまで地球の位置をずらすといういろいろ心配になる計画を実行するのであった…。

地球に迫る隕石に対しては核兵器で爆破処理するのがすっかり定番()となった昨今ではありますが、日本特撮の黎明期にその逆の発想を行く作品があったことに驚きです。

巨大な天体が迫ってくるというSF映画定番の内容ではありますが、実は怪獣ものの基本フォーマットにかなり則っている作品。不思議な特質を備えた怪獣が現れて、それに対してどう対処するかで1本の作品にする…という。そういう意味ではこの映画の主役は人類ではなくタイトルどおりゴラスなのかもしれません。

人類側の描写はゴラスの観測に行く人たちとジェットパイプの建造に行く人たちに途中から別れるのですが、観測員の一人があまりのショックに観測中に記憶をなくしたり、固い岩盤を無理に砕こうとして落盤が発生するなどトラブルに見舞われます。極めつけは南極での怪獣マグマの出現。

…この映画、確かに東宝の特撮映画なのですが特にゴジラとかとの繋がりはなく、世界観的に怪獣が出てくる理由はまったく無いのですがなぜか終盤唐突にでっかいセイウチの怪獣が現れます。機械トラブルを警戒していたら怪獣が現れるというまさかの展開は粗筋を知っている自分でも目が点になりました(笑)。
なんでも当時、せっかく特撮なんだし怪獣を出してほしいという上からの無茶な要請があったそうで、海外公開バージョンでは彼(?)の活躍シーンはオールカットだそう。哀れ。

そんな裏事情丸出しかつ、もう50年以上前の映画ですが、"陰惨極まりない戦争映画を観ていたら突然フル装備のシュワルツェネッガーが乱入してきた"みたいな良い意味での台無し感が感じられて、マグマ君のことも含めて俺自身は大好きです(笑)。
初)50年前のアルマゲドン話。今作は激突してくる星を消滅させるんじゃなくて地球にロケットエンジン付けて避ける方法を選ぶ…志村サン池部サン上原サン西村サンとベテラン俳優陣の登場も豪華だが当時の特撮に感心する。特にミニチュア技術に。ただ怪獣が出てきたり記憶喪失男が出てきたり欲張り過ぎ…地球の犠牲になる時万歳してみたり、明らかにアルマゲドンとは違い日米の価値観の差が解るなぁ~
>|