妖星ゴラスの作品情報・感想・評価

「妖星ゴラス」に投稿された感想・評価

他の星を飲み込みながら重力を増大させ、地球に近づいていく超重力子惑星。
この発想は素晴らしいと思った。

しかしせっかくなら、
なぜ地球に近づくのか…
ゴラスに飲み込まれたら人はどうなってしまうのか…まで描いてほしかった。
安直な解決を選んでしまった脚本がとても残念…
naokit

naokitの感想・評価

3.6
円谷英二の力技作品のひとつ。ジオラマで魅せるディザスタームービーの凄さ。カッコイイのです。
1962年公開作品で劇中の設定が1979年なので、当時からすれば未来という事になる、それ故に人類は土星まで有人探査をするまで進歩していて、宇宙船内には人工重力を発生させている、しかも土星到着まで早い。

妖星ゴラスとの衝突を避けるために、北極に巨大なロケットエンジンを設置して、地球の軌道を変ようと試みるも、何故か巨大セイウチ登場!

この映画に巨大セイウチ必要ない気がしたのと、最後妖星ゴラスが地球に接近した距離からして、その時点で人類滅亡している様な気がした。

でもよく出来た映画だと思う、やっぱり東宝特撮映画は好きだ
東宝特撮王国ここに極まれり!これは大傑作だ!

特撮映画なんだから当たり前だが特撮がズバ抜けて良い。特に南極基地、模型の手が込みすぎていて感嘆した。
そして何よりお話の部分だが、これはシン・ゴジラの元ネタになっているんじゃないだろうか?スクラップ&ビルド的なラスト、みんなで一丸となってゴラスと立ち向かう展開。ゴラスは妖星だが不可解な軌道からしてもしかすると怪獣なのかもしれないし怪獣に置換しても可能だろう。
あの時代に女2人だけでオープンカーで夜出歩くなんてすごいですよね!?
もへあ

もへあの感想・評価

4.0
「地球に向かって飛んでくる星を避けるため、地球を動かす」という、荒唐無稽でめちゃくちゃに聞こえる話だけれど、しっかりとした科学的考証を経て作られており、意外なほどのリアリティを持って描かれている。露骨な緊迫感がないのは、戦争がまだ身近な過去であった時代によるところだろう。自然に「疎開」という言葉が出てくるのが面白い。
敵対関係にある世界各国が協力体制をとる様子や、科学者たちの奮闘する姿など、アツく胸打たれる映画。
 隕石というか、ブラックホール的に重力の強い惑星が接近、爆破はムリなので地球を動かしてよけてしまおうという映画。

 本多監督だと「モスラ」が一番好きだけど、本作も完成度は高い。大規模な特撮シーンにビビる。ミニチュアとはいえ本物やからなー。南極ロケット基地が見もの。近未来設定の日本も楽しい。手塚治虫の初期作品っぽい華やかさ。それに比べて宇宙船内部はめっちゃ地味だった。セリフが風刺的なのはSF映画のお約束、だろうか。
久しぶりに観直して荒唐無稽ながら特撮シーンが多くて嬉しい。マグマは、「ウルトラQ」のトドラのオリジナル。冒頭から白川由美と水野久美が湖に裸で泳ごうというお色気サービス。(途中で中止ですが)特撮は、お色気必要だと思いますね。
ryusan

ryusanの感想・評価

3.3
隕石から地球を救うのに隕石を爆破するんじゃなくて、地球の方を動かしてしまうコンセプトだけで既に映画として勝ちですね。
隕石が地球に衝突の危機にあるのだが、この映画では隕石を破壊するという方向に話が進むのではなく、地球を移動して隕石を避けるという意表を突くやつ。