東京湾炎上の作品情報・感想・評価・動画配信

『東京湾炎上』に投稿された感想・評価

◉全く必要が無いラブシーンは興ざめだが、意外に面白い拾い物。


公開時は和製パニック特撮映画の触れ込みだったのに・・・。

いきなり安い歌謡曲調の主題歌。
その後、一切ストーリーに絡んでこない金沢…

>>続きを読む
もうちょいシージャックに緊張感が欲しいとこだけど、特撮技術を物語に組み込んでいるのが面白いし映像も説得力がある出来上がりで楽しめた。
gakupapa

gakupapaの感想・評価

3.0
大型タンカーがシージャックされるも緊迫感は今一つ。
テロリストの緩さもあるが、そもそもタンカー爆発で首都圏が壊滅する謎理論にハマれない。
特撮が問題解決のキーになるのは邦画らしくて良い感じ。
あさ

あさの感想・評価

3.7

原油タンカーが環境テロリストにシージャックされ、自衛隊の鹿児島の石油基地爆破を要求する
東京湾か鹿児島、どちらを選んでも沿岸一帯はまともに住めなくなることは必至の状態で、政府が選択したのは...

>>続きを読む

近年の邦画じゃ、あまり見ないような内容。
面白い。

シージャック事件をベースにした、アクションサスペンス映画。

昭和の作品なので、現代的な感覚では合わない部分もあると思う。

とは言え、現代的な…

>>続きを読む

ヒロシ(以下ヒ):1975年製作。原油を満載して東京湾に帰ってきた日本のタンカー「アラビアン・ライト(ナイトじゃない)」が、アフリカのテロリストにシージャックされた!彼らの要求は鹿児島にある石油プラ…

>>続きを読む
パニック映画としてはやや盛り上がりに欠ける部分もあるが特撮をうまくいかしたアイデアが面白い。中野昭慶の特撮も素晴らしい。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

2.5

〖1970年代映画:小説実写映画化:東宝〗
1975年製作で、田中光二の小説『爆発の臨界』を実写映画化らしい⁉️
タンカー船がハイジャックされて…藤岡弘、と丹波哲郎が…な作品でした😅

2023年6…

>>続きを読む

東宝の特撮スペクタル作品。

怪獣の出てこない特撮。街の破壊も無い。巨大タンカー、海上火災、コンビナート爆破。

テロリストが原油を満載した巨大タンカーをシージャックして東京湾に侵入するお話。

藤…

>>続きを読む

東宝の1970年代パニックムービー第三弾!😆1973年「日本沈没」1974年「ノストラダムスの大予言」そして1975年「東京湾炎上」🔥。
ポスターサムネイルを見ると、この間鑑賞した「エスパイ」は他の…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事